« 君の電車は一千五百ボルト | トップページ | 観念による動機付けと成果による動機付け(2/2) »

観念による動機付けと成果による動機付け(1/2)

http://allatanys.jp/B001/UGC020001820100825COK00622.html
エコキャップ運動が投げかける問い  2010年08月26日 安井 至 (独)製品評価技術基盤機構理事長、東大名誉教授
 最近、学校や職場で、ペットボトルのキャップを集め、それを売ったお金で開発途上国にワクチンを贈ろうという運動が急激に普及しているという。
 ペットボトルの本体はリサイクルに回すことができるが、キャップは、自治体によっては回収の対象になっていないところもある。どうせ捨ててしまうものが、ちょっとでも有効活用されるなら、というモッタイない感覚、さらに、さりげない形での社会貢献を好むという日本人的感覚の両方にピッタリとマッチしてるのが、普及の理由と言えるだろう。
 しかし、一部では問題も起きている。その理由は、リサイクルをすることの価値を検討してみれば、すぐに分かることである。
ブログランキング・にほんブログ村へ

○貢献とコスト
 ペットボトルのキャップは、ポリエチもしくはポリプロという名称のプラスチック製である。キャップ1個が2.5gぐらい。現在、平均的な日本人だと、年間200本程度のペットボトルを購入しているため、年間で約500gのキャップを捨てることになる。 ボトル本体はもちろんPET樹脂製で、大小取り混ぜて平均的には30g/本程度である。年間、6kg程度のPET樹脂のお世話になっている。 キャップの材料であるポリプロなどの新品樹脂の価格は1kg100円程度以下なので、ざっと50円分を無駄にしていることになる。キャップを大量に集めれば資源になるのも事実で、1kg15円ぐらいで引きとってくれるようだ。500gであれば、7.5円ということになる。しかし、ワクチンに変えるためには、やはりNPOの活動も支援する必要があり、その分を差し引けば、1年分のキャップ500gで5円程度の寄付をしたことになるだろう。 ここまでの検討では、寄付金額がかなり少額だとは言えるが、だからといって特に問題は無いように思える。
 ところが、実際には、隠れた費用が発生する。それは輸送費である。この活動を主導しているNPOのエコキャップ推進協会は、さる運送業と提携をしていて、20枚3150円のダンボール箱を買えば、6kgのキャップ入り1箱の輸送を420円で引き受けてくれる。ダンボール箱の費用を加えれば、577円の輸送費がかかるが、寄付金額は、一箱6kgで60円程度である。輸送費が圧倒的に大きく、寄付額の9.6倍という計算になる。それでも良いではないか、という考え方も成立する。環境面の価値があれば、それも理由の一つになりうる。そのNPOも、1kgのキャップを燃やせば、3150gの二酸化炭素が発生する、とリサイクルの別の価値を主張している。
 リサイクルにも輸送や粉砕、洗浄などにエネルギーが掛かるため、多少割り引いて考える必要はあるが、推測だが、1kgのキャップをリサイクルすれば、2000g程度の二酸化炭素の発生を抑制している可能性がある。 しかし、さらに考えると、リサイクルされたプラスチックで製造される製品は、ほぼ使い捨て製品であり、リサイクルといっても、2サイクル、すなわち、資源を2回有効活用する程度にしかなっていない。それでも、何もしないよりはマシだ、と正当化ができない訳ではない。
○日本人以外はやらない?
 しかし、日本人以外だったらどうするだろう、と考えると、恐らくこのパターンの活動はやらない。
 欧米人の場合、まず第一に問題にされそうなことが、「こんな面倒な手続きを経ることなしに、単純に寄付をすれば良いではないか」、だろう。
 特に、寄付金の11倍もの輸送費を掛けることを問題にする欧米人が多いだろう。それは無駄だと断定されるだろう。
プラスチックの環境負荷
 さらに環境負荷面での貢献度の小ささが問題にされるかもしれない。プラスチックという材料の特徴であるが、もともと石油であり、炭素と水素から出来ているため、資源的というか、元素としての価値は少ない。
 そのため、プラスチックがゴミになったのを見てモッタイないと思うならば、実は使うのを止めることが唯一の方法である。プラスチックは、使ってからリサイクルをすれば良いという種の材料ではない。現在行われているプラスチックのリサイクルは、ペットボトル本体を除いて、資源再利用のためというより廃棄物処理を合理的に行うためのリサイクルと言える。
プラスチックは便利だから使うが、別の方法で石油を節約するという方法があれば、それはそれなりに成立する理屈である。500gのキャップを捨てるのが気になるなら、そのキャップを作るために、だいたい1kgぐらいの石油を使っているので、それに相当する1.4リットルのガソリンを節約することで、環境負荷面を補うという方法論、代替法とでも呼ぶことができる方法があり、これでも効果は全く変わらない。
 しかし、この代替法という方法は、やはり目の前のモノがムダになることが気になる人に対しては説得力を持ちにくい。「目の前のモノがモッタイない」。これも、どうも日本人が特異的に持っている感覚のようで、プラスチックの環境負荷を考えるときに厄介なことの一つである。
 北海道のある学校では、無邪気にキャップを集めたものの、その輸送費が余りにも掛かることが判明し、大問題になったようである。それも、当然の指摘である。
 上述のようななんらかの代替法で良いと考えるのならば、集めたキャップを遠方のNPOに送る代わりに、地元で適切に処理をし、集めた輸送費を全額寄付に回すという代替法の方が、寄付総額が12倍になるので、望ましいと言える。
 しかし、このような代替法が良いと言える日本人は少ないように思える。(後略)
---------------------------------------
じつは、この安井さんの言っていることは最後に、そもそも無駄なもの(それは飲料にペットボトルを使用する以前に飲料を購入するさいにペットボトルを選ぶということ)を使用するという根源的なところを話しているわけで説得力を持つことではある。ただし、そんな非効率なことをしないといっている欧米人が、ではどういう寄付行為をするのかというところに関していうと直接的に寄付をする人は・・・というと寄付をするに値する収入のある人に偏るか、ないしは宗教的規律の中で一律に徴収するかということしかないような気がする。

