« Linuxも考えようか | トップページ | 文言・コピーを書く職業 »

その才能があったのかも

-------------引用
ホリエモンAVで再沸騰  AERA9月14日(月) 11時58分配信 / 国内 - 社会
──IT長者と呼ばれ、逮捕もされた堀江氏には、どこか憎めない雰囲気がある。本能に忠実でどこか少年的。でも、露出するのには諸々の事情もあって──。──
 旬の論客。AV業界で今、そう呼ばれている男がいる。業界関係者は「彼が絶賛したAVは売れる。各AVレーベルも、彼は無視できない存在となっている」などと評価するのだ。
 彼とは堀江貴文氏(36)。ライブドア元社長で、一代で巨大IT企業グループを築き、「時代の寵児」と言われた人物だ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

■わかりやすさが真骨頂
 そんな堀江氏がAV業界で注目されるようになったのは、自身のブログがきっかけだ。1月、21歳の新人AV女優のサンプル動画を見た感想を書いた。DVDは発売直後から売れ、女優はブレーク。それを知った編集者が、AV批評を書かないかと声をかけた。
 その一つ、「週刊プレイボーイ」。担当編集者によれば、堀江氏の批評は、何より読者目線に立っているそうだ。「内容は面白く、文章も洗練されている」
 どんな批評なのか。一例を紹介すれば、あるAV女優について「どこかあか抜けない美少女って感じがソソるんですよね」と書き、また別のAV女優については「もうね、素晴らしいんですよ。顔も体もセックスも」といった具合に描写する。平易でわかりやすい。これが堀江批評の真骨頂だ。
 読者目線。先の編集者はそれを可能にしたのは、堀江氏のAVへの熱い思いがあるからでは、と見る。堀江氏は自らも告白しているとおり、AVマニアだ。初めてAVを見たのは中1の時。ビデオテープだったそれを「擦り切れる」まで見たそうだ。
「AVは今、ネットの動画配信が主流。堀江さんはIT事業を手掛けていたこともあり、AVのことは僕たちより詳しい」
--------------------中断
もちろんこの人の存在が産業界を震撼させたのは事実だろう。そして今、公判を控えある程度社会に露出しなければならないということではあろう。その意味で、「ビジネスからAVまで語ってくれる、ホリエモンというマインド(人格)が面白い」と週刊誌の編集者は言うのは、単なる経済の人に見えるが、じつは企業経営も、ファンド運用も、すべて趣味嗜好によって人を集め、行なっているというところがどうもあるのでは。
過去の経済犯罪としてかかわった人には、概して「お金」以外のところに関してはきわめて視野が狭い人が多かったと思う。いや、最近は起業して大きな会社を創設して行く人には、資産形成をよこから足を引っ張ることで、利益を平坦配分するという日本国内の志向もあるからかどうしても強欲に自分を持っていく必要があるから、そういう人が生き残る側面があるようだ。
但し、それを途中でつぶすことになった(それは意図してでも、意図しなくても)というところから、どうもこの人は他のほうに目を向けたと思える。きわめて若いときに自分の世界を極めた人が陥る問題点であるが、そこから支援をもらって再度生き残る人というのは、人格者といわなくてもなにかこどもらしかったらい、独自の面をもっていたりという、他の人にはない何かを持っているようである。(かといって、他の人にはない何かを持っている人が再度生き残るというわけではない)
起業家の中には、一時の信者という形は少なくなったものの、彼のことを心の師と仰ぐ人も少なくない。もちろん反面教師という側面がないとはいえないが、そういう人がいうのは私の知り範囲では、少なくとも創業から前半の段階を見本としてるようである。逆に言うと、敵が多くなった段階でエンプロイー・バイアウト(従業員による事業買収や経営権取得)をする方向に行かず、むしろ攻めの方向(レバレッジド・バイアウトなど)に走ったことは、かれの若さから日本人の安定化志向から反発を招くことが読めなかったという認識である。日本での企業における社会資本の性格が、海外とはきわめて異なり、株主が経営者に対して意見をする社会通念がもたれなかった(株式会社といっても私企業というより社会資本という視点で認識されている)むしろ「もの言う株主」が企業体の体力を弱めて雇用責任などの責務で瓦解していくことになった事例、社会資本や地域社会を壊すことが企業に責任があると考えたことになる。但しこれはその経営を新自由主義にするか、社会資本主義にするかの問題である。これは、そのときの流れによって大きく変わるし、世論の構成形態が一極集中になりがちな国にくらべ、きわめて分散的である。
日本の経済界においては、新規な起業を促進していく視点から、新興市場の立ち上げや、起業家の社会的な立場向上を今後の日本社会の下支えにするようにした。所が彼らは、資産形成に対し世界では必ずしもそうでないのだが、ともかく日本では反社会行為とみなされる行為をしたと認識された者しかいなかった。また、新興市場の上場社が上場した段階で、社会的責務の重圧で社会的に認められない手法に落ちいったり、経営ができなくなる事例が続出した。これは反社会的行為ということの是非以外に、企業が成り立っていく上の資本形成が、合法的な手法ではきわめて難しく、また資本形成を行なうこと自体が必ず反社会行為となるという問題がある。
このため、最近の経営者支援の手法は、第二創業という、すでに社員や資本が一応ある2代目経営者や継承者が業態転換や新規事業に進出することの支援のほうが、継続性をもつことが大前提である日本社会では成り立ちやすいという日本独自の志向で、海外からの投資や同意で資本の参加が得られないシステムに志向している。
反対に、過去の拘束からはななれることができない社会では、持続的発展を求めることは不可能ということで、企業をするなら日本の社会とは決別するという志向も有る。(たとえばhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091007/206549/?P=4これ。但し、出井さんの言う「どっちを選びますかみたいなことを言うと、きっと自発的に考えて動き出すのではないか」というと、縮小で安らかな死を求める志向の人が圧倒的に多いと私は思う。そもそも文化の成り立ちや、思考形成の過程が既存経験の構築からくるものがベースだからである。)

