« 33年前の表現はやはり代わる | トップページ | そんなに甘いものではない »

田中アナを笑えない

TBSテレビに田中みな実さんというアナウンサーがいるのだが、まあそのぶりっこキャラが結構話題になっている。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ほかでもニュースも一応読め、ラジオでははきはきと喋っており、この場合は多少の誇張はあるんだろう。とはいえいくら仕事といえ(どうも演じている気もする)いかがなものかというのもわからぬはない。かくてこういう記事まで出てくる始末。

こういうのを雛形に女性が活動し、「ああいったタイプが人生で得をすることが多いのは明確な事実」といっても難儀だなあ。
-------------------------------------引用
アナウンサー田中みな実から学ぶ「小悪魔女」の要素7つ  2011年6月17日 21時00分 エキサイトニュース
最近、TBSアナウンサー田中みな実さんが人気を呼んでいます。女性の中には彼女に対して疑問を抱いたり、あからさまな不快感を出したりしている人もいますが、ああいったタイプが人生で得をすることが多いのは明確な事実です。露骨に嫉妬せず、逆にそのテクニックを盗んでしまいましょう。
■1:キョトン顔を作る:名前を呼んだ男性に対してし、キョトンした「ほえ?」みたいな表情を作りましょう。この時、ゆるふわで純朴なイメージを頭に思い浮かべて作るとよいです。
■2:上目遣いで頷く:男性の話を上目遣いで頷きます。『思わず同意してしまう「男性を動揺させる」しぐさ10個』でもご紹介した通り、この方法は多少わざとらしくても、男性は可愛いと思うことが多いです。上目遣いで「うんうん」と頷いていると、純真で話をちゃんと聞いてくれる“いい子”だとアピールすることができます。
■3:アヒル口で可愛らしく食べる:「おいしい~」と言いながら可愛らしくアヒル口でハフハフと食事しましょう。大きく口は開けず少しずつ食べるのがポイントです。この時は『あなたの好感度がグングン上がる 5つの食事マナー』の通り、最後は恥ずかしそうに食後のデザートをおねだりしましょう。
■4:他の女性を誉める:他の女性を、男性の前で「○○さんは綺麗」といった風に誉めましょう。これによって、純粋で謙遜な女をアピールすることができます。
■5:ペンギン歩きする:普通に歩くのではなく、ペンギンのようにちょこちょこと歩きましょう。これによって子供らしさや可愛らしさを演出でき、守りたいと思わせることができます。
■6:トーンをあげる:男性が登場したら「○○さん、こんにちは~」と声のトーンを普段よりもあげて挨拶しましょう。これによって、相手に女性らしさや可愛らしさを印象づけることができます。そして、春の恋心に火をつける!男心にキュンキュンくる「話しかた」を参考にしてさりげなく“半タメ口”を入れると、相手に自分の隙を見せることができます。
■7:オシャレ過ぎない服装にする:別報でもご紹介した通り、モデルのような服装ではなく、女性目線からするとちょっと地味なくらいの服装のほうが男性には受けます。そのほうが清楚や純粋な雰囲気を作りやすいといえます。
いかがでしたか? もちろん真似する時は、時と場所と立場を考慮してください。また、中にはこの手のタイプが死ぬほど苦手な男性もいるので、ぶりっ子好きな男性が多いかどうか調べてから使うようにしましょう。…
-----------------------------------終了
ところで、このペンギン歩きであるが、確かに横に腕が行っているペンギン歩きであるが腕の方向が横にパタパタと腕をうごかすので、よくTBSの面接合格できたなという意見があった。
案の定第二段ではマナーの先生(高島屋デパートのOBらしい)を招いて美しい歩き方の指導を受ける。だが田中アナの左手が相変わらずペンギンモード(左右に手をばたばた・・・要するに前後にてを揺らすモードがばたばたと揺らしている形になっているのである)なっている。スタート地点ですでに手の開きが完全にペンギンモード。VTRをみていたしずちゃん(山崎静代)はこれを見逃さず、ドン引きしている。
そこで、ヒールを脱いで練習したが、裸足になっても爪先立ちで、しずちゃんならずとも、なんで普通に歩かれないとおもうが、毎日長時間ヒールを履いているせいで足の裏を地につけて立てない癖になってるという。考えれば家の中では本当なのかを疑ってしまう。足の裏を地面につけようと意識するとかえって 手が元に戻るリハビリ状態になってしまった。足踏みをしてみると手と足が同時に出るなどやればやるほど破綻し、田中アナは涙目になる。VTRを見ていたしずちゃんは「普通に歩くことであんな・・・」と笑い出す上に、業界の重鎮黒柳徹子さんにも(れいのお部屋の番組に出た際に)賛同を得た話を披露する始末でスタッフが驚く。しずちゃんの辛口トークは一歩間違えれば妄言に聞こえるのを、相方、山ちゃんのフォローのうまさと語彙の巧みさによって生きているというのも感じる。
----------------------------------
というのをTVで見ていておいおいとおもったのは私も同じ。しずちゃんはご存知のように運動神経抜群であるから、いいたい放題いえる(キャラつくりに徹している)のかもしれぬ。他方ハイヒールを日ごろ履くとこういうパターンになるというのも女性からは聞いた。また体重の重心がつま先に動くというのも聞いていたので、こういう症状は仕事柄あるんかなあとおもっていた。
ところがである、ハイヒールを履いていない私もふと気がつくと部屋の中で爪先立ちになって歩いているのに気がついたのである。そこで爪先立たずに足を下におろして歩くと・・・
痛い
のである。つまり私も裸足になっても爪先立ちでしか歩かれないということになってしまったのである。下手すると私もしずちゃんにパンチをうけるかもね。
しかも玉砂利状態の場所(お風呂とかで意識的にそうしてるところありますね。玉石の埋め込みですべらないようにしてるあれ)でも、痛くて歩けないことにも気がつく。歩く方をどうこう言われたことはあまりないが、今まで気がつかずにTVの前で「ほー」と感心していた自分にあきれたのである。

|

« 33年前の表現はやはり代わる | トップページ | そんなに甘いものではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/52168551

この記事へのトラックバック一覧です: 田中アナを笑えない:

« 33年前の表現はやはり代わる | トップページ | そんなに甘いものではない »