« 間引き運転実施(しないことになりました) | トップページ | 日曜日食べたよなあ »

真剣に楽しむ集まり

下世話であるが外部から抑圧があるからこそ安定するところを考えるにはいい話題である。あくまでゲーセワ・・・いやいや下世話にならず、ひとつの考えからを図ってみたい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
チン圧された!50人乱交!“本番中”男女4人も公然わいせつ  スポーツ報知 10月11日(月)8時1分配信
 香川県警東かがわ署などは10日までに、同県まんのう町のロッジで、約50人が参加した乱交パーティーを開催したとして、公然わいせつほう助の疑いで、愛媛県松山市の不動産会社社員・K容疑者(38)とスタッフの男女3人を現行犯逮捕した。乱交サークルを主宰し、ホームページ上で参加者を募集。今回はサークル2周年記念で「四国ノ乱」と銘打った大規模なパーティーだった。性行為中だった男女4人も、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された。
 その道の猛者が50人も参加した「四国ノ乱」は、踏み込んだ警察によって“チン圧”された。
 東かがわ署によると、逮捕されたK容疑者らは、まんのう町の2階建てロッジを借り切って9日夜に乱交パーティーを開催し、参加者の手伝いをした公然わいせつほう助の疑い。パーティーには近畿、四国、中国から男性25人、女性24人の計49人が参加。「乾杯」の声が上がってから約1時間後の午後10時ごろ、令状を持った捜査員が踏み込んだ。当時、性行為中だった29~34歳の男女2人ずつの2組4人が、ほかの複数の参加者に行為を見せた公然わいせつ容疑で現行犯逮捕となった。

 K容疑者らは「F」という乱交サークルを主宰。ホームページ上で参加者を募集したり、過去のイベントの画像などを掲載していた。「あくまで複数プレーを楽しむ場」として、爪を切るなどのマナーを細かく設定。月1回ペースで乱交や緊縛などの性行為を楽しむパーティーを開催し、それぞれ「讃岐(香川)ノ乱」「伊予(愛媛)ノ乱」と開催地名に、乱交を意味する“乱”という名前を付けるのが通例だったとみられる。11月6日にも「伊予ノ乱」が予定されていた。同署によると、今回の「四国ノ乱」はサークル2周年を記念したイベントで、通常より参加者が多かった。
 参加料は男性1万円、カップル3000円、女性は無料。今回の「乱」には女性単独の参加者もおり、中には友人同士で誘い合って参加した女性や、夫婦での参加も。20~50代と幅広く、主婦から会社員まで職種もさまざまだが、反社会的組織の構成員はいなかった。警察では、5月から内偵を進めていた。
 今後は、パーティーにかかわる金の流れも捜査する。同容疑者は逮捕容疑を認めているという。現場に薬物などはなく、乾杯で使ったのもノンアルコール飲料類ばかりだったというから、ある意味、真剣に行為そのものを楽しむ集まりといえそうだ。ほかの参加者は、参考人として事情を聞かれただけで“放免”となっている。--------------------------
たしかにこのような集まりは売春防止法の隠れ蓑として使われる可能性も否定できないため、内偵をしていたという話はある。ただし調べてみると、同好会の世界であり、規律を極めて高く保っていたというのである。参加者は近畿、中国、四国が中心で参加費は男1万円、女は無料となっているが、実際にはこの集めたお金パーティーの飲食費と会場の借地代で収益はない(どころか主催者の持ち出し)というありさま。パーティーにかかわる金の流れにしても、金銭を払った形跡はないというのである。つまり読み方によっては別件逮捕すれすれになるようである。
もともとは、県警本部に匿名でタレ込み電話があったので、内定を進めていた。このたれ込みであるが、「乱交サークルでは、いい年をした男女が高校生のような恋愛トラブルを起こし、その結果、参加者の誰かが警察に内部告発することもままある」ということもあるため、目的意識をしっかりしないとならないのかもしれない。もちろん外部に第三者の目(これが世論だったり警察だったり)というものがあるからこそ内部統制ができていたため、いわゆる違法行為(薬剤の使用とか)が起こりえない。うーむ企業で言う内部統制の概念が確立されていたということは、私たちも考えなければ成らぬ。すなわち外部に仮想敵を置けば安定するという、東西冷戦や朝鮮半島、ベトナムとおなじであろうか。

法規的な解釈はこの場合グレーゾーンである。
乱交パーティそのものが駄目というのは法解釈的に言うと「表現の自由と公共の福祉」となってしまうと、最高裁まで持っていく内容になりかねない。刑法規定で処罰しようとするからおかしなことになる。モラル違反を処罰しなければならないというなら国際的にも困難な側面があるため、財産犯で処罰するのかもしれない。また、無店舗営業の風俗店営業なら、風営法違反という形になるのであるはずなのだが、これが完全に問題がないような「健全な」営業をしてるとなればこれもだめ。主宰者も自ら乱交をしたわけではなく「幇助」で問題になる。幇助ではあるが正犯がいないということになってるのである。この事例は「金銭を伴わない違法薬物(覚せい剤とかでもなく、マジックマッシュルームがこれに近かったようだ)の譲渡」の場合にたまにあるらしい。いわゆる被害者なき犯罪という概念である。

