« 客の多様化に対処する(2/2) | トップページ | 順法意識 »

こんなものに乗ってしまった

また吉原にいった。いや冨士市の吉原地区のことである。
冨士市は製紙工業と自動車部品工業・食品加工など産業が盛んな町で人口も20数万人いるぐらいの町。人口の割にはという但し書きはつくが都市内交通が貧弱な町であるが、市域も広く産業がさかんで、ぺらっと市域が広がるという以上どうしても自動車依存の生活になるのは免れないところである。
一方、私鉄「岳南鉄道」も市域に走っているのだが、主要な業務であった貨物(製紙産業の出荷物)がJRの都合もあり最近なくなってしまい、かなり経営的に苦労している。廃止という話も出るのだが経営努力をしているし、またこの鉄道があるために並行路線のバスがないとか、鉄道の周囲には住宅団地の設置・学校も多く、この鉄道がなくなったらバスに移行せず単純に自家用車に移行するか、転居するだけともいえそうである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
この地域に住居があって新築の家が増加しているのは自動車が活用できる中で公共交通も確保できていると言う二重の立地条件のよさと言うこともあるようだ。またバスの増便をするには、道がせますぎる。(一時期岳南鉄道の廃止の話もあり、これを見込んだのかバスを増便したのだが、定着しなかったようである)

