« 第二芸術論とTwitter | トップページ | おねだりしてもいいですか »

上司バカァ?

---------------------引用
上司が“無能”で困っています……どうすればいいでしょうか   ITmedia Inc  2010年02月18日
 「オレの上司は1日中何もせずに席に座っているだけ。ちょっとは仕事を手伝ってくれよ」――といった不満を抱えている人も多いのではないだろうか。こんな嘆きに対し、ウォルト・ディズニー・ジャパンの商品ライセンス部門「ディズニー・コンシューマ・プロダクツ」で日本代表を務める中澤一雄氏が答えたくれた。
ブログランキング・にほんブログ村へ

<男性Sさん(32歳)、通信系企業勤務>
私は、通信系の企業で働く、32歳の男性です。自分の上司に困っています。直属の上司が、何もしない人なのです。朝は早くから来て、夜も早く帰るのですが、何をするでもなく、ただ席にいます。上司がやることになった仕事は、全員で手分けして部下の私たちがやることになります。本当に何もしません。私たちが困って相談しても、「君たちはどうしたらいいと思う?」とオウム返しで繰り返すだけ。
私の部署はかなり忙しくて、上司以外は全員死にものぐるいで働いてノルマをこなしています。何もしていない上司が、私たちより給料が高いのかと思うと、正直納得がいきません。ほかの部署の同僚に相談しても、「邪魔する上司よりはマシだよ」と言われるだけ。でも、電話すらとってくれない上司が本当に許せないのです。私だけでなく、チームは皆そう思っています。こういう上司には、一体どうしたらいいのでしょう。対処の仕方を教えてください。
●上司をうまく使うことも大切
 「上司が何もしてくれない」と嘆くばかりではなく、上司をマネジメントするつもりで、どのようにすれば自分たちの仕事に役立ってもらうかという視点で考えるべきではないでしょうか。よく「部下の活用法」という本は書店に並んでいますが、「上司の活用法」といった類の本はあまり見かけません。しかし「上司に納得がいかない」と言ってばかりいるのではなく、自らアクションを起こし、上司をうまく使うことも大切だと思います。
 ただ「アクション」と聞いて、「そんなことは自分にはできない」という人もいるかもしれません。大げさに考えるのではなく、まずは上司とコミュニケーションをとることから始めてみてはいかがでしょうか。そのときいきなり仕事の話を始めても、逆効果になるときもあります。なので最初は、仕事以外の話から始めるといいでしょう。上司と自分の共通点を見つけ、その話題で盛り上がるというのはいかがでしょうか。
 また直属の上司だけでなく、その1つまたは2つ上の上司とも普段からコミュニケーションをとっておくことも大切です。もし「直属の上司と話し合うのは嫌」ということであれば、1つまたは2つ上の上司に相談してみてはいかがでしょうか。
 それでも「上司とコミュニケーションをとるのはちょっと……」という人は、じっと我慢するのも1つの方法です。多くの会社は3年ほどで人事異動があるので、「2〜3年辛抱すれば、違う上司と仕事ができる」と考え、いまの仕事に集中するのはいかがでしょうか。
 ちなみに私の場合、自分の部屋の扉はできるだけオープンにしています。そうすると直属の部下だけではなく、その下の部下が相談に来ることもあります。また直接話すのが苦手という人のために、メールでの相談も受け付けています。組織の中にいると上に行けば行くほど、自分にとって不都合な情報は入りにくくなるもの。しかし正しい判断をするためには、正しい情報は不可欠。そこで私は、できるだけ多くの情報を把握できるように努めています。【土肥義則】
----------------------終了
よく考えると、このような姿勢を持っている管理職がいますな。けど本当にそうかということは診たほうがいいかもしれません。というのは古いタイプの上司には、スタッフ形の仕事をまったくしないからこそ、調整業務に対して有効という側面があるため一線を引いている管理職もいますな。プレイングマネージャーにならないからこそ存在価値があるという形です。もしトラブルが起きたとき、根回しをするという行動をとるのも、じつは上司ですが、プレイングマネージャーであるとこの動きがきわめてしにくいともいえる気がします。
最近は、プレイングマネージャーであることが、価値があるという社員の育成手法も増えてきました。それはいいのですが、逆にプレイングマネージャー出なければ仕事をしていないと言う評価もあるようで、これはこれで過度に考えると危険ではあると思います。(表だ田tことしか評価しない場合だとスタントプレイしかしない従業員が出てくる)
もっとも、直属の上司だけでなく、その1つまたは2つ上の上司とも普段からコミュニケーションをとっておくことも大切はあるというのは同感です。というのは、じつは別の場面のその上司の動きを知らしてくれるかもしれないからですな。もし「直属の上司と話し合うのは嫌」というのは、まず1つまたは2つ上の上司に相談してみるのもいいかもしれません。(同格の他のラインの人にはとりあえずは話さないほうがいいよいうです)

「君たちはどうしたらいいと思う?」といつも言うというのでも、その業務内容をさらに上司から指摘されている場合でも自分が承認したのだとディフェンスを張る人もいるので、そうなると当の本人にはわからないこともあるのです。そー言えば自分の上司だった人には、見識のある人で知識については確かに広い人がいましたが、上司にある程度説明して会議の望んだとて、途中で上司が寝返ってしまい、気がつけば私一人が「私はだれ、ここはどこ」状態によくさせられたということがありました。その意味ではこういう上司は逆なことを言うと部下にとって「使いやすい」上司ではとも思いますよね。

|

« 第二芸術論とTwitter | トップページ | おねだりしてもいいですか »

コメント

こんにちは。幸い管理職以外の上司はいないのですが、途中から教育現場に入ると、人からやるべきことを指示されることが少ないので戸惑うという話を聞きました。逆に私は20年もこの仕事をしていると、どんなことでも人から指示されるのを嫌悪してしまうという傾向があり、これはこれでよくないことだと思っています。自覚があるだけまだいいのでしょうか…。

投稿: KADOTA | 2010年3月29日 (月曜日) 21時22分

>途中から教育現場に入ると、人からやるべきことを指示されることが少ないので戸惑うという話を聞きました。
なるほど、高校の先生をしている知人の中には上司・・・でなく教育委員会とそりが・・・というのもいます。知に棹差せば角が立つとか。なかなか難しいですね。

投稿: デハボ1000 | 2010年3月30日 (火曜日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/47641462

この記事へのトラックバック一覧です: 上司バカァ?:

« 第二芸術論とTwitter | トップページ | おねだりしてもいいですか »