« 見せ付けるのう | トップページ | 工業大学モデル学科 »

酒が飲めない割には

土曜日だから暇かといえばさにあらずというのが私のお仕事である。
朝から業界団体の会合に参加し、午後別の会合のお手伝いということで同行の人と乗った電車では、ある駅で隣の車両に乗ったお客さんが「急に倒れて意識がない」ということで救急車もきて大騒ぎ(このような場合うっかり移動できないので救急車が来ても動かせない状態になってしまう)おかげで40分電車は止まってしまう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
--------------------------------
そのあと、まあセミナーの開催のお手伝いを終わって、日ごろからお世話になっている業務の共同作業者さんとの打ち合わせを・・・とTELをしたら
「今、事務所(江東区)で社員さんたちとホームパーティーしてるんですよ。なんでしたら」

彼は若いのであるがIT系の業務運営や排出権取引情報の公開業務をしている実業家である。開発というより運用業務のほうに才能を発揮している。私自身はIT系の技術はないのだが、運用だとか法規遵守に関する内容、許認可などの問題に関してお手伝いをさせていただいている。とにかく情報の機密性、それとは異なる公的機関に対する公平性を保った公開性などIT系の運営業務には結構難しいことがある。、一方彼にはビジネスソリューションや新規投資案件などの指導をお願いしているなどの関係である。
ところが、今日に限ってはこの前の手術の影響や体調の問題で酒があまり飲めるわけでない。で、菓子折りをもって訪問したのである。
--------------------
ところが行ってみて驚いた、彼の雇用している人は20台の大卒しばらく程度の男女数人だが、おのおのの友達、ガールフレンドやその友達がわんさかいるのである。で、メンバーに一人都内のフレンチレストランでシェフをやってると言う人がいて、ちょっとしたものが事務所の会議室の机上に出ている。乾き物ばかり、酒がなくなったらみりんまで燗して飲む私たちの時代の(貧乏学生の)飲み会ではないのである。

ここに私のようなものが入っても、のりが異なってしまうのである。仕事の話を1時間ぐらいした後、若い人に昔ながらの宴会芸のうち近代化されたものをやって帰ってきた。(AKBの曲浪花節で一節やってきたorz)もっとも女性たちは10時ごろ帰る人もおり(遠距離の人)一方明日が休みだというわけで9時ごろから泊覚悟でくる人もあり、人は常に代わっているわけだ。(ちなみに性的なものは一切ないのでご安心を)私も10時で失礼した。
-------------------
ひとつ気がついたのは、彼らの交流が私たちの時代と違って、非常にスマートではあるが、他方極めてドライ、簡単に接着切断可能な関係であることのようだ。下手すると(あくまで仮定であるが)結婚や離婚という概念にとらわれない生活が向いてるのかなあと思う。もちろんこの形は、個人主義と自己責任の強烈な保持、男女の完全な同権が前提になり、さらに自己責任を求める以上子供に対しても同じことを求めることから、親子のつながりによる教育指導や家族というシステムがまったく崩壊してしまったという副作用も生じているとも言う。(ここから夫婦別姓を否定する議論もある。一歩まちがうと『民法出デテ忠孝亡ブ』といいかねない怖さもあるのだが)
けど、さて200年.300年たったときに、結婚や離婚という概念にとらわれない生活というものがじつは日本に成り立っていかないのかというと、そうともいえない。かつての白川郷の大家族制度のような形態さえ過去の日本社会は包括していたわけで、流動的である。
思い切り不謹慎である。あるのだが、ちょっと私が感じたことがある。
彼らのドライな男女感覚を見ると、結婚離婚概念というのは、急進「家族制度」に反対立場で日本の国是を破壊するまで言われる福島瑞穂議員の意見は、彼女なりの一定の典拠に基づいたストーリーをもっているのかと感じた。それを私が肯定するかは別だし、福島議員の名前が「瑞穂」というのもまた歴史の皮肉だが。
-----------------------

さて、ちょっと都合があり1週間ほどお休みを頂きます。

|

« 見せ付けるのう | トップページ | 工業大学モデル学科 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/50980271

この記事へのトラックバック一覧です: 酒が飲めない割には:

« 見せ付けるのう | トップページ | 工業大学モデル学科 »