« 時代を変えることは他者の思考過程や尊厳を潰す | トップページ | 振動抑制機構への過信 »

日本人は怒らないのか

-------------------------引用
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2013/03/post-544.php
対馬の哀れな仏像はどうすれば救われるのか? 冷泉彰彦 2013年03月25日(月)10時44分
 韓国の窃盗団が対馬にある観音寺というお寺から「観世音菩薩坐像」を盗んだという事件がありました。窃盗団の動機は単なる転売目的であったようです。ところが、「元の持ち主」であると主張する韓国の忠清南道瑞山市の浮石寺の「信徒集団」は、韓国から日本へ渡った経緯が「強奪」であれば、仏像を浮石寺に「返還」すべきだと主張。この種のナショナリズムを突きつけられた韓国の裁判所は、昨今の情勢下動きが取れなくなり、大田地裁は「日本への返還を差し止める仮処分」を出しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 問題は、この仏像の辿った経路です。仏像の制作された時期ですが、韓半島で仏教が盛んであった高麗王朝時代のものと考えられています。その後、日本に渡った経緯ですが、韓国側は「倭寇が強奪した可能性が高い」と主張しています。一方で歴史的な経緯を考えますと、高麗王朝を倒して成立した李王家による朝鮮王朝時代には、儒教の国教化が進む中で廃仏崇儒という運動が盛んになり、仏教は激しい弾圧を受けたのです。

 多くの寺院が破壊され、僧侶の還俗や、出家の禁止など大変に激しい「宗教弾圧」が続いた結果、韓国の仏教は衰退してしまったとされています。一部の報道では、この時期には問題の浮石寺も「廃寺」の対象となったようです。お寺が廃寺になったのですから、当然に仏像は流浪することになったのだと思われます。その結果として、対馬の寺院が「救済した」という可能性はあるでしょう。
 そうは言っても、宗教活動の一環として頑張って救出したというような大げさなものではなかったと思われます。二束三文で売られていたのを買い上げたところ、良い仏さまだったので当時の対馬の人々が信仰の対象にした、まあそのような経緯ではないかと推察されます。