ついぞ寄付をするという行為は、たとえばダイレクトに100円をある団体に寄付したら、それが全部用途先に反映されることを前提として考えがちである。しかし、寄付のうちかなりの行為は安井さんの指摘のように経費によって滅却されるようである。たとえば専従者給与、事務光熱費、銀行の取引送金費用というものは膨大である。ここは安井さんも指摘しているように当然の支出として考えるであろう。
ただし、寄付行為に対して「特に、寄付金の11倍もの輸送費を掛けることを問題にする」ということに対して縮減の努力をしているところが多いようである。それはバランスシート的な比較がかなりかかってくる。
まず、輸送費を縮減するということであるが、最近は宅配便会社がこれらのキャップを収集しに来るようにしている場所が出てきた。たしか飛行機貨物輸送で荷物の隙間が出たときに余裕があるときに入れてくれるという納期が確定しない輸送契約があるそうだが、これに近い形の集荷をしていることもあるらしい。これは運送会社にとっては遊休施設を使うのでそうコストアップにならないという側面もあるらしい。
しかしそれでも燃料はそれなりに使うわけである。また、ジュース会社がこれらの容器を回収するという場合もある。この手の配送トラックの上に廃棄物を載せた車が走っているのは見たことがあるだろう。これらもエネルギーと人件費を多少は負担し、飲料の代金に転嫁しているともいえる。だから、根本的な輸送費用の縮減をすること自体はどこも苦労しているようである。
また、このペットボトルも容積減少による輸送代金の縮減と、材料粉砕による2次使用の便を図って後者のジュース会社からの回収のものは粉砕業者にわたして委託加工をしてもらっている。何社かこういう企業を見せてもらっているが、ラベルの剥ぎ取り、圧縮(このとき内容物の洗浄排除)、細かく粉砕、大きさと成分による遠心分離を行う。ただしこれはある程度スケールメリットがなければならないという。自動機1台で相当量の処理ができるようにして居るのだがこれは人件費を最低1人として処理量を増やさないと、経費が捻出できないというのである。
このようにもともと樹脂を再利用するという前提でかなり中間工程がかかるということはあり、そこでの中間の経費は、必要最小限の人件費になるということは考えなくてはならず、さらに輸送費はかかるともいえる。
----------------------------------------
ところで、考えなければならないのは、一回末端に回って使用された樹脂を回収するということが静脈産業としてなるということは、そこに必ず『人』が雇用されなければならないという前提であることだ。そして上のように、そのコストは基本的には購買する製品にいくらかは上乗せされているし、上乗せされるものを「衛生面」「ハンドリング」「保管性」などを承知で買っていくのは普通であるため、購買者はすでに静脈産業の人件費を不十分にせよ一応は負担しているのであろう。たとえば麦茶の500CC紙パックが60~90円、ペットボトルが70~150円と言う相場のようで、そこそこのコンビにではどっちか選べるのだが、それでもこまめに密封でき、持ち運びできるペットボトルのほうが常に売れるという話も聞く。(なお環境負荷という意味だと、木材を消費していても紙パックは最も低いというそうだ。最も環境負荷の多いのが輸送コストがかかるビンだという)
ちなみに私は最近は出先でも数時間居るようなところでは、紙パックを進んで買っている。あちこち回る外出時にはペットボトルが多い。一時期水筒を買って使ったこともあるのだが、通勤時に混雑した電車の中で割れるとか言うことがあまりにも多く、また朝入れていったお茶が夕刻には傷んでいたことも何回もあって、やめてしまった。家や事務所ではお茶を少量沸かすことは多い。また、現実には水道水を出先で飲む(自販機で水はあまり買わないのだが、電車の中の場合、衛生上最近は水を自販機でしか扱わないとかあるいし、管理状況の悪い水では私は吐き気などで気持ち悪くなるとか腹痛を誘発することもよくあるため)にしてもできる限り、お茶にする以外のまないようにはしている。
ただし、ここで大きな違いがないだろうか。(続く)

|

« 君の電車は一千五百ボルト | トップページ | 観念による動機付けと成果による動機付け(2/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/49284722

この記事へのトラックバック一覧です: 観念による動機付けと成果による動機付け(1/2):

« 君の電車は一千五百ボルト | トップページ | 観念による動機付けと成果による動機付け(2/2) »