« LED照明は電車にはいいのか | トップページ | マニュアルは英語 »

「幸せ」てなんだっけ

----------------------------------引用
「幸せ」尺度、開発本格化=研究会が提言へ―政府   (時事通信社 - 12月23日 15:03)
 国民の「幸福度」を測ろうとする政府の取り組みが本格化している。豊かさの代表的指標である国内総生産(GDP)で中国に追い越されようとしている中、多様な統計を駆使して満足度を捉え、政策立案に生かす試み。専門の研究会が来年6月までに具体的な測定方法の案を示す予定だが、人の幸せには「いろいろな側面がある」(内閣府のW政務官)だけに、議論は多岐にわたりそうだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 内閣府によると、経済指標を超えた尺度を求める動きは世界的に広がり始めている。ノーベル経済学賞受賞者らを集めてサルコジ仏大統領が設置した委員会は昨年、社会的発展を測る指標として幸福度の重要性を提言した。中国とインドに挟まれたブータンは既に「国民総幸福量」を指標として政策に活用。英国も幸福度の計測を検討中だ。

 国内で幸福度への注目が高まったのは、昨年9月の政権交代後だ。鳩山由紀夫前首相が、官民一体で公共サービスを担い、幸せを享受できる社会の実現を目指す「新しい公共」を提唱。菅直人首相は「最小不幸社会」を理念に掲げる。
 政府は今年6月、幸福度に関する統計の整備方針を「新成長戦略」に盛り込み、2020年までに「幸福感を引き上げる」との目標を掲げた。これを受けて内閣府は、経済学や社会学などの有識者らで構成する研究会(座長・山内直人阪大大学院教授)を設置し、22日に初会合を開いた。今後の議論では、諸外国や国際機関での取り組みを調べながら、日本特有の家族観なども考慮し、測定方法を開発する。 
-----------------------------------終了
国民総幸福量という概念の質問のひとつが、幸福という一見非常に主観的に聞こえる概念を国の政策に取り込むことができるのかということである。それこそポン酢やしょうゆがあったら幸せというのだってあるわけだし。何が幸せかという問いに対する答えは、人によってまちまちで、それを政策に取り込むことは不可能に近いというのもある。それにしても、このCMに出てる人は幸せかしらないが、幸せに見えてしまう特技をもっている。


もちろん ブータンの政策の中では、国民総幸福量には4つの主要な柱があるというらしい。

持続可能で公平な社会経済開発
自然環境の保護
有形・無形文化財の保護
良い統治

意外なことだが、この意味で一定のコンセンサスが取れているというのもこの小国ブータンの特徴である。しかも、経済成長で、家族中心の社会生活から、より個人主義的な生活を送るようになったり、大気や水質が汚染されたり、過剰な森林伐採が行われたり、ブータンの伝統文化を忘れた西洋的なものにブータン人の多くはとても慎重だという。
これは仏教的思考があるようで、ある意味これ自体の提唱自体は「日本人」にはわかりやすいかもしれない。

これが最貧国ということならさすがに・・・ということもあるのだが、主要産業は農林業であるものの国土がヒマラヤの斜面にあることをいかし、豊富な水力による発電を行い、インドに電力を売却することによりそこそこ外貨を得ている。このほかに輸出品は鉱産物がある。このようにインドとの協調の中で国家が増大している。また治安が比較的いいこともあるからか、文化・自然保護の観点からハイエンドに特化した観光政策を進めた。つまり現在のところ、極端な外貨導入をしなくても、(日本と仲がいいということもあってODAなどは活発であるが)なんとか存在価値があるともいえる。
更に仏教的精神をことさらに強く持つ国民性は、決して豊かではないけれども勤勉性を持っているともいえる。
もっともブータン人にとって幸せとは何なのかというとこれまた一枚岩ではない。貧しい状況でも、自分の置かれている境遇に満足することが国民総幸福量に貢献することという視点もあろう。ただ意外な人(有吉 弘行)がこのことを「外部情報の取得に対して障壁があるからこういう内向きな視点がでるといういいかたをしていて。うーむと思った。
http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/holder/2010/09/post-288f.html
もちろんこれは国民にも議論があり、経済的にも文化的にも、バランスをとりながら、より高いところを目指そうとする精神は大切という意見もあろう。国外に電気を打っているのもかかわらず、国内では電力供給は不十分で、マイクロ水力発電が意外と活用されているという側面もある。
* ある程度の水量がある  * 昼夜での電力差がない  * 生態系を脅かす心配が少ない
というのは国是にかなっているし
* 河川の土砂・落ち葉・ゴミなどのメンテナンスに手間やがかかる  * 降雨量が少ない年や乾季に、安定した電力が得られない
というのは国民のスキルでカバーできるともいえる側面がある。
まあどっちにせよ、何が幸せかという質問は個人のレベルでも答えを出すのが難しい問いで、まして国レベルでの議論になるとどういう調査にするのか恣意性が免れない。
人生には物質的な富よりももっと重要なものがあると考えるのは、ある意味理解する。しかし、有吉 弘行に言わすと限界まで貧困状態(これは彼は、本邦なら100万円以下に貯蓄額が陥った場合といっているが、実感としてこれは正しかろう)にかかわったら物質的な富よりももっと重要なものがあるというのは意味をなさない。しかし、そこに対してひとつのガイドラインになりうるのが、真の意味での一般教養やその姿勢ではと思う。
人々の幸福の追求に最も適した環境作りを国家の政策の根本として位置づけ、手探りながらもブータンは達成しようとしている。基礎的な教養があるけど発展途上国であるというものがあるなら、世界の中でも独自性のある文化といわれるのうあはそうかなあと思う。(文化圏の研究でも、日本とブータン・ネパールは独自性が強すぎるという見解がある)反対に教養のない先進国てのがあるかは議論の余地があるが。

今年私たちは「幸せ」だったのかなあ。

|

« LED照明は電車にはいいのか | トップページ | マニュアルは英語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/50377771

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せ」てなんだっけ:

« LED照明は電車にはいいのか | トップページ | マニュアルは英語 »