 対馬の観音寺サイドは、「仏教弾圧により焼かれた寺から、持ち出されたものだと考えられる。それを日本人が略奪したというのは、あまりにも失礼だ」と憤ったり「盗み出して、そのまま自分の物だと主張する屁理屈は、北朝鮮による日本人拉致事件と同じですよ」というようなコメントを出しているようです。相手が産経新聞ですから、記者とのやり取りでそんな会話になったということもあるでしょうが、怒りが湧いてくるのは良く分かります。
------------------------------------中断
この視点は確かに、一部の歴史学者はかねてからいっていた話である。ただし、「宗教活動の一環として頑張って救出したというような大げさなものではなかったと思われます。二束三文で売られていたのを買い上げたところ、良い仏さまだったので当時の対馬の人々が信仰の対象にした、」というのは、ある意味素朴な宗教以前の信仰・信心の原点ともいえる。だから国家体制がどうこうという話ではないのである。
------------------------------------再開
 ですが、この話、どこかで聞いたことがあるような既視感があるのです。こうした文化財の国境を越えた移動について、時間と空間を越えて「返せ」とか「返すな」という話が最近では多いのですが、そのことではありません。
 既視感というのは、同じように仏教や伝統文化が軽視されたという時期に、そこから文化財を持っていったのは「奪った」のか「救出した」のかという話が別にあるということです。
 それは明治期の日本の話です。明治維新直後に新政府は「神仏分離令」という政策を行いました。それまでの日本の伝統的な宗教のあり方としては、神社信仰と仏教がミックスされた独自の発展を遂げており、神社の中に寺があったり、寺の中に神社があったり、天照大御神が大日如来と同一だとか、あるいは八幡大菩薩がどうとか色々なバラエティがあったわけです。
 ですが、明治政府はその中から「神道を国教化する」ために神道と仏教を分けようとしたのです。そうした政策は「廃仏毀釈運動」という形で全国に広がり、多くの寺院や仏像が破壊されています。ちなみに、この「廃仏」は全て明治政府が扇動したというのは言い過ぎで、江戸時代に檀家組織が庶民を支配していたことへの反発エネルギーも理由の1つであったようです。
 その結果として、明治期には仏像一般の価値が下がり、文化財としての保護も怪しくなるという現象が起きました。更に、いわゆる文明開化が進む中で、伝統的な日本画などへの評価も下がっていったようです。これに対して、「救済役」になっていったのが、エドワード・モース、アーネスト・フェノロサ、岡倉天心という「ボストン・グループ」です。
 彼等は、ものすごい情熱で仏像、仏画をはじめ日本の古美術に対する「鑑定」の技術を身につけると共に、日本全国で二束三文で売られ、その結果として損傷や散逸の危険に晒されていた文化財を購入していったのでした。その結果が、現在もボストン美術館の看板の1つの「日本コレクション」となっています。
------------------------------------中断
まあ、これとは別なものとして浮世絵がある。あっちは、今で言う雑誌のグラビア的なものであるから、その存在価値が全然自分たちではわからず、梱包素材として陶器の荷作りに使ってしまった。そう考えれば昔のアイドル(含むAV系)の写真集が、有名な人に限るがすごい金で取引されているのを考えると想像が付くであろう。
このように価値を査定するものはある意味目利きがやらなければならないが、その実マニアという側面もあると考える。
------------------------------------再開
 これだけまとまった日本美術のコレクションがボストンにあるというのは、考えてみれば不自然な話です。では、日本国や日本の仏教界は、このボストン美術館に対して返還要求をしているかというと、全くそうしたことはないわけです。
 例えば「快慶作の仏像」「平治物語絵巻」そして有名なコレクションである「狩野派の傑作群」などは今でもボストンにありますが、日本人は別段怒っていないわけです。それどころか、法隆寺の秘仏である「救世観音」を「発見」したということで、フェノロサと天心の行動は多くの日本人に評価されていると思います。天心がアメリカでの日本文化普及の先駆的な役割を果たしたことも知られています。
 私は、「対馬のお寺」や「ボストン美術館」が「廃仏からの救済者」という善玉で、「朝鮮王朝期の韓国」や「明治の日本」が悪玉だという単純な切り分けをしても余り意味はないと思います。ただ、窃盗団が暗躍したり、むき出しのナショナリズムの突き合わせに使われているという意味で、現在の日韓関係がいかに不健全であるかを、この「仏さま」は示しているということは言えるでしょう。
 そういえば仏像の受難事件と言えば、アフガニスタンのタリバン政権による2001年のバーミヤン石仏の破壊という事件も思い出されます。この場合は、偶像崇拝禁止というイスラムの信仰を理由に、ある種国際社会への反抗として行われたようですが、行為としては無残なものでした。
 仏像というのは不思議なもので、仏教自体は衰退したり変化したりしている中で、「モノとしての仏像がどんな取り扱いを受けるか」ということを通じて、それぞれの国や時代を映し出していると言えるでしょう。そこには、何となく健気で哀れなものを感じます。対馬観音寺の「坐像」の観音さまは、果たしてどんなお顔をしているのでしょうか?
