« その才能があったのかも | トップページ | たこ焼きに刻みキャベツ »

文言・コピーを書く職業

商品経済が発達すると、需要喚起のために宣伝文句や宣伝方法に独自のものを見出すのも多いようですな。
コピーライター とかはその際たるものであろう、商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、企業サイトやバナー広告などに使用する文言・コピーを書く職業。最近は広告全体のプロデュースも行うことがおおい専門職である
報酬の支払われ方は様々で、「一文字何円」「一商品につき何円」といった契約(中島らもの書籍には「一文字1万円という文案料に対し、7文字のコピーでは払えないから4文字にしてくれませんか顧客が泣きを入れるというのがある)のほか、と成功報酬(売り上げの%)、企業との年間契約でいくら、という支払われ方もある。じつは特許報酬もこれに近い。著名なコピーライターになると、一行のコピーで1000万円以上の報酬を受け取ることもある。映画文案の作家もこの一種であろう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
--------------------------
(1)「守田寶丹」:上野池端仲町通りにある。創業者・初代守田治兵衛は、摂津国より、1680年に江戸へ出て「貞松堂」を創業。

 文久2年(1862)オランダより長崎へ理学・医学のボードウィン(ボードワン・ボールドウインとも)博士が来日する。ボードウィン博士のイギリス流処方箋を得た九代目・守田治兵衛はこれを工夫し「寶丹」と名付けて発売した。なお、ボードウィンは上野公園を作ることを幕府に進言した人物としてしられる。(ボールドウインといってもここでは鉄道の台車メーカーではない)
当時の処方は僅か水銀を含んでいた赤い練り薬だった。現在は当然改良されて粉末状の白い胃腸薬である。ボードウィンの処方箋ベースの薬では『太田胃散』もそうである。
 九代目・守田治兵衛はアイデアマンで、現在でいうアートディレクターの才能が非常に高かった。屋号と同じく自ら「守田寶丹」と称し、独特の書体で広告や看板を多数制作した。新聞広告を出したり、街角にポスターを貼ったり、髪結床屋での口コミによる宣伝を行ったり、自らの広告媒体の雑誌を創刊した。あげく「寶丹」宣伝用に艶笑噺『なめる』を作らせたりした。池端には寄席が今でも多いから好都合である。(一時の西武グループみたいだ・・・・)
『なめる』の落ちはこうなっている

友達 どうも図星のようで...普段から女と名がつきゃあ、八十の婆さんの尻でも追っかけかねねぇ野郎でぇ...ったくしょうがねぇなぁ、どうも...おい、八公! おい、しっかりしねぇか! 八、八公!
八五郎 ...う...うぅ...ン...
友達 お、この野郎、いい案配に気がつきゃがった
煙草屋 そりゃあいいや。お、ちょうどいい、うちに宝丹があった
友達 ありがてぇ。ちょうどいい気付け薬だ。はやく飲ませてやっておくんなさい
煙草屋 では、さっそく...おい、お前さん、薬だよ。宝丹だ。早く宝丹を舐めなよ
八五郎 いぃゃ...舐めるのはもう懲りごりだ.


もともと、練り薬でなめて口内で溶かすものだったらしいから見事にCMになっている。

(2)うなぎやの丑の日:諸説あり、平賀源内発案説が最もよく知られている。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承から「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、鰻屋は大変繁盛した。
また、平賀源内は明和6年にはCMソングとされる、歯磨き粉『漱石膏』の作詞作曲をおこなった。当時の歯磨粉は(房総地域の)天然砂の精製物だったようで、差別化に苦労していたようだ。安永4年には清水餅の広告コピーを手がけた。この経緯から、日本におけるコピーライターのはしりとも評される。
------------------------
業界紙の記者さんとお付き合いしているとき話になったのだが、情報ソースが情報提供者の意図通りに伝わることを前提にして記事を乗せることが多くなっている。情報おまとめサイトに近い編集姿勢のところも結構あるのだ。確かに新聞社の収入は多くが広告であるからこうなるのは自然である。
広告や宣伝文句で無償で名前が入ってきて・・・・というのは、即物的な見返りを意図して行った活動ではない。しかし、元々意図なしに入っている所があるわけでないのに、そうお金を出した広報活動と解釈されるようになってるのは確かに迷うことである。しかも、新聞も演芸にしても、当方が見たいといって金を出しているわけでないのだが、このように紛れ込んでいる。
(1)と(2)はその情報の需要形態として、受け側が有償で受けている情報に紛れ込んでいることから効果があるちうものと、無償で広告ですといってやってくる差があるのだが、この判別ができることが前提としたら・・・まことに暮らしにくいものである。

余談であるが、『なめる』の落ちにある意味近いなあと思ったのはこれである。あちらはにおいではないのだが(苦笑)。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q119096996

|

« その才能があったのかも | トップページ | たこ焼きに刻みキャベツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/43850022

この記事へのトラックバック一覧です: 文言・コピーを書く職業:

« その才能があったのかも | トップページ | たこ焼きに刻みキャベツ »