移動時間に何を得るのか

-------------------引用
まだ満員電車で通勤してるの? イケダハヤト氏「移動時間の無駄」論に賛否  2015年3月15日(日)17時0分配信 キャリコネ
東京の移動時間の長さや満員電車は、新しい働き方議論のやり玉によく挙げられる。ブロガーのイケダハヤト氏も、ご多分にもれず2015年3月11日のブログで「移動時間の無駄に無頓着」な人は、仕事ができないと断言している。
この議論はブロガーのちきりん氏も、この1月に「通勤手当なんて廃止すべき」として賛否を呼んだ。果たして移動時間をかけている人は、「残念な人」と断罪されるほど「仕事ができない」のだろうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
「営業職の場合とかってどーすんだろ」
千葉県在住の会社員(32)は、妻と子どもとの3人暮らしだ。毎朝1時間半かけて、都心のオフィスに通っている。行き帰り3時間の通勤時間に何をしているのかを聞いてみると、 「ずっと仕事してますよ。座れるので、パソコン開いて。中途半端に東京に住んで、立って通勤するよりも効率的に移動時間を使えていると思うのですが…」

続きを読む "移動時間に何を得るのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当初からは狙うべきでない

----------------------------引用
http://fladdict.net/blog/2014/11/nihonkeizai.html
日本経済を回す気がない
最近なぜだか消費に興味がわかなくなった・・・
もはや日々の生活においても消費がない。食費、家賃、移動等の経費以外を除いたのこりの出費のうち、90%はAmazon、Apple、GoogleのIT3大外資に貢いでる。
ブログランキング・にほんブログ村へ
学生のころは、「将来はピエール・ポーランのイスとか買って、打ちっぱなしの部屋に住むぞ!!」とか思っていたが、いざ買えるようになったら別に欲しくなくなっていた。
そもそも新品に興味がない。持ち家に興味ない。自動車にも興味ない。旅行もしない。ブランドにもそこまで興味ない。根本的に所有欲が少ないのか。

続きを読む "当初からは狙うべきでない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な土地と地名判断(2/2)

(承前)
--------------------------引用
広島災害の教訓―変わる地名、消える危険サイン    2014年09月04日 15:10 THE PAGE
-----------------------再開
■負のイメージも包み隠さず
名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫教授らの研究グループは、鉄道の駅名やバス停の名前と地盤との関係を調べてきました。近年、市町村合併による地名変更や、「希望が丘」など不動産価値を高めるためのイメージチェンジが各地で進んでいますが、駅名などは比較的変わることがなく、特にバス停名は公式の地名でなくとも、地元住民になじんだ通称が使われることが多いそうです。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
東京、名古屋、大阪の三大都市圏にある3000以上のバス停名を分類した2009年の研究では、固く締まり、水はけのよい良好地盤のバス停には「山」や「台」「曽根」などが、地震時に揺れやすく、液状化の恐れもある軟弱地盤には「川」や「江」「橋」「深」などの漢字が使われている傾向が分かりました。これらを地図に落とし込んでみると、標高や過去の地震による震度などと地名が見事に対応するそうです。

続きを読む "危険な土地と地名判断(2/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な土地と地名判断(1/2)

広島に縁がある人間として、今回の土砂災害に関しては、被災された方に対して心よりお見舞い申し上げます。

古い地名がなくなるというのは確かに古老の知恵の断絶であるのだろう。しかし、その経緯で内容の意図以外の改変がくわえられることで、情報の「混濁」が起こるようでは元も子もないことになる。確かに情報の一つとして考えると意味がないことではないが、それをもとにすべて決めることになってしまうというのは、本質をいさめていることになると思うのである。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
神奈川においては「谷戸」という地名がちょこちょこある。表記および読みは地域により差が見られ、千葉県での「谷津」(やつ)を、神奈川・東京都多摩地域での「谷戸」(やと)や「谷」(やと)、東北地方での「谷地」(やち)が同じ語彙であるといわれる。これらは水の集まるところというところでは集水域ということで、水利のいい農耕に適した土地ともいえるのだが、尾根筋に挟まれた狭隘な地形のため日照時間が短く、水はけが悪いと湿地状態となる。つまりある意味稲作では有効な土地であるものの、湿気が上がるうえに日当たりが良くないという事から家屋を建てて住むには良くないという見方ができるようである。

続きを読む "危険な土地と地名判断(1/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世に冷媒更新の種はつきまじ

