« 肉体労働系 | トップページ | ハイチ大地震義援金 »

吐息発電

吐息でネット:1988年2月にリリースされた南野陽子の11枚目のシングル。というのが一般的。
ブログランキング・にほんブログ村へ


けど、これは笑った。
http://portal.nifty.com/2010/01/07/a/

今は、ネットといえばまさにみなさんが今見ている「インターネット」のことを示す。であるならば、2010年版「吐息でネット」を試してみる必要があるのではないだろうか。吐息をつかって風力発電して携帯電話を充電しようと思ったのだが、失敗した。

ぜひとも読んでほしいが、企画だけで製品開発ができない反例として読むもよし、実はその意図をトリガーにできないかと考えるもよし。いろいろあろう。
最も文中には、今になれば「くちびるNetwork」(彼女の最後のシングル曲)てのもあると言うが。うーむ・・・・・

--------------------------
もっとも、これはそうありえない話でもない。一見吐息よりさらに少なそうなエネルギーを取り出すものもあるんだから。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091117_329562.html
--------------引用
NECエレ(http://www.necel.com/index_j.html)、「振動力発電」で電池不要のリモコンを試作 -ボタンを押す際の振動で発電。音力発電(http://www.soundpower.co.jp/)と共同開発
 NECエレクトロニクス株式会社と株式会社音力発電は11月17日、「振動力発電」技術などにより電池が不要な家電用リモコンを試作したと発表した。
 振動力発電は、人が歩く際に生じる振動や自動車、自転車、レジャースポーツなどの動きで生じる振動のエネルギーを利用して発電するという音力発電の技術。試作された「電池レスリモコン」では、乾電池無しでテレビの電源ON/OFFや音量調節、チャンネルや入力の切り替えが可能。リモコンのボタンを指で押すときに発生する振動力での発電と、独自開発の電源制御技術の組み合わせで実現している。
 両社は、振動力発電を使って家電機器の利便性を向上させるための共同研究開発を2006年12月より行なってきた。今回の「電池レスリモコン」には、音力発電が開発した振動力発電デバイスと、NECエレクトロニクスのRFリモコン対応マイコン、微小な電力でリモコンの電子回路を駆動する電源制御技術が採用されている。
 今後は、2011年までに電池レスリモコンの実用的な提案をセットメーカーに対して行なえるよう、共同開発に積極的に取り組むという。なお、今回の試作機は(2009年)11月18日からパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2009」に展示される。
---------------終了
今まででも駅の床に発電パネルを引きつめて発電して、機器の照明に使ったり、橋脚につけて照明を照らしたり(例:http://www.shutoko.jp/company/press/h19/071210/:走るクルマの『振動』で発電 首都高五色桜大橋のイルミネーションを実施!(首都高速中央環状線五色桜大橋)というのが行なわれている。だから根拠がないとはいえない側面はあるのだ。もしかしたら、2020年版「吐息でネット」があるかもしれない。(日本とは言わないが)
第一、家畜のゲップが、メタンガスとして地球温暖化に関係してるっていわれて、回収して燃料化する向きまであるそうで。試算(2000年度の値)ではメタンの総排出量22.0百万tのうち「家畜の消化管内発酵」によるメタンの排出量は6.7百万t。つまり本邦で発生するメタンの約30%が牛のゲップによるという。だから時代はここまで要求するという重箱の隅まで無視できない状況とも言える。参考:http://portal.nifty.com/2006/04/06/a/
閑話休題、世の中にはこういうものもある。
-----------------------引用
プレアデス、風力と太陽光で発電できるハンディサイズの充電器を発売  2009年03月11日 8:00
 プレアデスシステムデザイン株式会社(輸入代理店)は、DC5V電源対応ポータブルデジタルデバイスを充電できるハンディサイズの風力+太陽光充電器『HYmini』を、3月6日より発売しました。
 『HYmini』は、個人で100%自然エネルギーを利用できる充電器。風力、太陽光、家庭の電源コンセント、USB 2.0、手動式ハンドクランク、自転車用ハブダイナモ(開発中)を利用して内蔵バッテリーにエネルギーを蓄積します。
 同梱のアダプタを使うことにより、docomo、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話、iPodとiPhone、MP3プレイヤー、デジタルカメラ、PSP、ニンテンドーDSなどのほとんどの機器を充電できます。
 サイズは135(W)mm×84(D)mm×35(H)mm。重さは100g。カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3種類となっています。 お値段8,980円。
----------------------終了
参考;http://www.hands-net.jp/goods/13874-001005007
どうも、タービン(プロペラ)を高速回転させ、風速4~18メートルの風力で発電と蓄電ができるというもので、ジョギングの際に使うと20分走って、携帯電話の通話が約4分・iPodなら約30分の音楽再生が楽しめるという。台湾のベンチャー企業が考案。どんな場所でも充電器として利用でき、太陽光発電のミニパネルも付いているという。
まあそう考えると、離島等の緊急用に使えるなあと思ってしまうのは、貧乏性なのだろうな。

|

« 肉体労働系 | トップページ | ハイチ大地震義援金 »

コメント

iPhoneに対応したこんなアプリケーションがあります。iPhoneに息を吹きかけると画面の女の子のスカートがめくれてしまうというもの。アホかと思うのですが、これ、有料アプリではずいぶん長いこと1位を続けてきたのだそうです。これも1つの吐息の活用法?

PUFF!
http://iphone.1st-avenue.jp/puff/

投稿: kunihiko_ouchi | 2010年2月 1日 (月曜日) 01時03分

ほー。
http://www.youtube.com/watch?v=sqhmVgjzMck
>これも1つの吐息の活用法?
余り嫌悪感がない「エロ」はこのようにソフトにインストールに完全性を求めない場合には意外と普及するものかもしれませんなあ。
個人的にはマジで魅力を感じませんが、独身のお方には洒落にはなるでしょう。はまりすぎたら「ほとんどビョーキ」ですな。(笑)
あ、多分吐息ではすまない行為をするかな?

投稿: デハボ1000 | 2010年2月 1日 (月曜日) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/47263979

この記事へのトラックバック一覧です: 吐息発電:

« 肉体労働系 | トップページ | ハイチ大地震義援金 »