乱交パーティは,「公然」わいせつと扱われるのは、たとえば「カップル喫茶」で隠されているものの容易に他人の行為を見ることができることである場合にガサいれで現行犯処罰する事例が該当する。しかしこの解釈は判例ごとでかなり異なっている。50人だから「不特定又は多数」の「多数」の方に当るとは必ずしもいえないようだ。4人で乱交パーティをやったとして,公然わいせつになるかというと、基本的にはそうなるという解釈らしい。(事実最近もそういう事例もある。ただしこれは常習性があるという故らしい)但し実際にはそこまでフォローできないからたまたまもれているのに過ぎないといいうことだと聞いたことがある。事実、AVの何百人も集まってやってる乱交シーンは見えない場所・声が聞こえない所でやってるからと言う事らしく、屋上から撮影が見えたためAVスタッフやメーカーが摘発された事件もあるようである。
だから本当のところをいうと、最高裁判決まで行くぐらいの話しにはなりうるのだが、いままではその解釈を最高裁はきわめて旧来の概念にそった解釈にしているところがある。(いわゆる わいせつ三要件

1. 通常人の羞恥心を害すること 2. 性欲の興奮、刺激を来すこと  3. 善良な性的道義観念に反すること
が前提。また、わいせつ概念の無制限な拡大防止には「その時代の」社会通念に照らして判断する前提を語るが、その「その時代の」社会通念てどこで定まるのかが不明)だから判例がくつるがえるかというと難しい。じつはこの裁判官は「その時代の」社会通念に対する状況を「奥さんは・・・怒っていないですか?」で聞いているのである。
-----------------
だからこの裁判結果を私は結構気にしていた。
第一審高松地裁でも、趣味の会である乱交パーティの違法性については議論になる、「公然わいせつ」の定義たる「不特定または多数の人が認識しうる状態だったか」が争点となったようだ。もちろん主催者は「営利目的でもなければ、誰も被害を受けていない」と被害者なき犯罪という概念から主張する。
  「参加者全員がやってるわけじゃない。それに僕はオープンな性格なので、子供に説明します。“(世の中には)そういうことをする人がいるんだ”と」
というわけなのだが、女性裁判官の質問 「奥さんは、あなたがこういうことをしていることを怒っていないですか?」には、被告も弱り果てていた。被告には妻子がいる。そこで、「すべてが分かってしまい、親や妻に迷惑をかけました。もうこりごりです。」といっちまった。本題以前に心情・・・つまり「通常人の羞恥心を害すること」に持っていったのである。
参考:http://news.livedoor.com/article/detail/5244529/
----------------
私が同意しているかはともかく、実際知ってる人にも夫婦で参加している人もいるし、また今回も、私の知っている場合も未婚の人も多くいるようだ。(現場はしらないが)そもそも家庭という概念よりも人間の自主性を重んじる二者択一があって、過程という概念を会えて排除した国・地域だってあるのだ。いつまでも忠孝滅ぶということがいえるのかな。
このように流動的な要素である「倫理」概念をベースにするというのに、この議論は当該者のみが倫理に反していない( 通常人の羞恥心を害すること/ 性欲の興奮、刺激を来すこと/ 善良な性的道義観念に反すること)が前提。また、わいせつ概念の無制限な拡大防止には「その時代の」社会通念に照らして判断する前提であると、じつはすべての行為がそうなる拡大解釈はされうる。脇汗で某アナウンサーが文句をもらっていたが(電力不足で冷房がうまく回っていないという話もある)あれだって、 通常人の羞恥心を害する上に、人に寄れば性欲の興奮、刺激を来し、善良な性的道義観念に反するということさえ解釈されかねない。
警察がそのときに捜査し、売春でなくサークルであることを確認したら厳重注意で終わせるだけであろうが、管理売春や薬など疑っていたとなるとこれは一旦拘束しなければわからないことのようである。
もともと、乱交が悪にされているか、妊娠と病気さえしなけりゃただの娯楽という意見もあるわけだが、このあたりの概念をある程度常に更新されることを前提としていかなければならないということがグレーゾーン。もちろん各々の定義や考えかたはある。しかし、乱交の魅力や倫理的視点のベースの基板のやわさを指摘して、其の上で「子を乱交パーティに参加することも決してr非難されることでない?」というと、立法時に想定されていなかった事件のため尊属殺人が(運用上)否定された、栃木実父殺し事件のような視点もあるかもしれぬ。

|

« 間引き運転実施(しないことになりました) | トップページ | 日曜日食べたよなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/49724529

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣に楽しむ集まり:

« 間引き運転実施(しないことになりました) | トップページ | 日曜日食べたよなあ »