« 文章を書くことが苦痛な場合 | トップページ | アナウンサーの自己主張(1/2) »

鼻歌交じりでこの唄を

有る暑い日の休日、体調も悪いしあちこちかゆい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
用事を済ませたいと思っていたのだが、いやあこの暑さではふらふらである。それでもまだ「から元気」をなんとか保とうと言うわけで、鼻歌を歌って町を歩いていたのだが・・・・ふと気がつくと結構大声で歌っている。

だが、これが・・・・。

♪夏は股間が 痒くなる  
 痒くなーったら デリケアM's  
 ランラララララー­  
 掻かずに直そう デリケアM's  

http://www.ikedamohando.co.jp/products/delicatearea/delicare_m.html
考えたらこんな唄を繁華街で声を出しているって、最低な輩ではないか。このCMを見てみるとまさにCMの舞台近所で私は歩いていたらしい。お馴染みの景色だが、だからといって一般的に高歌放吟していい場所ではないな。けどCM撮影時にも唄っていたんですって。 

♪In the summer time our genitals become itchy
 When they become itchy, use Delicare M's..
   (humming )
 Don’t scratch them.Use Delicare M's

ここは、いずみ野駅1番線か4番線ではとおもう。
--------------------------引用
http://blog.livedoor.jp/kinkobay/archives/1652087.html
2012年03月03日17:00  相鉄いずみ野駅でCM撮影
朝早くから、いずみ野駅前からCMの歌声が聞こえていた。
サラリーマン風の男性50人ぐらい??で「かゆみは・・・・・デリケア・・・」と歌っていました。
駅名が?? 「いずみ野駅」が「かゆみの」に変わっていた。
夕方に帰ってくると、まだ撮影が続いていた。CM1本も大変だ!!
------------------------終了
いずみ野駅1番線か4番線は、どっちも副本線でほとんど日中は使われない(早朝深夜は留置車両があることが多い)。この車両は(車内も含め)旧7000系という今となれば最古参の車で、良くも悪くも相鉄らしい車両である。そしてCMで駅名票は「きくの←かゆみ野→むれが」となっているが、この区間の駅がわりと似た感じ「-緑園都市-弥生-いずみ野-いずみ中央-ゆめが-」となればネタとしてもあわせてるんではとにやりとする。販売元池田模範堂の本社近くにも富山地方鉄道という優秀な私鉄があるのだが、たしかにいい名前がないのかもしれないなあと思う。
わりと似た駅名に京成電鉄千原線のおゆみ野駅がある。多分OKがでなかったのだろうが、「-千葉中央-千葉寺-大森台-学園前-おゆみ野-ちはら」であるからねえ。(もっともおゆみ野駅は相対式ホーム2面2線の高架駅だが単線の現在は1番線が未使用で、撮影に使いにくいかもしれないねえ)
それにせよ真ん中にずっといるにやけた男性(モデルさんと言う話)。背も高いからかつり革に頭をぶつけているが、それもも気にせず、口角を上げて商品を掲げながら7000系の車内をずんずん進んでいくのは有る意味怖い(笑)。

--------------------------------引用
第1回泉区プロモーション戦略検討懇談会報告 (抄)
S:プロモーションという語感に近いですよね。前がかり的な投げかけなのですね。テーマを仕掛けていって、それで意見をとるというのは、道具としてはITでも構わないでしょうし、集団広聴のようなやり方もあります。前がかり的なテーマの投げかけみたいなものがイメージできました。
KO:ゆめが丘駅がコマーシャルで使われているのはご存じですか?
S:よく見ています。人があまりいないというか。
KA:ホームのところですか。
MA:アクエリアスのコマーシャルです。
KO:区のホームページで発信したりすると、見てみようかなと思う人が増えてきたりもするのではないでしょうか。せっかく直売所ができているのに、行きにくいじゃないですか。
MA:3年くらい前から、有料撮影に力を入れ始めまして、アクエリアスのコマーシャルとか。南万騎が原駅も結構使うのですね。缶コーヒー「ルーツ」のコマーシャル、いずみ野のデリケアエムズというコマーシャルをやったりしています。
S:あれは、いずみ野ですか。
MA:はい。最近それを本にまとめて、PRする冊子を作ろうと考えています。
---------------------------------後略
相模鉄道は、広報戦略としてフイルムコミッションへの場所貸しを行っているようだ。これもいずみ野駅である。

これなんかは雰囲気がいいからまあ問題ないだろうが、上記のはちょっとねえと言う気がする人がいてもおかしくはない。しかしそれでも知られるということが、市民の意識向上になることを重視するべきなのだろう。確かに資本投下の必要はない。
ただイメージ戦略のみが先行したものが、イメージが壊されるとまっさかさまに墜落する。其の功罪をしらずに広報をすることを喜ぶだけでは問題である。これは命名権の場合も良く問題となることだが。そのあたりであまり区の議事録でもデリケアエムズにあまり深追いしてないのはそれかもねえ・・・・
-----------------------------------------
最後に要約版(苦笑)を。確かに骨子は間違いではないが、おいおい。

|

« 文章を書くことが苦痛な場合 | トップページ | アナウンサーの自己主張(1/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/55618406

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻歌交じりでこの唄を:

« 文章を書くことが苦痛な場合 | トップページ | アナウンサーの自己主張(1/2) »