« 順法意識 | トップページ | どれだけ叩いても構わない »

名は「体面」を現す

子供の名前に暴走族のような当て字や架空のキャラクターからとった名前のように、読みづらい名前や、常識的に考えがたい言葉を名前にするのが問題になっている。裁判所は「親権者がほしいままに個人的な好みを入れて恣意的に命名するのは不当で、子供が成長して誇りに思える名をつけるべき」というのふだが、これもなかなかむずかしいものがある。
かつて「角栄」と言う名前をつけられたこどもがその後の田中角栄氏の政治的問題・失脚・収監でいじめの対象になり、改名を申し出たという時に「このようなことがおこりうるのがよめなかったのが悪い」と裁判所が言った例があるが、それでは角栄建設(のちのエルカクエイ⇒rジョイント・レジデンシャル不動産・倒産)や同根の角栄ガス(角栄建設の創った団地にガス供給をしている会社。盛業中)はたまったものではない。(なお角栄建設というなまえは偶然の一致で、これはどーなるのかとつっこみたくなりますな。}
ブログランキング・にほんブログ村へ
ただし、こどもの学校に行くと本当に一見ではよめない名前が又あるのも事実。AKB48の名前でも探すことは(むずかしいが一応辞書に載りうる漢字というのは排除しても)ないわけではない。

まあ、本来の漢字の読みを無視している(突拍子もない読みで住民登録することも可能)というのは、親族にも漢字の読みと異なる読みをする場合もあるのであまり文句を言えないが、読めないわけではない。戦前生まれなら上海などで生まれたため中国語の読みを配慮した経緯があったと聞く。
そういういみでは、ハーフでもないのに外人のような名前をつけるケースがある。そのむかし私が小学生だったころ、同級生に「譲二」と言う名前の子供がおり、しゃれたのかなと思ってしばらくして家に遊びに行ったら、お父さんが日本に帰化した元オーストラリア人の技術者だったというのがあった。これも配慮の元でつけられた可能性もあるし(森鴎外のように自身の本名「林太郎」が留学時に外国人には読みにくかったことから、子供や孫に外国人風の名前を付けた。逆にそのために読みが普及した事例もある)元々は外国人の名前だったが現在は日本人の名前として一般的になっているケースもあり、多くの人にとって自然なものであるかどうかがポイントとなる。たとえばナオミ・キャンベル という イギリスのスーパーモデルがいる一方「なおみ」と言う名前はた谷崎潤一郎の『痴人の愛』の主人公以降出た名前で(男性もいますな)あり、時代が時代ならキラキラネームなのである。
まあ、それをあまり強く言うとハーフと言うわけでないがブラジルから来た元日系の人がポルトガル語の名前をつけるのを否定するわけも行かず。
--------------------------------------
宇多田ヒカルが小沢新党に皮肉「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか」  2012年7月14日 08:00 (ロケットニュース24)
日本でも屈指のTwitterフォロワー数を誇る歌手の宇多田ヒカルさんが、元民主党の小沢一郎氏の新党に対して皮肉的なコメントをして注目を集めている。彼女は、小沢氏の新党「国民の生活が第一」の結成発表を受けて、Twitterで「キラキラネーム」と表現したのである。この日の(朝の)彼女の発言は以下の通りだ。 

「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか…。こうなると『くまちゃんの肌触りは世界一』党の結成も夢ではないなおはようございくまぼんじゅーる」(Twitterより引用)
 
おそらく国民の多くが、「長い政党名だな」や「ちょっと変な名前なのでは?」と感じたはず。それを宇多田さんは「キラキラネーム」という一言で片付けたのである。(中略)誰もキラキラネームという発想がなかっただけに、感心している様子である。とはいえ、一部のユーザーが指摘するように、「キラキラ」しているかどうかは不明だ。(後略)
------------------------------------
これには前提があり、彼女には最近
最近日本では風変わりな名前の子供が多いらしいけど、絶対読めない名前とか、日本語っぽくない名前とか、ちょっとかわいそうだなと思う。親御さんたちは愛情をもって名付けたんだろうけど…
https://twitter.com/utadahikaru/status/216887898845364225

という発言があって、可哀想か可哀想ぢゃないか、決めるのは子供だという言う意見が出され、彼女は即座に『たしかにかわいそうは失礼だったかもしれないですね。』と謝罪したという経緯もあったようである。
------------------------------------
キラキラネーム大事なのは名前そのものではなく、子どもの為にどれだけ愛情を込めたかという『思い入れの大きさ』であるとは思う。しかし問題は愛情をこめた行為を第三者がどう判断するかと言うのは命名した人間は判断するのは其の人物・コミニュティーの好意に限られるという側面がある。「国民の生活が第一」が政党名で問題ないとみなされるのは単に好意やイメージという論理性などの問題以外の政党の存立意義の議論が単に「親御さん(議員さん)たちが愛情もって名をつけたのだが、周囲の人(支持者)のみならず岡目八目の市民が冷ややかなことになったからこうなったのかなあと言う気もしている。
さて『くまちゃんの肌触りは世界一』党は何をマニフェストにするんだろうかねえ。どうしてもわたしはこれしか頭に上がらないのだが。

|

« 順法意識 | トップページ | どれだけ叩いても構わない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/55201516

この記事へのトラックバック一覧です: 名は「体面」を現す:

« 順法意識 | トップページ | どれだけ叩いても構わない »