« かぜ引いた | トップページ | 岡本真夜の事業展開戦略? »

路上弁当規制

-----------------引用
オフィス街「路上弁当」規制強化 周辺飲食店が安売りに「待った」  12月13日18時15分配信 J-CASTニュース
 昼食時になると、オフィス街には弁当を販売するワゴンが続々と集まってくる。ほとんどが500円以下、懐寂しいサラリーマンの強い味方だ。ところがオフィスが集中する東京都中央区で弁当販売の取り締まりが強化されることになった。港区や千代田区も厳しくしている。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 中央区は2010年1月から路上での弁当販売に対し監視指導を強化する。規制対象になるのは、ワゴンや机に弁当を並べて販売している「行商」。東京都の条例で、行商は「人力により移行しながら販売すること」と定めている。立ち止まっていいのは、客に商品や金銭を渡す時だけで、「客待ち」は禁止だ。ほかにも、温かい弁当を扱うことはできない、人が一人で運搬できる量しか売れない、いった制限がある。
■「安い弁当のせいで客足が遠のいた」
 中央区日本橋のオフィス街には平日11時30分から12時30分まで、弁当や総菜が乗ったワゴンや机がずらりと並ぶ。1カ所につき12~13の「行商」が集まる。
 これに対し、近隣の飲食店は「500円以下の安い弁当を売る行商のせいで客足が遠のいた。営業を妨害している」と反発する。固定店舗を持たない行商は家賃などがかからないので、その分、弁当を安くできる。「同じ土俵に乗っかっていない」というのが飲食店側の言い分で、中央区は規制を強化することにした。
 オフィス街のある千代田区や港区などでも取り締まりを強化している。港区では10年前から弁当の行商が問題になっていた。当時は行商の定義がはっきりしていなくて取り締まれずにいたが、07年12月に都が定義したのをきっかけに08年から規制を強化。行商するには鑑札(行商の免許証)が必要になり、07年まで年間およそ100件出してのに、08年は6件、09年は18 件と大幅に減った。
■「お客さんに『余計なことをするな、』と怒られた」
 ところが港区食品広域監視係の職員によると、港区が鑑札を出さなったからといって弁当行商が大幅に減ったわけでもない。23区共通で、他の区で発行した鑑札を持っていればどこでも使える。当然、規制がゆるい区で申請すればいいと考える人もいるし、そもそも「鑑札」そのものを持っていない場合もある。
  取り締まりを厳しくしても、弁当の行商が一向に減らないのは需要があるからだ。不景気で懐寂しいサラリーマンは、安い弁当に殺到する。
 2010年1月から取り締まりを強化する中央区の食品衛生係の担当者も、
  「行商では300円台から弁当を売っています。指導にいくと、お客さんに『余計なことをするな』と怒られたこともあります」
 といい、なかなか規制は難しそうだ。
-----------------終了
あら。
私、この手の弁当をよく買うんです。
もっとも、中央区はあくまで衛生的・道路交通の問題からの課題としているようですね。
----------------------
http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/hokenzyo/syokuhineisei/gyousyoukyouka/index.html
路上での弁当販売に関する監視指導を強化します(中央区HP)
 区内では、昼食時近くになると、路上での弁当などを販売する「行商人」が最近増えています。こうした行商人が、その場に留まって販売したり、路上で商品を陳列するなど、ルールが守られていない例も、多くなっています。
 路上等での弁当を販売する場合には、東京都の条例(食品製造業等取締条例)に定める衛生基準等に基づき、行商(ワゴン等による販売)によるときは主たる営業地の保健所への届出が、自動車による販売等をするときは仕込場所等の管轄する保健所の営業許可が、それぞれ必要です。
 保健所では、これまでも苦情があれば現場を調査し、無届や衛生基準違反、製造者・消費(賞味)期限の無表示などがある場合には、販売中止や改善の指導を行っています。
 また、食品衛生や道路占有許可、道路交通法の関係から、警察署等関係機関などと合同で一斉監視指導も行っています。
 食品衛生夏期対策期間(6月から8月まで)を中心に、弁当などを保健所に持ち帰り、衛生状況の検査(細菌検査)を行っています。その結果は「平成21年度食品衛生夏期対策事業の実施結果について」の表2「細菌検査結果一覧」により公表しており、不良率が高く(59%)になっています。
 保健所では、条例に定める販売方法(人力により移行しながら販売)、衛生基準等の遵守徹底を図るため、警察署等関係機関などと連携を密にしながら監視指導の一層の強化に取り組み、違法な販売をなくすよう努めていきます。
--------------------
規制強化で風前の灯? 弁当“路上販売”がピンチ  2010年2月11日(木)11時0分配信 R25
「安くて手早く食べられる弁当がほしい!」。オフィス街のビジネスマンにとって、弁当の路上販売はうれしい存在だ。ところが、千代田区、港区に続き、中央区でもこの1月から規制を強化しているという。しかし、弁当の路上販売の何が問題なのだろう?
「弁当の路上販売は、保健所に“行商”の届け出をする必要があるんです」と答えるのは中央区保健所の生活衛生課。
「“行商”とは、弁当類を人力で移行しながら販売することで、その場に留まって客待ちはできません。また細菌検査を行ったところ、6割も不良という結果が出ました。さらに近隣の飲食店の苦情もあり、客待ちなどのルールが守られていない弁当販売をなくすために規制を強化しました」
確かに、地代を払って店舗を構えている側からすれば、不公平を感じるのも無理はない。しかし、消費者にとっては複雑なものがある。何とかならないものだろうか?
「たとえば、ビル管理会社に仕出し弁当の発注などの検討をお願いしています。しかし、セキュリティ上、難しい面もあるので、私有スペースを貸し出して自動車で食料品等販売業の許可を受けた業者に入ってもらうという対応も検討いただけると望ましいのですが…。ちなみに食料品等販売業は、行商とは別の業態で、手洗い設備や食品衛生責任者の資格が必要ですが、私有地なら客待ちも問題ありません」(同)
実際に私有スペースを借りてキッチンカーを集める「ネオ屋台村」の企画・運営元のワークストア・トウキョウドゥの石澤正芳氏によれば、現実はもっと厳しいという。
「食料品等販売業ではなく調理もできる飲食店営業の許可をとって、借りたスペースの周囲を活性化させなければ、私有地など貸してくれない。ただ弁当を売るだけでは、近隣の店との軋轢は避けられません」
行商で商売を続けるのは苦しい状況にある模様。とはいえ「ネオ屋台村」型の業態変更も容易ではない。オフィス街のランチ問題は、意外に根深いようだ。
(新型 光)
--------------------
ここで既存の商店の問題ですが確かに近所の飲食店でご飯を取ることが少なくなりました。そもそも店舗の縮減が多くなっており、そこに昼間だけ弁当やさんが固定店舗を出しているのも多いのです。これは言うまでもし、それ以上にコンビニエンスストアで弁当をたくさん売っていること自体を考えれば、そもそももうちょっと安価な昼食を食べたいというニーズが潜在的にあったといえるのでしょう。ただし固定費をかけて買うようなニーズが急に減少してしまった。
ところで、飲食店が問題視するのは商道徳。路上販売はテナント料や固定資産税などのコストがなく、安くなるのは当たり前と憤るのである。(もっとも、食べかすのごみ処理コスト負担は販売の条件や、弁当販売の鑑札の発行の際考えるべきかもしれない。)では、この飲食店や、周辺のコンビニという固定資産税を払っている企業ではこの時間になると弁当が山のように売られているようなのである。そこで、弁当屋さんによっては車できて借地にテナント料を払い(これが大切)場合によっては退去した店舗の跡地を昼間だけ有償で借りてい店舗にたくさんの人がたかっているというのである。またこの「借地にテナント料を払い」という場合でも、公的な建物でやる場合もある。(千代田区にある。これは路上営業のけん制もあるようだ)要するに、プレーヤーが供給以上に増加し、バランスを崩す状態に陥ったのである。

