« 鉛筆削り | トップページ | 需要低迷というよりは商売の見方の差(1/2) »

知識増は楽しいが使えないと無意味?

----------------------引用
理学部→医学部→60歳で文学部 京大3回合格の体験記  2010年9月5日13時21分  朝日新聞
 昨春、60歳で京都大文学部の入試に合格した元医師の男性が、受験勉強の方法や学生生活をつづった本を書き上げた。京大の理学部と医学部の卒業生でもあり、京大生になったのはこれで3度目。仕事や子育てから解放された「アラカン」(アラウンド還暦)の団塊世代に「隠居勉強」の魅力を伝えたいという。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 男性は京都市山科区に住むTさん(62)。今月中旬に「還暦 三度目の京都大学合格記――究極の脳トレは受験勉強――」(ナカニシヤ出版、1575円)(注:京大の教科書や登山書などを出している)を出版する。受験で使った参考書や勉強法に加え、学生生活の様子も紹介している。
 Tさんは、ノーベル賞を受けた湯川秀樹博士にあこがれ、高校卒業後の1968年に京大理学部に入学した。だが、公害が社会問題になっていたころで、科学の限界も感じた。「後悔しない仕事がしたい」と思い直し、卒業した年に医学部を受験して再入学した。

 30歳で卒業してからは、消化器内科の医師として働いてきた。2000年から今春までは、奈良県天理市の天理よろづ相談所病院で消化器内科部長を務めた。
 アラカンでの大学受験を決意したのは在職中の07年夏。認知症を患う母を介護する時間を作るため早期退職することにし、空いた時間を生かして大学で勉強に取り組むことにした。
 「趣味として学べる」と考え、3度目に選んだのは文学部。「医師を辞めるのはもったいない」と反対する友人もいたが、妻からは「好きなように、したいことをしたらええ」と励まされ、4人の子どもも応援してくれたという。
 仕事が一段落した08年春、受験勉強を始めた。医療現場は多忙を極め、帰宅は午前0時を回ることもあった。週末は母の介護もあり、まとまった時間を確保しづらいのが悩みだった。電車通勤中の往復2時間が勉強時間になった。
昨春の入試に合格して入学したが、仕事の調整がつかず1カ月でいったん休学。今春退職し、本格的な学生生活に入った。前期はフランス語や科学哲学、科学史など週に16コマを受講した。
 40歳近く年下の学生に交じることには戸惑いもあった。でも、「みんな友達感覚で受け入れてくれた」という。同級生からつけられたニックネームは「くわ君」だ。
 楽しみながら突破した難関。「受験勉強は趣味。知識が増えることが楽しい」。同世代にもエールを送る。「人生は一度きり。元気なうちに、やりたいことをやるべきです」
---------------------終了
もともと学習意欲が強い人なんでしょうな。ちなみに「天理よろづ相談所病院」は天理教がかかわっている総合病院であるが高度医療という意味でも高い評判をもつ病院である。(そのため、この人が天理教の信者とは限らない)したがってそこそこの職務能力を持った上で職務を遂行し、自分の行動全体に目的意識と行動力が強い人と考える。また、このような意欲があるということは,学問を志す若年者など第三者に対し学習の社会的意義を考えさせ、若年者に意識付けを与えるんではと思うのである。つまり学習の機会はその意欲によって人生のいたるところに、いたる時期にあるわけだということである。こういう意識は死ぬまで持っていたいと私は思っている。

ところが、私の感心しているところに冷や水をかける場合もある。何人か「とんでもない」という意見を言う人が居た。

(1)まずもともと学力が高いし高等教育を得る基礎素養が現段階であることは否定しないが、60歳になって学習するという場所において、大学という場所(しかも国立大学という場所)を使うということはいかがなものか。
ここで得た知識を社会に還元することが、大学における教育の目的である。(高い目標への寄与、一般の社会の知識の普及などその手法はいろいろあるが)しかし、65歳以降にこれを反映する場所は少ない。もちろん社会的な地位もあり基礎的素質はあるから効率的な反映はできるのだろうが、いかんせんその時間は高々10年である。教育を公的費用にて行う必要性が果たしてあるのか。さもなくば、なぜ私学による自己費用を持ってまかなう大学を選択しなかったのか。

(2)なぜ、大卒の資格をもっているのだから、教養科目免除で、3年編入の形をとらなかったのか(ただし2年で終わるわけではないのは前提。大学によっては専門科目を2年次に前倒しするため事実上2年で卒業できないこともある)。

(3)確かに継続教育は重要である。ただし既存のスキルを向上させるということも学習の目的になりうる。学ぶ行為そのものを目標とすることは、人生を豊かにするという行動で否定はできないのだが、目的が大学で知識を得ることになってしまい、単に目的がすり変わってしまっている。教養育成としては有効でも、専門教育という経済的意味では無駄な出費を社会に強いていないか。
なお大学院入学という場合や高卒の人が改めて大学進学という場合は、今までの研究成果・社会人経験の集成という見方もあるので、60歳での入学に経済的価値は多くはあるし、学士・学位取得が再就職の前提という場合も多くは否定できないのであるが、かれはすでに理学士と医学士(もしかしたら医学博士)であるということもあると、あらためて文学士を狙うのは当人の満足以外に意味があるのか。