-----------------------------------終了
ところがである、ある韓国人の人と、かなり前このような話をしたことがある。
私が海外の浮世絵コレクションを横浜の某博物館で見てきたという話をしていたのである。この人は母国の大学卒業後、親族もいる日本に来て、大学院を出て、日本の商事会社にて米国との輸出入業務をやっているぐらいで、どっちかといえば知日派と見ていい人なのだが。
--------------------------------------
K「私ですね。いつも不思議に思うのですが、なんでそのような展示会の場合、本来の所有者、日本の版権所持者が文句を言わないんですかね」
デ「まあ、この場合は梱包材料だったとか、元来の用途とは異なる形での国外移出の場合もあったからねえ」
K「けど、本来のオーナー(版権権利者)が所有権放棄したのとは限らないでしょ。全部が全部そういうものではない。私は思うのは、詐欺みたいな形で持ち出されたという場合、なぜ日本人は取り戻そうとしないんですかねえ」
デ「うーむ。詐欺とわからない場合のほうが圧倒的に事例が多いんではないかな」
K「そういうことですか。確かにそれはあるかもしれませんね。けど日本の場合評価する人材が外部にあるといっても、その評価によって、造った人にはその対価は反映されてないでしょ。そこに対しなんで日本は民族としての所有権を言わないんですかねえ」
デ「そうなのかなあ。回りまわって評価が来るという意味では、包括的には対価を得ているんだろうと思っているんだが」
K「大英博物館でも行けば思いますが、歴史というのは東洋でも西洋でも、基本強奪とだましあいですよね。だから、あそこにあるのは、単なる美術という評価でなく、例えばイギリス人が見て評価できる美術を、造った民族の意識を踏みにじることもいとわずに、むしろその占領の歴史を肯定することを含めておいているように思えるんですね。」(どうも一度いったらしい)
デ「うーむ。・・・・けどね。人間でもそうだが、評価されるところにその人なりモノなりが落ち着くというのが、ある意味自然で、社会のなかで一番価値が高いと思うんだけどなあ。」
K[確かに私みたいに、日本のほうが居心地がいいし仕事もやりやすいと思って、日本で仕事もしているんですがね、それはあくまで私が人間という意思のある、意思が主張できる立場だからいえるんですよ。確かに日本で仕事をしていても、居心地が悪いが財政面から母国に戻りたくてももどれないという韓国人もいますがね。」
デ「それは、そうだね。」
K「すくなくとも、まあ浮世絵の場合は大衆文化だから、そんな話が出てこないのでしょうね。しかし結構欧米には日本由来の美術で、どさくさにまぎれて搬出してしまったものもあり、そういうのも海外で展示されてますよね。このような美術品とかは「意思」を持ち得ないものです。だから、日本人はなぜ、強奪者に気を使って、日本のものを理解してくれたなどという、こそこそした態度をしているのかなと思います。造った者をさげずむ視点もある地域で「珍重」されるよりも、少なくとも造った者の中で管理するように「意思を代弁する」ように交渉する責任が、日本の人にもあると思うのですがね。」
----------------------------------------
おそらく、天心がアメリカでの日本文化普及の先駆的な役割を果たしたことはまあ、日本の人間として行う一つの国益行為だというところはわかっても、そこでフェノロサと天心が「つるんだ」行動は、少なくともフェノロサがお雇い外人であって日本人でない以上、天心が売国奴に近いものと考える視点がK氏の視点にあると思う。 韓国由来の有名なコレクションがボストンにあったなら、韓国の人なら「本来あるべきところにない」といって、派手に訴えるなりするだろうということである。また韓国にせよ北朝鮮にせよ、鎖国などもできず、常にあっちこっちの国に隷属させられ・・・・というのが有史以来ある国には、歴史は交渉と交換・交流の成果ではなくあくまで強奪と権利主張の蓄積であるのだろう。
冷泉氏は「むき出しのナショナリズムの突き合わせに使われている」という意味で、現在の日韓関係が不健全であるかといっている。しかし、基本寛容な心のみを持ってたら、ナショナリズムは強奪と権利主張の場しか作れないし、隣どおしを監視しあっているなら独自に動けないという社会が構築されている可能性を感じる。だとしたら、もともと、健全とか不健全とか冷泉氏のいう衝動的挙動ではなく、ナショナリズム以前の基本的に持っている世界観・国家感・民族感覚が2つの国にまったく相容れないというのが現実ではないのか。
この問題の場合は自力解決は不可能と諦観し、そこからあくまで国際法締結の経緯もあることから、第三者の国の視点を得るしか裁定はなかろう。法的なり第三者仲裁の中ででナショナリズムに関わらない判断原理が、偶発的に生まれるのを期待するしかないと私は思う。

|

« 時代を変えることは他者の思考過程や尊厳を潰す | トップページ | 振動抑制機構への過信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/57032934

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人は怒らないのか:

« 時代を変えることは他者の思考過程や尊厳を潰す | トップページ | 振動抑制機構への過信 »