暑いおり冷凍空調は必須になりつつある昨今であるが…
---------------------引用
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/ozone/kanki.html
経産省・環境省の指示と騙る勧誘に御注意(エアコンに使用されているフロン類の入れ替え)
 最近、「経産省・環境省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ。当社のホームページは経産省・環境省のホームページとのリンクもあり、信用できる企業だ。」として、現在お使いのエアーコンディショナーに充填されているフロン類の入れ替えを勧誘する事例があるとの情報がありました。
 経産省・環境省として、現在使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填されているフロン類を、フロン類以外のものに入れ替えるよう指示していることはありません。また、このような勧誘を行う企業は、経産省・環境省との関係は一切ありませんので、 ご注意ください。
 フロン類の一種(HCFC)(※1)については、オゾン層保護法(※2)に基づき平成32(2020)年までにその生産及び消費を全廃することとされていますが、これは、現在使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填されているフロン類を、平成32(2020)年までにフロン類以外のものに入れ替えるように規制するものではありません。
 また、来年度施行予定の改正フロン法(※3)については、業務用冷凍冷蔵・空調機器の管理者に対し、冷媒フロン類の漏えい防止等の管理の適正化等を求めていますが、これは現在使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填されているフロン類を、フロン類以外のものに入れ替える、又は当該機器を取り替えるように規制するものではありません。
ブログランキング・にほんブログ村へ
※1 HCFC:ハイドロクロロフルオロカーボン
※2 オゾン法保護法:特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(昭和63年法律第53号)
※3 改正フロン法:フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(平成13年法律第64号)
※ 環境省においても同様の注意喚起を行っております。  http://www.env.go.jp/info/notice_scam140710.html
-------------------終了
環境省の文面もほとんど同じである。また国民生活センターのHPでも記述がある。(参考

続きを読む "世に冷媒更新の種はつきまじ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神と時の部屋でサバイバルする私たち

世の中にはフリーランスで働く人は多いし、事実私もそのような時期もあった(今も半分はそうである)が、それを遊牧民と称して「レッテル張り」して自ら売るという手法が、結構あるわけだ。そして事務所を持たない、遊牧民的(どこでも働ける)スタイルを売りにする一例として、ここであげる安藤美冬女史も其の代表格で、あちこちで取り上げられた方である。
そしてフリーランスというのは守るものが自分だけという側面は、其のビジネスモデルによってはきわめて重要な「ステータス」「価値」でもあるので、彼女も前例どおり結構同業者からいろいろな批判を受けてるようである。そんな泥団子の投げ合いに組する気持ちはさらさらないのだが、あるBLOGを見て、お茶を吹いた。そしておもむろにに修辞論としてみて、いささか複雑な気持ちになった。
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む "精神と時の部屋でサバイバルする私たち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気仙沼線が・・・かわる(1/2)

----------------------------------
気仙沼線BRT専用道で試乗会 安全確保、定時性に課題    2012年08月18日土曜日 河北新報
 JR気仙沼線(柳津-気仙沼間55.3キロ(注:運休区間の話))で、バス高速輸送システム(BRT)による暫定運行が20日から始まるのを前に、報道機関向け試乗会が17日、宮城県気仙沼市内の専用道区間であった。
 バスは中古のノンステップタイプで、通常の乗り合い仕様。国道45号から、線路跡の舗装を終えた陸前階上-最知間(2.1キロ)の専用道に入り、最知で折り返すコースを2往復した。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 専用道はバス以外は通行できない。乗り入れる際は、自動検知装置で遮断機を上げ進入した。単線の気仙沼線の線路跡は狭く、幅員4メートル(路肩含む)の走行路でのすれ違いは不可能。一方が待避所で待つことになる。
 途中、5カ所の交差点(旧踏切)を通過する。ダンプカーなどの交通量が多い「第1長磯踏切」には誘導員が配置され、安全確認のため一時停止し一般車両がバスの前を横切った。今後、信号機や遮断機を設ける予定という。

続きを読む "気仙沼線が・・・かわる(1/2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フードスタンプがすべて救世主とおもわわれても(2/2)