(4)大学を出た知識が20年その後の各自の専門技量に生かせ、またそのモチベーションがあったうえでの自己啓発の源になるとすると、先に示したように、40台までの大学再入学は再教育やスキルアップの効果が社会にあるが、60歳代となると、さてどうなのか。さらに彼の入学によって若年者の入学者が少なくなったと考えると、後継人材育成の機会損失を社会や(この場合は)国家に強いていることになる。
----------------------
なんと、投資回収という概念でこの行為を考えると、無謀というよりも社会的損失とか若年層に対する「いじめ」ということを言うせりふが出てきた。私はこれには困ってしまった。
要するに継続教育は社会性という意味では価値はあるのだが、生産性ということですべてを経済的活動に置き換えその値付けを金銭で行うと、無駄という評価になってしまうというのである。これは専門教育が経済的に価値創造を行い、リベラル・アーツは価値創造を行うための動機付けを一般の人に与える人材という見方なのだ。
日本を含む東アジアでは大学におけるリベラル・アーツの取得は、リベラルアーツを普及させるインフラとして認識されるのと、リベラルアーツを普及させる行為を普及させることを専門教育の資質としてあてがわれることが多いようである。(法学部などの実学系はかなり明確である)が、もともとリベラルアーツの価値を高く取れない傾向が高等教育に求められるのは科挙の成り立ちが普及した影響という。だからこそこの価値設定が日本を含む東アジア特有になるのであろう。
投資回収期間で考え、長生きする可能性があるかなしかという確率論まで出てくると、社会の損失を促したという解釈も「合理的思考」なわけである。そしてこの場合の「知識が増えることが楽しい」ことを目的とする、高齢者の教育は、利益の創出の意味合いは低く、あくまで外部の経済活動には影響を与えず、個人の満足度にしか意味を持たない、マスターベーションという解釈になる。
---------------------------------------
今の科学技術は社会性が必ず求められる。こうなると確定された価値を生み出さない行為は意味がないということになる。同じ原稿用紙に書かれた文章の束も、その中身で有価か、反故かとなるようなものである。かくて、たとえば事業仕分けの中でも金銭回収のみの視点にたったらすべての研究が無意味となる解釈もまた合理的とみなされる。
けど、その価値基準だけで判断するということでいいのかは、やはり一度立ち止まって考えることが必要ではないだろうか。合理的という目的意識は絶対神ではないのである。

|

« 鉛筆削り | トップページ | 需要低迷というよりは商売の見方の差(1/2) »

コメント

こんにちは。昔、夜間の専攻科というのがありまして、電気・機械・化学・建築のすべての学科を修了したおじいさんがいました。とても熱心でしたが、その知識が社会に還元されたかどうかはわかりません…。

投稿: KADOTA | 2010年11月 4日 (木曜日) 17時30分

そういえば専攻科てのがありましたね。それなりに存在意義があるとは思っていたのですが。

私の見方ですが、社会に還元するといってもその「効率」を極めて高く見込んで、享受者を選別するということが、本当に有意な行為かは疑っているのです。

投稿: デハボ1000 | 2010年11月 4日 (木曜日) 20時02分

アラカンのSUBALです。
学ぶという行為を、社会への還元効率からのみ見るなんて、ずいぶん貧乏くさい話ですね。ノーベル賞の鈴木氏のインタビューで、「これが何に役立つのですか?へー液晶テレビですか」が毎度も繰り返されたときにも貧乏くさくていやになっていました。
学びなんてかなりの部分遊びだと思いますし、遊べる社会こそ豊かだと思うのです。
私も、隠居後はこれまでとは違うことを学びたいと思っています。ただ、大学に入りなおしてという選択は、文字道理金銭的な貧乏で難しそうですが・・・。

投稿: SUBAL | 2010年11月 6日 (土曜日) 09時26分

財界人や経済学の先生などと話をすると、科学研究費の有効利用という目的に対して、回収可能性の高いものに集中投資するのは、至上課題といわれますね。要するに貧乏くさいならまだしも、貧乏になれば学習という先行投資なぞは簡単に吹っ飛ぶという視点です。
遊べる社会をつくるには、豊かであることということでしょう。
「これが何に役立つのですか?へー液晶テレビですか」を繰り返すこと自身が、実利追及の人の目的であり、仕分けなどの立場で議論する論客はこの視点でみていますから、先行研究に対し効果を見いなさないというのはあるいみ当然でしょうな。

投稿: デハボ1000 | 2010年11月 7日 (日曜日) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/49362020

この記事へのトラックバック一覧です: 知識増は楽しいが使えないと無意味?:

« 鉛筆削り | トップページ | 需要低迷というよりは商売の見方の差(1/2) »