醤油を工夫し味に変化を

ご飯がおいしい。
検査指標が極めてよくなったので医者から食事制限が解除され、ますますおいしい。けど油ものはもう晩飯に食べられなくなってしまった。別に嫌いというわけでないのだが、胃もたれがしたり、翌朝の寝起きが極めて悪いということになってしまう。つまり、そこまで夜深くなくても、フライとか串カツとか夕方から食べると必然的にお酒とかを大量に摂取することになるからもあるのか、朝、血圧がむちゃくちゃ上がるとか弊害があったのである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
まあそのために夕方に限っては油物を少なくした料理を取るようにしたいというので、最近は夕ご飯を家でとれるときは・・・ほとんど鍋物である。これまた変化がない食事となってしまう。

そうなると、今のところは一切制限がかかっていない、調味料を工夫するというのが一つの考え方である。思い出すと重度の糖尿病にかかっていた親族は、調味料に関しては人工甘味料などを工夫していた。しかし最近は人工甘味料で代替するのが必ずしもいいという議論でもないという話もある。

続きを読む "醤油を工夫し味に変化を"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誤解されうるが思い当たるふしも

------------------------引用
http://japan.techinsight.jp/2012/09/sasihara-utareduyoi-merenge20120929.html
「怒られても胸に刺さらない」。指原莉乃が“打たれ強い?”性格に悩んでいた。  2012年9月30日 17:00  TechinsightJapan
HKT48の指原莉乃がテレビ番組でAKBからの移籍が発表された夜のことについて明かした。彼女はその日は泣きはらしたが、一夜明けると立ち直っていたという。そんな指原が、実は「怒られている時に笑ってしまう」ことで困っているらしい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
AKB選抜総選挙で4位となったばかりの指原莉乃が、総合プロデューサー秋元康からラジオ番組でHKTへの移籍を言い渡されたのは6月15日の深夜だった。あの日、ラジオ番組に生出演した指原は、週刊誌でスキャンダルが報じられたことについて涙ながらに説明と謝罪をした。しかしHKT移籍が発表された時点では、まだ実感がわかなかったようだ。
いまやHKT48の指原莉乃として九州ローカルの番組にレギュラー出演するようになり、全国放送の人気番組で見かけることも増えてきた。その指原が、9月29日放送の『メレンゲの気持ち』で移籍を知らされたあの夜を振り返った。

続きを読む "誤解されうるが思い当たるふしも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻歌交じりでこの唄を

有る暑い日の休日、体調も悪いしあちこちかゆい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
用事を済ませたいと思っていたのだが、いやあこの暑さではふらふらである。それでもまだ「から元気」をなんとか保とうと言うわけで、鼻歌を歌って町を歩いていたのだが・・・・ふと気がつくと結構大声で歌っている。

続きを読む "鼻歌交じりでこの唄を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガイドラインに沿った治療

--------------------------------引用
“レーシック難民”が会見「執刀医の医師免許取り消しを」  学会ガイドラインに沿った治療求める  2012年7月26日 17時30分
 眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放されるとして、人気を博している視力回復のレーシック手術。視力に悩まされている人にとって光明となっているが、合併症のリスクが指摘されている。レーシックの合併症に苦しむ人々によるNPO法人「レーシック難民オフ会」(幹事=K氏)が7月20日、東京都で記者会見を行い、厚生労働省と日本眼科学会に対し、学会のガイドライン(指針)に沿った治療を行わない執刀医や、手術前に合併症リスクを説明しない執刀医に医師免許取り消しなどの罰則を設けるよう求めた。同会では今後、“義援金”として寄付を募り、治療費などに充てるとしている。
ブログランキング・にほんブログ村へ
合併症に苦しみ退職、精神科通院…
 レーシック手術の合併症として広く認知されたのは、G眼科(東京都)で手術を受けた患者が角膜炎などに感染したこと。同院の元院長は業務上過失傷害で服役しており、患者60人が損害賠償を求めた裁判は、7月20日に和解が成立した。こちらは、ずさんな衛生管理によって発生した合併症だが、同日に会見を開いたレーシック難民オフ会が訴えているものとは違う。 レーシック手術の合併症は上記の感染症以外に、ドライアイ、過剰矯正、矯正不足、視力低下、乱視、飛蚊(ひぶん)症夜間に光がにじんで見える「ハロ」、光をまぶしく感じる「グレア」、砂嵐のように物がかすんで見える「サハラ砂漠症候群」などが挙げられる。同会の会員が悩まされているのは、こうした症状という。

