日本最低をめざす

会社の、モットーというか社訓というか、その辺りを色々見てみると、面白いものがあるのです。たとえば・・・

宇野自動車株式会社 http://www.unobus.co.jp/

岡山県の赤穂線沿線を主に運行するバス会社であります。「宇野」という名前はオーナーの名前でして、今の社長(宇野泰正氏)は3代目だそうです。このような個人名を頭に載せるバス会社は、余り日本ではないのです。(堀川バスというのがあります。)戦前は結構あったのですが、戦時統合の折に一般的な名前になってしまいました。従って、宇野線方面の運行はしていません。
でトップページにいきなり。
日本最低をめざすバス会社
と書いてあるので、大概「えっ」ということになってしまいます。
---------------------------------------
で、企業コンセプトは下の通り
・サイテーの栄誉を求めて
・ここが自慢なんです
・サイテーだけでなく、サイコーもめざして
・岡山ではじめての深夜バス
・中・四国初の公共車両優先システム(PTPS)
・県内初のバス優先レーン

---------------------------------------
なんか他は尤もなことですから、落ちがありそうですね。実は、普通の意味のサイテーではないのです。
----引用---
国土交通大臣権限の許可を受けて運行しているバス会社、今、日本全国に176社(※)あります(保有車両30台以上)。その中で、宇野バスは174位ってポジション。最低から数えたら3番目ですね。
で、これ、何の数字かと言えば、バス運賃。バスに乗って1Km走ると運賃いくらかかるかという数字。「対キロ区間制基準賃率」っていうんですけど、宇野バスはこれが23.20円。日本で最高運賃のバス会社が52.90円ですから、宇野バスはその半分以下の運賃てことになります。それでも、シタにはシタがあるもので、最低は19.90円てバス会社もあるわけです。がんばらねばっ。
------終了---
この最低なら納得していただけるでしょう。この後に、これを維持する「秘訣」なども書いてあります。一度HPをご覧になることをお勧めします。また路線長は短い(車両数も少ない)ですが、運転している路線は、比較的高密度運転区間が多いと聞きます。
これがために、岡山県全体のバス運賃は、3大都市部ほどではありませんが、比較的低いレベルにとどまっております。
-------------
こういう逆説的なインパクトのあるモットーをはじめてみました。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

google.patents

昔は、特許の検索には特許庁ほか国内3つの施設で「手めくり」検索をしなければ、昔の特許は探せなかった。そのため関東だと霞ヶ関の特許庁に日参し、手めくりで台帳を探したという人海戦術であった。なぜこういうことをするのかというと
「他社の特許を研究し、自社の特許が引っかからないようにする」
「他社の特許を研究し、期限のきれている特許で使えそうなものを探す」
「他社の特許を研究し、他社の特許がひっかかるような特許を作る」
ETC.ETC
とはいえ、これは遠隔地ではめんどうである。そこで民間の調査機関に頼ることになる。@NIFTY会員なら、こちらを有償でつかうという方法がある。
http://www.nifty.com/WATM/
昔は他にも政府系の有料調査機関があった。当方はあるとき自分の苗字だけで出願特許の検索を掛けたことがある。(余りない苗字だからこれで済む)と、私と同じ苗字の、建設会社の技術者の特許には驚かなかったが、父親の特許公報が出てきて驚いてしまった。たしかこの報酬で小学校入学当時、私の勉強机を買ってもらった記憶がある。そしてその机は今も実家で父がPCを打つときに使っている。
で、いまは、平成2年以降の特許の出願・公開などの検索は特許庁のHPで出来るのだが、なにしろ重い。最近こそ日中でできるようになったが、一寸前までは、夜間か、休日にしないとまともに出来なかった。今でも9時ごろはすごく時間がかかる。といってもこれで残業するのは、あんまり好ましくないということで、「自主的に」残業・出社するはめになる。
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

とはいえタダですし、情報の反映も確実であるから、試みられたらどうでしょうか。これだと私の出願特許は44件(平成2年からだから少し漏れあり)内、権利化(会社が所有権を持つ)8件ということになる。(審査待ちがある
-----------------------
さて製品輸出を計画に織り込んだ場合、アメリカの特許をしらべることもあろうが、これも今までは、冊子状態のものを読み出すしか手がなかった。(これは調査会社が、冊子やCD-ROMを契約した会社に売ってくれる)
アメリカは、日本とかなりシステムが異なり、
「会社名は出てこない。個人の発明になる(3人まで)・・但し日本の出願者は○○会社△△工場内という住所の書き方をする(ヘッドハンティング防止)ため、一発でわかってしまう。特許はあくまで個人帰属である」
「出願の時の内容調査は出ない。公告されて始めて、特許になっていることがわかる」

そこで、調査会社経由で資料を集めるのですが、@NIFTY会員でできるのはこちら。(有償)
http://www.nifty.com/uspfull/

しかし、そこは自由の国アメリカ。GOOGLEさんやってくれました。かなり前のものまで入っている検索サイトをつくってしまいました。しかも無料公開。(英文ですけど)
http://www.google.com/patents

早速、会社名(○○会社内となっているので検索できる。)で自分のを探すが、ない。で国内で6人連名で発明したものがすでに出ているが、米国での発明者枠は3人のため、私の名前が抜けているのに権利化されているのが1件あり・・・・ううむ。
だけど、これはいいものができました

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)