« 一人では危ない | トップページ | 酒は裏切らないとは »

信頼してくれ

----------------------引用
北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で 2010.2.12 11:34  産経新聞
 北沢俊美防衛相は12日午前の記者会見で、陸上自衛隊第44普通科連隊の隊長が「『信頼してくれ』という言葉だけで(日米同盟は)維持できない」と発言したことを受け、この陸自幹部の処分を含めて対応を検討していることを明らかにした。陸自に対し詳細な事実関係を調査し、報告するよう指示している。
 北沢氏は「(自衛隊の)最高指揮官の言葉を引き合いに出していることから、何らかの処置をするつもりだ」と指摘。さらに「意図がなくても、国家意思にかかわることを指揮官として公式にいうことに対する規律の問題など、シビリアンコントロールの観点から、きちっと整理する必要がある」と強調した。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 鳩山由紀夫首相が昨年11月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、オバマ米大統領に「トラスト・ミー(わたしを信じて)」と述べたことが国内外で批判を受けた。陸自幹部は「首相の発言を引用したり、批判したわけではない」とコメントしているが、北沢氏は首相の発言が念頭にあったと断定した。
 陸自幹部の発言は10日、宮城県の陸自王城寺原演習場で始まった米陸軍との共同訓練開始式での訓示の中でのこと。
------------
不適切発言で陸自幹部を文書注意 「『信頼してくれ』では日米同盟維持できぬ」発言で防衛省 2010.2.12 23:03  産経新聞
 防衛省は12日、日米共同訓練の開会式での訓示で「『信頼してくれ』という言葉だけで(日米同盟は)維持されるものではない」と述べた陸上自衛隊第44普通科連隊長の中沢剛1等陸佐に対し、幹部自衛官として不適切な発言だったとして、文書で注意した。
 防衛省は中沢氏からの聞き取り調査などを実施した上で、「政治や外交を軽視すると受け取られかねず、首相発言を批判していると誤解を招く発言だ」と判断した。中沢氏は「結果として誤解を招くような発言をし、申し訳ない」と釈明したという。
 鳩山由紀夫首相は昨年11月の日米首脳会談で、米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、オバマ大統領に「トラスト・ミー(私を信じて)」と伝えていた。中沢氏は「首相の発言を引用したり批判したわけではない」とコメントしたが、北沢俊美防衛相は12日の記者会見で、「最高指揮官(首相)の言葉を引き合いに出していることから、何らかの処置をする」と述べていた。
-------------------終了
たしかに文民統制という考え方では、これはまずいんですね。
第二次世界大戦以前、東条英機にせよそうなのだが、軍人が内閣総理大臣を務めることが多々あり、そこが軍国主義の道に進んだということもあって、、日本国憲法第66条第2項には「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。」と規定されている。
ところで「文民」とは、「一般市民」、「文官(一般公務員、警察官を含む)」、「非戦闘員(銃器を所持しない者)」のニュアンスを持ち、「軍隊(現在の日本においては防衛省・自衛隊)の中に職業上の地位を占めていない者、もしくは席を有しない者」を指すと考えられる。ただし、たとえば防衛大臣のような政治家は職業上の地位を占めていないともなされ、一方、「防衛省の官僚」は、自衛隊法上の自衛隊員ということである。つまり自衛隊員が政治的な発言をすることは、文民統制の前提がある資本主義のなかは議論を待たない絶対条件というのである。とはいえ、文民統制であれば不合理な戦争がおきないということではなく、また国によっては時に逸脱する行為はあったようだ。
---------------
その意味で、文民統制から外れた行為を、ちゃんと処罰・・・でなくて評価付けして判断すること自体は仕方がないことなのだが、これが一つの団体においては、職務遂行能力の低い団体になってしまうことがたびたびある。全部が全部とは言わないが軍においてモチベーションがすざましく落ちるということから、問題になるのはまたあるのである。指揮官にとっては悩みのたねだそうで。
もっとも、それを分かっている以前に、この発言をどこでしたのかということなのだが、
日米共同訓練の開会式(宮城県の王城寺原演習場(大和町、大衡村、色麻町)での実施)で米国の軍人さんたちとの席なんですね。こういうところで演習の成果を得ることを強調するとなるなら、演習無で信頼だけという議論では、今からの実行の意味自体を否定してしまうので、講話にならないんですな。
その意味では「陸上自衛隊第44普通科連隊長の1等陸佐に対し、幹部自衛官として不適切な発言として、文書注意」というのはまあ一つの上司の判断として道理かなあとは思うのである。

どっちにせよ信頼するという発言自体が、なかなか実際に適応しないとか、簡単に抹消されることは、社会のなかで日常的にある。もちろん友愛という概念が崇高であるのは、一つの結果ではあるが、それは第三者には実感を伴わないのが普通ということを前提にする、芯が強く強情で孤独な行為というのが、前提になっていることは実社会の中では覚悟が必要だろう。

|

« 一人では危ない | トップページ | 酒は裏切らないとは »

コメント

こんばんは。
「私を信用して欲しい!」ということで、なんとなくこれを思い出しました。

http://www.youtube.com/watch?v=aDk5z8JYQ1Q&feature=related

投稿: kunihiko_ouchi | 2010年5月 2日 (日曜日) 22時18分

>なんとなくこれを
これは・・・・happy01

投稿: デハボ1000 | 2010年5月 3日 (月曜日) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/47557687

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼してくれ:

« 一人では危ない | トップページ | 酒は裏切らないとは »