« SNSへの業務シフト(1/3) | トップページ | SNSへの業務シフト(3/3) »

SNSへの業務シフト(2/3)

(承前)
-------------------------引用
脱電子メールの4年間:IBM社員のワークスタイル  2012年1月18日(水)13:17
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120118/wir12011814300002-n1.htm
2008年2月以降、電子メールをほとんど出していないという米IBM社の社員を紹介する。現在各企業において見られつつある、電子メールからソーシャル・ネットワーク等に移行する動きを象徴するものだ。
---------------------------
ここまでは、SNS化による職務合理化の可能性と情報共有化に関する記事で、それにかこつけて私見を含めた内容を述べた。しかし、その選択はあくまで職務分析の結果からなされるべき事である。
ブログランキング・にほんブログ村へ
SNS化ということは
職務内容の改革と業務の性質を再度構築し直しである。そこで
●できることは出来、できないことはどこができない。
●変化して第三者が対応でき、どこが対応できないのか
を見極めるのが前提である。

SNSで仕事の連絡を行うのは、半分公開されたところでの記載でもあり、記載する側・読む側にはそれぞれある程度の共通の意識や知識が共有されなければ、むごい2CHのような書きっぱなしや、きわどい記載、誤解を招く記載がでることは、いくら記名式であってもあり得るし、運用上の不公平さを助長することになる。つまりお互いのITに限らない広範囲のリテラシーがずれないという前提があるのだと思う。
あと、実際に経験するのはメールにおいての指示は相手に対して誰がという宛先を明確にし、優先度を公開にした指示を与えるというのもあろう。従って、頭に記載したIBMの人も、使い分けをは強調しているのはまさにこれである。
そう考えると、実体験としてメールだとグダグダになりがちな事も、SNSとかのオープンな場でやると手早く決まるのであろうし、私の経験でもそういう場面も合った。意見の共有という意味では効果的という場面もあり、一部の企業ではこのことに気がつき社内SNSの構築を行っているのもまま聞いている。但し、実はこのように情報を共有化することががうまくいくかというと、意見が相反し(利益相反という面が大きい)かえって終始つかなくなることも又多いらしい。企業文化や社員の「既存の」考え方に馴染むかどうかということもある。上意下達的な企業風土であるなかで、与えられたせまい中での権限を閉鎖的にうける仕事の場合、情報の公開の必要は高いが逆に共有の必要性はむしろ不要である。暗黙智を共有されることで仕事が推進できるなら仕事は進むが、逆に安定した業務環境(雇用も含む)が得られなくなるため、ドロップアウトする可能性が多いという業務内容もあるからであろう。
あと仕事のマイルストーンをメールのドキュメントの記録で行っている場合は、SNSの画面ドキュメントを(画像ーデータなどで)取っておくなどの工夫が必要であろうが、まあこれは瑣末な工夫で処理できるとも言える。

しかしメールの負の側面を指摘するのはともかく、ことさらに際だたせるというのもこの文章ではこれまたフェアでないと私の目には移る。
------------------再開
米Facebook社は、電子メールでもインスタント・メッセージでもない独自のメッセージ・サービスへと、ユーザーを移行させようとしている。同社のモバイル部門で働くモリー・グレアムによれば、メールは遅すぎるし時代遅れだという。「メールで使うCC(同報)という言葉の意味を考えてみてほしい。カーボンコピーという意味であり、現代にはあまりに合っていない」と、グレアム氏は2011年11月にサンタクララで開催された『Enterprise 2.0 Conference』で語った。
「メッセージ製品について調査していたときに、人々がメールの件名をどう使うかも調べた。件名の8割は、”こんにちは”とかただのブランクだった。つまり件名は時代遅れなのだ。実際、電子メール自体が時代遅れなのだ」とグレアム氏は言う。
スアレズ氏自身は、電子メールが完全に廃止されるとは思っていないが、4年目になる実験の結果、自分の生産性はより上がったと感じている。同氏のほとんどの仕事は現在オープンな形で行われているが、それには効率的という以上の意味があると同氏は語る。コミュニケーションがよりよい質のものになるというのだ。
------------------中断
このセクションでは、cc・bccメールを批判した上で「コミュニケーションをより透明化しオープンにし公共化していくことで、同僚からの信頼を得ることができる」との意見、確かにおもしろいことを想起させてくれる。CCの意味は上記の通りである。けど、遅いということに関し、少なくともWEBの世界の議論を議論するならWEBブラウザによるメールの存在はどう考えるのか。
SNSが有効というせりふの中に、恣意的な意見を混ぜて出されるということがあると、さてさて・・・となる。CCという表現が前時代の痕跡であることと、必要性が薄いということとは本質的に関係のないことである。
ビジネスシーンのなかでの会話には、日常の会話からくるFACE TO FACEで収まるものと、それ起源で膨らむ話がある。そのようなシーンで匿名性はないが秘話的側面のあるFaceBookないしは、それ起源の技術が活用できるという場面があるかもしれない。そして、ややこれに比べてオープンな特性を持つのが一般的な(ここで述べる)SNSであり、とことん秘話性を追求したのがメールということになると考える。
もちろん在宅勤務(この場合概してタスクが決まっており個人裁量の高い技術系専門職か、自宅からで歩きする等の、外回りの営業さんかとなるかも)の場合なら、この2つがそろえばほぼ業務内容は達しされたという場合もある。そうなると以前の日本社会に比べ専門職の業務の幅は広がるだろう。
なお、日本のメール環境でしか私はわからないし、ケータイメールだと確かにそういう事象があるのかもしれないが、ことビジネスシーンにおいては、件名がおかしなメールは価値が落ちるものと私は考えている。(そもそもIBMの係わるメールシステムでは題目が無いと送信時エラーを出すものが普通なのだが)確かにメールのタイトルと中身がリンクしてない(どころか釣りだったりするspamもおおいが・・・)というのもあるけれども。しかし、コミュニケーションの質が上がるというのは、ある意味同報メールの類型というざっくりした割り切り型となるとなるとわからなくもない。(続く)

|

« SNSへの業務シフト(1/3) | トップページ | SNSへの業務シフト(3/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/53852506

この記事へのトラックバック一覧です: SNSへの業務シフト(2/3):

« SNSへの業務シフト(1/3) | トップページ | SNSへの業務シフト(3/3) »