« 設備は固定費であり固定概念である(1/3) | トップページ | 設備は固定費であり固定概念である(3/3) »

設備は固定費であり固定概念である(2/3)

(承前)
かつて、メーカは客先の予算に合わせて高級機でも値段を下げて販売をしてまで売っていた。ユーザーが求める仕様に合い、なおかつそれに見合った値段の機械を開発すべきである。しかし、従来は主なユーザーがなんらか自動車産業の影響があるところになっており、さらに自動車産業が出資したり、自動車産業が仕様を提示して、開発費用を一部負担し、その見返りに標準化仕様を迫るというのが主なユーザーのニーズ把握になっていたといえよう。
旅客機の開発に「ローンチカスタマー」というのがあるが、メーカーに製造開発を踏み切らせる充分な規模の発注をして、製造計画を成り立たせる顧客というのが、自動車メーカーだったり建設機械メーカーだったり、製品によっては精密機械メーカーだったりするのである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ところで中級レベルの機械で加工しても良いもののほうは、製品が安定化され、条件変更がそう多くない生産技術的検討が確立された量産性の多い品物の加工では成り立つのである。けどそれでは、工作機メーカーは成り立たないことが多い。というのは、高級機のほうが利ざやが大きく、むしろ、中級機のほうが赤字まで出して販売するしかないということがでだしたのである。

中級レベルの機械は、ラインアップの一つとして、大概の工作機メーカーがそろえているが、これは旧来の製品の図面を利用することで、設計費用を削減することで廉価を保っているようなものである。しかし、実は製品価格は同じで、購入する部品などは同じようにするとしても、決して部品価格は下がらないし、それ以上に人件費が上がっていく。
もっとたちが悪いのは、既存のパーツが製造不能になった場合代替部品に組み替える設計変更をおこなうため、設計者はこのような旧来の製品でも雇用を必要とするのであるが、この人員の維持が大変である。大概は開発人員として維持するのであるが、新規製品を設計しない企業ではこの人員を雇用する余地がない場合が多い。このため中小の企業で意欲的な製品を作って長年企業活動をしていても、生産技術者のみが在籍することになり開発技術者が雇用されず「流動管理」をする人員と費用(人件費)がなくなり、生産中止に追い込まれる場合も多く、このような企業が結構失われているのもある。
このような事例を回りに見ると、中級レベルの機械を継続的に作っていくことが、企業継続の前提から考えると「人件費比率が製品単価に対してきわめて大きい」きわめて日本では難しいのではと思う。企業継続の前提がない場合(つまりアフターサービスがないなどの保障が難しい)ならこの事業は成り立つ側面はある。プレス機械に関しては、アフターサービスや修繕補修専門の技術サービス会社にとっては、むしろ旧式のプレス機械のほうが得意な側面もある。(そこに着目した企業もある。)このあたり日本におけるエレベータの市況に似てる側面があるかもしれない。(続く)

|

« 設備は固定費であり固定概念である(1/3) | トップページ | 設備は固定費であり固定概念である(3/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/48248837

この記事へのトラックバック一覧です: 設備は固定費であり固定概念である(2/3):

« 設備は固定費であり固定概念である(1/3) | トップページ | 設備は固定費であり固定概念である(3/3) »