« ぱちもん | トップページ | 能力と年齢の相関関係がないのか »

最近痙攣がひどくて

-------------------------------引用
釈由美子の極細美くびれ、秘けつは麻ひも!ぽっこりおなかに効果テキメン!  2010年12月15日 05時06分(シネマトゥデイ)
 女優・タレントとして活躍している釈由美子が、自身のブログでくびれの作り方を紹介している。筋トレなどさまざまな方法を明かしているが、一番大事なのは地味な努力をこつこつと続けることなのだという。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 12月13日の記事で釈は、雑誌でも紹介したという「下っ腹ぽっこりに効果てきめん」の足上げ腹筋の詳しいやり方を解説。ただ、このトレーニングはかなりきついらしく、その次は比較的楽な方法も伝授。「お腹にはいつも、こっそり麻ひもを巻いてるの」と明かした釈は、「ドローイングって最近、流行ってるみたいだけど、お腹を、常に意識して引っ込めているとインナーマッスルが鍛えられるからキツイ腹筋を沢山しなくてもお腹ぺたんこになります」と美しいくびれの秘けつを明かした。
 それでも、最大の秘けつは「美は1日にして成らず。日々の地味な努力をコツコツ地道に続けることで、20代の頃より自分を誉めてあげられるようになれました」ということらしい。麻ひもを巻くということについても、「着こんだ冬服の下に、こんな地味で地道な努力が仕込んでたなんていじらしいでしょ(笑)」と語っており、地味な努力の上に美しさが成り立っていることを感じさせる。(後略)
------------------------------終了
まあ、体の線を維持するというのは大変ですねえ。私なんかは崩れているからもうだめですが。下腹が出すぎて困っていますので、この前ふと姿見をみて一瞬想起したのがなんとこれ。もともとは都営6000系であり、上記の姿は事故復旧ということだそうだが、(もともとは良くも悪くもこれ)見事に太ったともいえる。
体重増加でこまったのは血行不良というのもあって、腰痛の増加とともに、筋肉全体が相当血行不良になっている状態という憂慮もある。この前さすがに頭が痛くなり、困っていたときにマッサージを偶然受けたら、時々お世話になっている人に「これはひどいですね」というせりふ。全身ががちがちというのである。
確かに私も思い当たるものがあって、寝返りを打つと痛くて飛び起きることがあったのである。その上、半身が麻痺することがしばしばあった。しかしこういうのは医者でどうかなるかといっても、せいぜい電気をかけるぐらいである。一度本当に痙攣がとまらなかったときには注射を打ってもらったが、これは緊急避難である。
---------------------------------
そうなると、腹を引っ込ませるには、おなかにコルセットを配置するというのも手だそうである。ただし、これを(腰痛対策をかねて)実際やってみたことがあるが、半日持たずにベットにダウンしてしまうこと数回、挙句に嘔吐がとまらなくなりやめるはめになった。1週間後にはすっかり体調をこわしたのである。
かくて、くびれは一日にならずというのはよーくわかる。そこで麻のヒモを使うというのはコルセットと同じことなんのだろう。
ただしこのタイトルを見て私は、「秘けつは麻ひ」って、釈由美子はそこまで体をマヒ・痙攣させてまでくびれを生じさせるという、過酷・下手するとSM的な栗山夢衣もびっくりなしごきを、彼女は自らに課しているとまでおもったではないかっ。

|

« ぱちもん | トップページ | 能力と年齢の相関関係がないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/50310581

この記事へのトラックバック一覧です: 最近痙攣がひどくて:

« ぱちもん | トップページ | 能力と年齢の相関関係がないのか »