そのなかで堀江氏は新規のものを取り込んでいく意識が自分の売りになったと見てるのかもしれない。
-------------------再開
■活字媒体の売れっ子に
 本人に聞いてみた。
──批評を始めたのはなぜ?
「AVって、僕にとってオナニーのための道具。ブログを書く上で、会社から自由の身になったからには、たまにはエロネタだって書いていいだろうと思い始めただけの話です」
──批評する際のポイントは?
「単純に見たまま書いているだけです。ただ、AVの主力はネットで、すごくニッチな市場になっているから、その実情も踏まえしっかり評論できる人はほとんどいないとは思いますね」
──AV業界に関心がある?
「芸能活動をしている『芸能人AV女優』というカテゴリーって、文化人類学的に興味ありますね。AVの世界は価格競争が激しく女の子はすごく安いギャラでやっている。なのに、一度AVに出るとネット世界で永遠にAV女優として晒され続ける。そんなことをしなくても、彼女たちはもっと自分の価値を高められる場があると思うんです」
 堀江氏は最近、活字媒体で盛んに発信している。それも硬派から軟派、「週刊金曜日」から「週刊アサヒ芸能」まで守備範囲は広い。著書の売れ行きも好調。活字メディアは次々と堀江氏に飛びつく。
 ある週刊誌の編集者は「ビジネスからAVまで語ってくれる、ホリエモンというマインド(人格)が面白い」と言う。
 堀江氏は今後、活字メディアとどう付き合っていくのか。
「僕にとってそれはブログの延長線みたいなもの。しかも僕は裁判を控えていて、世間に僕を知ってもらわないと困る。中長期的に考えて、オファーが来たものには必然的に書かなければいけないと思っています」
ライター 野村昌二  (9月21日号)
--------------------終了
まあ、ライターさんの思い入れがかなりあるとも思う。但し、お仕事を一緒にするには志向性が違いすぎるが、この人はじつは既存の意味での文化人にはなれないものの、じつは裁判を終え、経済人でなくなったたときには意外と評価される人物になるかもしれない。実際経営者としては最高な人が人格最低というのは割とよくあるし、逆も結構あるんですよね。

|

« Linuxも考えようか | トップページ | 文言・コピーを書く職業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/46314120

この記事へのトラックバック一覧です: その才能があったのかも:

« Linuxも考えようか | トップページ | 文言・コピーを書く職業 »