続きを読む "ガイドラインに沿った治療"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッカを使って

ぼちぼち暑くなって来た。私の場合はあせが惨い。アセモもともなう・・・・
---------------------------------
夏場は暑いのと汗の量、その結果起こる皮膚の崩れに参ってしまうことが多い。其の上昨年は電気量の制限でクーラーが止められ体調をくずすはめに。(昨年盛夏時、42℃の地下室・・・電力制限で換気ファンを止めていた・・・に冷房機器のメンテナンス(苦笑)の指導で入ったら、1時間いたら地下で熱中症(というか脱水症状)にかかったという笑えない話があった)しかも、其の汗で肌がかぶれてしまい、あとで苦労した。
ブログランキング・にほんブログ村へ
そこで今年は一工夫しハッカ油を買ってきてアルコールで希釈することにした。

続きを読む "ハッカを使って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手首が痛い(1/2)

手首はスポーツや武道などでは手首の用い方も重要な要素である。
野球・ゴルフではともかく、合気道・ボクシングなど、強靭な手首の持ち主は有利な傾向があり、弱い手首の持ち主は自身が繰り出した打撃により関節の骨にダメージを負うことがある。
ブログランキング・にほんブログ村へ
楽器類の演奏でも重要だ。三味線の演奏では撥がキーだし、ギター、バイオリン、ひいてはマンドリン・大正琴でも手首の維持はポイントだ。

続きを読む "手首が痛い(1/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ・ご同輩

-----------------------引用
http://portal.nifty.com/kiji/111025149184_1.htm
カツカレーは肉より衣の方が美味い説 (大坪ケムタ)
(以下抄録)
三十路になってもジャンク飯大好き!そんな紳士淑女にとって、最上の贅沢料理といえば「カツカレー」ではないだろうか。ただ2つ合わせただけ、そのケミストリーがいいッ!しかし前々から思っていることがある。…カツカレーのカツって、肉より衣の部分の方が美味しくないすか?
ブログランキング・にほんブログ村へ
というわけで、高級な店までいって、カツカレーの衣の部分だけをはがしたりしてみる筆者。しかし高級な店ほどカツと肉が一体化しており、はがしてはたべにくいようである。

続きを読む "あ・ご同輩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全なのやさしくしてね(1/2)

腰痛(20年以上前の労災による)とそれに伴う痙攣というのもあって2年に一回はこれで熱を出したりすることがある。まあこのため、若い作業者には「作業基準は守ること(最も私が怪我をしたのは労働災害の原因除去ができない中で上司が作業を強行させざるを得なかったという理由であって、私がどうこうとはいえない側面もあるし、次々に同僚が同じ問題を起こしてしまったということもある)」という体を使ったいいお手本ということで、今でも講話で使うこともある。危険作業ポテンシャルの排除というわけである。今回もキーボードが打てないという状態になってしまい、例によって医者に指示を仰いだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
医者には投薬を受けていたものの、なにかと困っていたのだが、近所の温泉銭湯にそれなりの設備があるということでいくことにした。医者には長い間暖めることとの指示を受けていた。
------------------------------------
そこでふと気がついた。韓国アカスリという看板がお風呂の受付にあるのだ。

続きを読む "安全なのやさしくしてね(1/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間関係の「配剤」錯誤

休みに、妻と外出したらぼやくことぼやくこと。同情はするものの私にはどうすることもできない。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最近、妻は近所の調剤薬局の管理薬剤師の職を務めることになった。中規模の調剤薬局の会社に中途入社で勤めているわけで経営者ではないのだが、現場での責任は持たないわけにはいかないようである。
ところが、街中にあっても決して来訪者の多い調剤薬局でないこともあり、勤務しているのは妻当人のほか、薬剤師さん2名(1名は妻が休んだときの管理代理業務者に指定しているらしい)、あと誰かが休んだときに人員的にとりまわしが効かなくなるため、近所に住む70歳前の薬剤師OBをシフトでアルバイトとして時々お願いしているという。其のほか事務職の人がいるようである。一般的な調剤業務がほとんどだが近所のドラッグストアの常勤薬剤師が不在の時間帯に、第一種医薬品(市販薬の1割程度ある第一類医薬品は 薬剤師が不在の場合は販売出来ない)を買いに来た客に対し、勤務先の調剤薬局に誘導してもらいそこで(近所のドラッグストアの代わりとしててなく、薬局としての業務として)説明と販売をしているということもしてるそうな。

続きを読む "人間関係の「配剤」錯誤"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒服のデカ腹

DAKARAはサントリーフーズから発売されている清涼飲料水というか機能性飲料の商品名。キャッチフレーズは「カラダ・バランス飲料」。
開発当初は「ポカリスエット」や「アクエリアス」のスポーツドリンクへの対抗商品として考えられたが、現在は二日酔いの後や仕事の合間の飲用、食生活の乱れの校正が製品意図になっているようだ。
現在、CMにはあの天海祐希が起用され、脂肪・塩分・糖分は「余分三兄弟」として擬人化されている。ダチョウ倶楽部も余分三兄弟として登場したことがある。
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む "黒服のデカ腹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)