« さすが文字の国 | トップページ | そりゃ医療倫理の観点ではだめだわな »

すばらしきバイアス

近所の沖縄料理屋に時々行く私も知らなかったのだが、沖縄料理に「スクガラス」とうものがあるらしい。アイゴ類の稚魚(スク)を塩辛にしたものとあるが、塩漬けにしたものというほうがイメージに合うようだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ビン詰めにして販売し、豆腐に乗せるなどして食べる保存食で沖縄のスーパーではごく普通に売られている由。スク自体も酢締めや唐揚げ、、しょうゆやシークヮサーで食べるそうな。旧暦の6月1日ごろスクの魚群が押し寄せるので、漁船5~6隻が周辺の漁場に出てスクを捕る時期ものらしい。というわけで初夏の風情を示す「風物詩」ものである。

今年もその時期である。
-----------------------------------引用
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-209173-storytopic-1.html
奥武島でスク水揚げ 「海からのボーナス」   2013年7月8日   【琉球新報電子版】
 【南城】旧暦6月1日にあたる8日、南城市の奥武島近海でスク(アイゴの稚魚)の収穫があった。体長約3~4センチの銀色に輝くスクの収穫に島は沸いた。
 スクの収穫は旧暦6月1日と7月1日の前後数日間しか行われず、漁民や島民からは「海からのボーナス」とも呼ばれるほど貴重なものとなっている。
 午前9時半ごろ、最初の船が漁から戻り、約15キロのスクを持ち帰ってきた。奥武漁港ではスクが次々と水揚げされると、島の女性らは仕分け作業に追われていた。
----------------------------------
琉球新報「海からのボーナス『スク水揚げ』スクール水着じゃないですよ!」  2013/7/ 8 15:09 J-CASTニュース
沖縄の新聞社「琉球新報」の公式ツイッターが「さまざまな思いに満ちたリツイートで非常に負荷が高い状態となっておりご迷惑をおかけしております」と7月8日(2013年)に謝罪した。琉球新報は8日に「奥武島でスク水揚げ 『海からのボーナス』」という見出しの記事を配信し、話題となっている。
記事は「アイゴ」の稚魚「スク」の水揚げをとりあげたものだが、「スク水(スクール水着)」を揚げたのだと勘違いした人々が一斉に反応。スクール水着姿の少女を車体に描いた高速バスを運行している「沿岸バス」(北海道)のアカウントも「スク水と聞いて北海道から飛んで参りました」と返信した。
琉球新報は「スク水を揚げてどうするんだよっていう。しかも海からのボーナスって『』つけちゃってるし、もうね」と慌てながら、沿岸バスに「大変恐縮ではありますが、ちがうんです。そうではないのです」と説明している。
--------------------------------終了
奥武島は風光もよく、ダイビングの名所としても有名で、また沖縄本島と100mしか離れていないらしく那覇からもバスがそこそこあり、そこまで交通も悪くないようだ。たぶん世の中には
●「スク水」を揚げる?
●「スク」という魚がいるんだ!(・・・「アイゴ」の稚魚を「スク」と呼ぶのは沖縄だけである)
●「スク水揚げ」のイメージを想像し落胆する
といろいろあるのだろうと思うのだが、どうも風物詩ということで毎年ほとんど同じタイトルの記事が出ていたらしく、これだけたくさん読者が「釣れる」というのはどうしたものだろう。
まあ、これぐらいはまあほほえましいともいえる。

しかしだ、なんでここで、またエキセントリックな・・・・というかコアな会社が一番沖縄から遠い場所から出てきた。

沿岸バス‏@enganbus :スク水と聞いて北海道から飛んで参りました。はじめまして、沿岸バスと申します。アイコンや高速乗合バスの車体にスク水を配置しています。 RT @ryukyushimpo: [琉球新報] 奥武島でスク水揚げ 「海からのボーナス」 http://j.mp/1d8cQ31

琉球新報 ‏@ryukyushimpo 9時間 :はるばるお越しいただいて大変恐縮ではありますが、ちがうんです。そうではないのです… RT @enganbus スク水と聞いて(後略)

沿岸バス‏@enganbus :【お知らせ】スク水がつなぐ南と北の縁、沖縄県の琉球新報様をフォローさせていただきました。バスガイドさんたちが素敵な那覇バス様(@nahabus)以来の沖縄のフォロワー様です。宜しくお願い申し上げます。 #沿岸バス

https://twitter.com/enganbus/status/354105008557551616/photo/1/large enganbus 沿岸バス :【ご挨拶】当アカウントは、沿岸バス株式会社(北海道羽幌町)によるもので、スク水+セーラー服のおにゃのこのラッピングバスを運行するバス会社です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

しかしねえ・・・悪乗りという側面はあるのだが、このバス会社(留萌市付近で国鉄廃止代替線を含む中距離路線を主とするバス会社である)の中の人の品性というのも、すごいなあと動揺するのである。

|

« さすが文字の国 | トップページ | そりゃ医療倫理の観点ではだめだわな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/57752780

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしきバイアス:

« さすが文字の国 | トップページ | そりゃ医療倫理の観点ではだめだわな »