« 既存技術を再構築(2/2) | トップページ | アカハラとパワハラ(1/2) »

カフェテリア・カフェテリア・伝統芸能カフェテリア

------------------------引用
出勤のエキナカ 回転朝食で充電  うず潮東京本店(東京駅)  2010年4月3日 東京新聞
 朝食は一日の活力源。通勤途中でもしっかり食べたいソトアサ族の胃袋を「うず潮東京本店」が応援。
 JR東京駅構内にある同店は、昼夜は回転寿司店。朝だけ「回転朝食」の店に様変わりする。レーンに載って回ってくるのは焼きザケ、卵焼き、冷ややっこ、納豆など約13品。その中から3品が選べ、丼ご飯、みそ汁、焼き海苔付きで500円。主食、主菜、副菜のバランスが取れたワンコイン和食で、ビジネスマンの健康と財布をいたわる。一番人気は魚のあら煮。寿司ネタとして使わない部位を活用した同店ならではの看板メニューだ。
 「日本人がほっとする旅館のような朝食を再現したかった」と同店を運営するジェイアール東日本フードビジネスの森大祐さん。熱々のご飯とみそ汁は着席とほぼ同時に運ばれ、支払いはSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)など電子マネーもOK。朝にうれしい時短サービスも人気の理由。
 「行ってらっしゃい。気を付けて」。帰り際には店のスタッフたちからの一声に気持ちも満たされる。上野店でも実施中。
------------------------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ
がっつり朝食べたい。と言うときはある。

朝早めに外に出なければならない、しかしときは、家の中で朝食が間に合わないこともありこのてのお店を利用する。もっとも朝起きてすぐは私は食べられないという胃のほうの事情もある。
上記の「朝食は500円でご飯(大盛り可能)と海苔とお味噌汁がデフォルトでついて、後は回っているお皿から3品選ぶ」システムは東京駅のパターンであり、この店は同じ商号で同じ会社の経営であってもシステムが一緒じゃない。
東京駅の店では、店に入るとすぐ500円を払って、席に着き、ご飯や味噌汁が用意され、後は回っているお皿から3品選ぶのだが、品川駅構内の店はまた違っている。席に着きでデフォルトでご飯、海苔そしてお味噌汁(320円)が用意されている。後は一皿50円、100円、150円と回っているおかずの中から選んでいる。食べていると、お味噌汁を持ってきた店員がやってきて、おかずの金額や種類を書き込んだ伝票を斜め後ろからテーブルの上にと置き去る。店を出るとき伝票をレジに持って行き、お金やSuicaで精算して店を出る。
一汁一采に味付海苔付きで320+100円と言う見方は、ファーストフード店の朝食セットに比べると選択肢があるが、高いともいえる。しかし、この品川の店は以前は相当込んでいたが、周りの店(多くはジェイアール東日本フードビジネスの経営)も朝カレーとかをはじめたりしていることから分散気味である。とはいえ、基本料金は一番安く、朝からパンではちょっと腹が持たない(とうのは昼が取れないことがあらかじめ想定される出先がままあるので)と言うときはここを利用するのである。
ところでこのうず潮全体として朝食の売りは「あら煮」である。すしの裁いた後のあらと大根とを煮た物が私は好きである。家庭であらばかりどさっと買い込むわけにも行かない一方、最近の居酒屋ではおいているところも少ないので、重宝している。けど品切れも最近はあるし、なんといってもここは魚をセントラルキッチンでさばいているよなので、どこかで調理してるんだろうとは思うが。

ところで、この伝票方式の計算は、回転寿司の皿による計算方法と同じ手法ではあるが、どこかで経験したこともある手法である。そうそう、安くたくさん食べられる店という基本コンセプトで北関東以北にある「はんだや」でやっていたシステムである。Gete_2ここはセルフ方式 の店舗がメインになっているが、私がよく使っていたころ、昔から営業している店は、食べ物を冷蔵庫や棚から取りそのままお金を払わずに 空いている席に座り、そのまま食べ始める。しばらくすると、店員が無言で斜め後ろ辺りに寄って来て、食べているものと金額を定型伝票に書き込んでから伝票を斜め後ろからテーブルの上にすっと置き立ち去る。そこで、食事がすんだら下膳口に下膳して(これは「回転朝食」では店員の仕事)、伝票をレジに持って行き精算すると言う形であった。いまは最後に残った店も都市開発で閉店し、一般的なカフェテリア方式のみになっている。それでなじみがあったんだ。この伝統芸のような清算方式(これは人と話をせず黙々と食べると言う人には気楽である)をここで体験するとは思わなかったという感慨がある。となるとできればこういう表記があると(爆)。
なお、これはハムレット第一幕からとったものでゲーテの言葉ではない。もとがこういうものだという。Poro
しかし、ゲーテと言う人は、ヴァイマール公国の大臣になり産業振興と文化政策を指揮して、かつ戯曲の執筆などもあったからだろが国営劇場の総監督としてシェイクスピアらの戯曲を上演して文教政策としていた時期があった。しかも、とかく金言を残したと言うイメージがあるからなあ。
-----------------------
あと一つ。朝食は評価するがそれ以外の時間帯は(以下自粛)

|

« 既存技術を再構築(2/2) | トップページ | アカハラとパワハラ(1/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/49188779

この記事へのトラックバック一覧です: カフェテリア・カフェテリア・伝統芸能カフェテリア:

« 既存技術を再構築(2/2) | トップページ | アカハラとパワハラ(1/2) »