« 白熱した正義の議論 | トップページ | 「卑劣」きわまる行為なんだそうな(1/4) »

機械要素技術展

東京ビッグサイトでやってる第14回機械要素技術展(http://www.mtech-tokyo.jp/)にいってきました。(2010年 6月23日(水)~25日(金))
同時に行っている第21回 設計・製造ソリューション展 のほうが今回は私にとっては情報収集のため必要なのですが、全体を歩いており(3時間歩きぱ結構体力を使います)何しろ広いものですからしっかり、股ズレで困っております。(余談ですが、ズボンの内股の部分に穴が開いてしまい高級な背広も買いにくく・・・代えズボンが2本ではすまない・・・困っています。やせればいいじゃん! という解決方法はこの段階ではスルーの方向で)
第18回 3D&バーチャル リアリティ展もやっていましたが、ちょっとゲーマーでにぎわっていたので、3Dデジタイザ・2Dデジタイザだけ見て帰ってきたのです。
最近、日本人以外の客層がほとんどと言う展示会も多いですが、今回はそこまで使っている言葉が種々と言う感じではない展示会で(しかも混んでいる)ありました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
機械要素技術展ではこういうものがでているのです。

●洗浄フェア       ●部品供給・検査フェア
●大物・厚物加工フェア     ●微細・超精密加工フェア
●工具フェア       ●モータ フェア
●油空圧機器フェア   ●機構部品・関連製品フェア
●モーション技術フェア ●ねじ・締結技術 フェア
●ばね フェア       ●機械材料・加工技術 フェア
●バリ取り・表面仕上げ フェア  ●試験・計測機器/センサ フェア
●表面処理・改質 フェア ●医療機器 開発・製造技術

私はこういう分類をしたとて、ほとんどのものは従来からやっているものに表現を変えてものではと言う認識を持っていて意味があるとは思わないです。ただし、これらの品は要素技術であって汎用性も高いし、種々の可能性が受手側から提案できる側面があると考えます。
栄枯盛衰は世の習いですが、有名どころの展示会でも、出展者はそれなりにがんばっているのですが、技術的発展や、機械の二次使用(つまり、他の機械に組み込んだり、新たな製品を作るところまでさかのぼって提案したりすることができない環境で業界がある場合、低迷している例も多いようです。
-----------------------------
さて今回は、ねじのところもしっかり見てきました。意外なのですが、海外のものが大量に入ってきて機械部品の変質化が進んでいるのですが、国内のねじメーカーがここに対してはほとんどのような気がするのです。特にゆるみ止めに関しては国毎に流通しているものが違うのかもしれないのですが。
もっとも国内で使うものは国内で組み立てを行うものになってるのかもしれません。そうなると組立工程の海外流出は結構きついかもしれないですね。ともかくカタログと試供品をもらってきてます。
また、中小企業の受注団体の展示がいつも以上に存在感をまし、非常に目立ちました。もちろん中国や韓国の団体もありますが、どうしても大田区・長野県(南信地区の複数の団体)、新潟県、群馬県、京都府、というおなじみの団体が存在価値を示している。確かにこの形で、外部に広報しやすくなったと言うところがあるのだろう。

それと大手企業のブースでは、キャンギャルさんがこのようなある意味玄人さんばかりの展示会でも多くなりました。「写真とらせてください」ということでモデルになっている人も何シーンか。ただし、大方の企業は社員さんが女性でもされており、個人的には正直言うと、展示会の本質を逸脱していないことから好感が持てます。一時のモーターショーを思い出すようなことにはあまりしたくないですな。
もっとも、キャンギャルさんも職分を果たしている方がほとんどではあるのだが、残念ながら、化粧や付けまつげを見ていると、こて絵(左官職人がこてで仕上げていく漆喰を用いて作られるレリーフ。顔料は土や岩とか焼き貝殻の粉末、黒はまつやロウなどのススとか墨を砕いたものなど工夫があった)を想像してしまった方もいないわけではないです。CADやデジタイザーのブースを見ながら考えると、化粧というのも造形美術というので、3Dプリンターに近い「盛り」をするのかと・・・。

|

« 白熱した正義の議論 | トップページ | 「卑劣」きわまる行為なんだそうな(1/4) »

コメント

こんにちは。要素展、今年も楽しんできました。確かに大手ねじ商社でも海外取引をしているところは少ないです。やや小さなところで手がけているところはあります。

こちらの社長さんと知り合いになりまして、これからアジアのねじ貿易について、いろいろ勉強したいと思っています。
http://www.asiaplanning.com/japanese/index.html

投稿: KADOTA | 2010年7月10日 (土曜日) 21時24分

KADOTAさんはいつも間口が広いですね。

ねじ商社などでも代替わりが進んでいますが、品質保証体制を構築できる商社は在来の業者でも少なくなった気がします。(これらの商社は納期・価格はともかく品質保障はメーカー任せ気味)
QCDが整えられるなら、中小商社に多くの商機があると思いますね。

投稿: デハボ1000 | 2010年7月11日 (日曜日) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/48705935

この記事へのトラックバック一覧です: 機械要素技術展:

« 白熱した正義の議論 | トップページ | 「卑劣」きわまる行為なんだそうな(1/4) »