それでも地域内交通が存在しない(あったものはすべて採算がとれなくなってしまった)ため、お酒を飲むのと運転代行がセットでしか成り立たないとか、其の運転代行も成り立たない太田市よりはまだ、社会の存在範囲を認められる地域であろう。JRの存在価値が少なくとも東武線よりは高いということであろうと推察する。
-------------------------------
すこし前、配電盤工場に技術打ち合わせにいくことになった。行きは別件で出かけるトラックの助手席に載せてもらったの(一応バスもあるが、好意に甘えることにした)だが、帰りはまあ、適当に電車に乗って直接家に帰るからという話にした。
で、出先は意外と岳南の岳南江尾駅に近い。(路線バスはそう本数がない)と言うわけで6時ぐらいまで打ち合わせをおこなって、「送りますから」とか言われもしたが、「仕事をあおっているのに担当者に送らせるのは論外」である。送ってもらうよりも納期を守ってもらうのが私の職分。この時刻になるともうバスがないということから言ったのだろうが。
-----------------------
さて、駅の前にマックスバリュがあるので、それなりに人はいるのだが、駅はぼろぼろ、終着駅であるのだが93人/日という情勢では仕方がない駅の枯れ方である。ここから吉原駅に行ってJR東海道線に乗り換える計画である。
所が、駅の前に冨士急行と書いた小型観光バスが止まっている。普通駅の前にバスが来ないところであるが・・・。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000032700/hpg000032666.htm
---------------------------引用
東田子の浦駅岳南江尾駅シャトルバス
6月1日運行開始。通勤通学に最適。シャトルバスを利用して時間短縮。料金割安。ぜひご利用ください。
★岳南鉄道と乗り継ぐと運賃が無料★
・岳鉄の定期券(江尾駅を含む区間)をお持ちの方:定期券をバスの運転士に見せると運賃が無料!
・岳鉄の定期券をお持ちでない方: 乗継優待券を発行します。 乗継前に乗務員から優待券を受け取り、乗継後に乗務員または窓口に優待券をお渡しください。
 岳鉄からバスに乗り継いだ場合は運賃が無料! バスから岳鉄に乗り継いだ場合は岳鉄の運賃が100円引!(岳鉄を回数券でご利用する場合は割引対象外です。)
運行内容
運行期間 :平成24年6月1日~10月31日(⇒運転手に言わすと試行期間ということらしい)
運行日:月曜日~金曜日※祝日、お盆(8月13日~8月15日)は運休
運行本数: 朝:1日3往復  夜:1日5.5往復
運賃 :1乗車100円の定額制(小学生及び障害者手帳保持者は50円)
その他 :車両は小型バスです。回数券を車内で販売しています。
Fuzisibasu
----------------------------終了
要するに吉原駅に出るよりも東京方面に出るならば之のほうが安くて便利なのである。しかも100円であるならこの方が安価である。(吉原-江尾間は350円 バスで富士駅-江尾だと600円ぐらいのようである)
このバスはこの駅ですぐ折り返す吉原駅行きの電車の到着を待って出るのだが、よくよく考えるとこのような回遊経路はそうニーズがないとも思う。実際電車から乗り換える客は皆無である(また、このためおり返しの電車は0人で発車したようである)ので、箱に100円を入れた私一人を乗せてバスは出発する。
駅の周りには公営住宅や工場もあるのだが、すぐ田んぼの中を直線に道がある。まあ湿地帯で田んぼしかないと言いたくなる風景である。というのはこのあたりはきわめて地盤が弱く沼(浮島沼という)だった時代もあるのだそうな。そのため海沿い(東海道線や国道1号線のあたり)と山沿い(岳南線・東海道新幹線)に家が固まっているというのである。東海道新幹線は敷設時にこの土地を迂回して、あえて建築費の高い山側に線路を引いている。
同時に江戸時代にはこの沼の付近は何回か津波でさらわれた地域でもあるようだ。したがってバスが江尾駅をでてしばらくしてから、東田子の浦駅のちかくの国道一号線バイパスまでまったく家がないのである。(たまに倉庫がある)つまり、中間のバス停が存在価値がない。それもあって10分しかかからないのである。
で、このバスがのっているのかと聞くと「いやあ、実にのらないねえ。電車の定期券を買っている人がこっちに移行するとも思えないし。自動車関連の人が多いから、車があることを前提になっているしねえ。」
まあ当然の話であるが、「子供自体が最近いないものね。高校でたら自動車関連以外はほとんど地元に残らないし」とかぼやくこと。つまり、この地域の人は鉄道・バスを使う人は一定数確実にいるが、新たな経路をどうこうと考えるような人は既に自動車を使っている人に重なる場合がほとんどで、新規な提案に対し社会が実に不毛な対応をすると言うことなのだろう。
このように海浜に集落があって鉄道があって、人が多くすんでいるのが山沿いというのは、実は昨年地震で大きく被害を受けた宮城県山元町がそうである。ここも海浜の集落は海で作業するための浜屋にひとが常時居住したという経緯がある。そのため駅と山沿いの主な集落(圧倒的に多く人が住んでいる)がかなり離れていて、一時はこの間にバスまで走っていたというのだが、その後津波でこのあたりの線路(常磐線)は高規格線路であったが全壊し、海沿いの集落も全壊したのである。まだ山沿いの集落は津波の影響はなかった。
東田子の浦駅は海との距離は300mほどの距離であるが、間に小高い岡があるもののその意味では津波などがあったらどうなるかはわからないが、危険という認識はことこの地域では考える必要がありそうである。
---------------------------
10分ぐらいでついたバスは折り返し、3人の人を乗せてすぐ江尾駅にもどっていった。東田子の浦駅自体は1日2000人超利用する有人駅で上下各々4本/時間はある利便性がないとはとてもいえない駅だが、意外なのは駅の周りに通勤などに使うパークアンドライド駐車場がこれまたすこししかないのである。(なお駅近くにそこそこの工場とそれに係わる住宅などは有る)つまり今までないニーズをこのバス路線は開拓してることは事実であるのだが、いくら新規の需要喚起策を図っても、即物的かつ守旧的な人員の多い地域において地域住民の性向を変える意識を持たせることに限界がある状況では、これはまたなにをやってもプラスに働かず、厳しいなあと思いもしたのである。

|

« 客の多様化に対処する(2/2) | トップページ | 順法意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/55093812

この記事へのトラックバック一覧です: こんなものに乗ってしまった:

« 客の多様化に対処する(2/2) | トップページ | 順法意識 »