(承前)
フードスタンプ(Food Stamp)という公的扶助の一つがある。アメリカ合衆国で低所得者向けに行われている食料費補助対策。
生活保護を受給できればまだマシな方という場合もある。雇用保険も生活保護も受給できない人が世の中には存在する。山谷(東京)、釜ヶ崎(大阪)と並ぶ日本3大ドヤ街の1つ、寿町(横浜市中区)を抱える横浜市では、生活に困窮した受給対象外の人々への緊急援護として「パン券(食券。寿町にあるスーパーや食堂など指定の4カ店で714円分の食料品を購入したり、食事ができるもの)」と「ドヤ券(宿泊料1,500円までの簡易宿泊施設に宿泊できる)」を配布している。
ブログランキング・にほんブログ村へ
記録によると配布は早いもの勝ちらしく横浜市中区役所での配布には早朝から人が並ぶらしい。ただし、寿町2~4丁目と区役所とは2キロぐらいの距離がある。そして区役所は横浜球場や公園が間にあり観光地として整備されているところである。(寿町には福祉系の官庁もあるのだが・・・)
これらも2006年に制度が変わっており

「日々の緊急援護」より「ホームレス等に自立を促す援護」で「食券」と名称変更
食券と宿泊券は併せて支給。ホームレス状態では援護を行わない
援護を希望する方は、中福祉保健センターで面接を行い「常勤雇用」か「日雇生活」を選ぶ。

となっている。つまり、緊急援護のつもりでやっていたことが定常化しているため、意義が変更されて生活保護のサポートを市が自主的にやっているということになる。この段階ですでに普通の常勤雇用者が使用するように配布のシステムになっていないことがわかるため、アメリカの事例とは本質的に補助の対象者が違うと言うことであろう。フードスタンプ制は低所得者補助であって生活保護とはもともと違うんだが、横浜市の現場でも既に其の差をつける状況にはない。

続きを読む "フードスタンプがすべて救世主とおもわわれても(2/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーいじめっ子

先日からの大津市のいじめによる自殺事件において、聞かれるのは隠蔽体質が報道に載っているからか「あのあたりかなり田舎なんですか」と言う声。実は主要駅があるどちらかと言えば都市の近郊地域であるし私鉄もあるし文教地域に値する。どうも地理的な把握できない人は「ムラ」的な感じがする(ただひとつ言うと県庁からは近いといういみで、教育委員会に対し「いいこ」にみせようという感じが教育者にあったのかもしれないねえ。)からだが、いずれにせよ、地域特性という問題ではないと思っている。
ブログランキング・にほんブログ村へ
というところで、たまたま6年ほど前の記事をここにだしてみる。
---------------------------------引用
http://www.asahi.com/edu/ijime/sakanakun.html
広い海へ出てみよう  東京海洋大客員助教授・さかなクン  (朝日新聞2006年12月2日掲載)
 中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

続きを読む "スーパーいじめっ子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

限られた素材を駆使する

古レールの駅デザイン図鑑 ;http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%A7%85%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%9B%B3%E9%91%91-%E5%B2%B8%E6%9C%AC-%E7%AB%A0/dp/4306045285を買ってきた。
実はこのHPの内容である。このHPも当該内容についてはきっちりメンテナンスされている。
http://www.tamabi.ac.jp/kankyou/kishimoto/default.htm
あくまで「図鑑」に徹している。同じアングルからの説明的な写真がメインである。ただし、そこが、全般的に白黒写真メインでまとめたということが面白い。そうなのである。色合いで比較するとついつい構造体の面白さを埋没してしまうからである。筆者は建築家で芸術大の先生であるから、この視点は当然とは思うがなかなか出来ないことである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
そういえば最近当方が毎日のように東海道線に乗るのが、小田原-沼津間である。この時期は鋼材製造も徐々に国産供給できるようになってきたこともあり、発生古レール活用材料が多い。(しかし使っているレールが国産でない例はかなり多い)

1920年に熱海線として国府津-小田原
1922年          小田原-真鶴
1924年          真鶴-湯河原
1925年          湯河原-熱海
1934年           熱海 - 沼津 このとき国府津- 沼津間電化
参考:1935年  伊東線 熱海 - 網代 当初から電化

と言うわけで、この時期の設備がメインである。とくに電化前提と言うことか架線と架線柱との一体化が見られる。(なお関東大震災被災に伴い再建築したものもある)となると古レールの設備が結構多い。また、この地域は保養地(軍人対象でもあるようだ)であるため、需要が一定量あるが戦後に投資がうまくいかなかったことから最近まで設備が残ったともいえる。改築が盛んな地域ではほとんど立て替えている。都市内でも御茶ノ水など残っているところもあるのだがこれらは増築はあっても抜本的改築はされなかった。

続きを読む "限られた素材を駆使する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