ただ、行政側が問題視している衛生面なのだが、問題を完全に混在している。中央区のは昨年6~8月の弁当の細菌検査をした。食べても健康被害の可能性は低いものの、細菌数が基準値を超えて「不良」とされた弁当は、店舗販売が44個のうち13個(30%)だったが、路上販売は37個のうち22個(59%)となったわけであるが、私は意外なのは、店舗販売でも結構細菌数が基準値を超えて「不良」とされた弁当が多いともいえるのである。
また、衛生面を区は考慮し、商店では固定費の差を意識する。もっというとコンビニに関しても一般飲食店の市場を食っているのに、そちらは出てこない。要すると新たなプレーヤーで商圏の食いあいがおきているということしかいえない気もする。
となると、これらの齟齬は問題を
「飲食店で食事をさせるスペースを持つもの」
「固定店舗やコンビニで弁当を仕入れたり簡易調理で販売するもの」
「弁当を移動店舗で販売するもの」
という3極あるのに、2つで判断しているから、整理がつかなくなっているのではないか。

|

« かぜ引いた | トップページ | 岡本真夜の事業展開戦略? »

コメント

こんにちは。そう言えば、港区では最近、見かけなくなりました。ご指摘の通り、衛生面も心配なので購入したことはありません。

投稿: KADOTA | 2010年4月19日 (月曜日) 19時38分

>港区では最近、見かけなくなりました。ご指摘の通り、衛生面も心配なので購入したことはありません。
実は、新橋-浜松町付近では既存の飯屋さんが廃業し、そこにこの手の弁当やさんが移動してきています。結果的に既存の店のお客さんが移動していますね。
ある意味千代田区あたりでは生き残った店と弁当屋さんが市場を分け合いで落ち着いていますが、中央区ではまだ・・・でしょうね。

投稿: デハボ1000 | 2010年4月19日 (月曜日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/47016663

この記事へのトラックバック一覧です: 路上弁当規制:

« かぜ引いた | トップページ | 岡本真夜の事業展開戦略? »