« 足のながーい「ネ申」 | トップページ | その才能があったのかも »

Linuxも考えようか

かなり前の話題である。
------------------------引用
廃棄予定のノートパソコンにLinuxを載せて中高生に無償配布、会津坂下町  (黒田 隆明=日経BPガバメントテクノロジー) [2008/12/19]
 福島県会津坂下町は、廃棄予定だった古いノートパソコン十数台にLinuxを搭載し、県内の中高生を対象に無償配布する。配付は地元NPOを通じて、 2009年2月か3月ごろに講習会付きで実施する。講習用のテキスト代として1000~2000円程度を負担してもらう。自治体でのこうした試みは珍しく、会津坂下町でも「他では聞いたことがない」という。
 会津坂下町総務部情報防災班情報管理担当の村山隆之氏は「中高生がITに興味・関心を持ってもらう方法はないかとNPOのスタッフと話していたときに、このアイデアが出てきた」という。ちょうど町にはOS(Windows 98)のサポートが既に終了していることなどから廃棄予定のノートパソコンが十数台があり、これに軽量のオープンソースOS「Puppy Linux」をインストールするなどして調整後に配布することにした。講習会の講師はNPO法人ITサポートあいづのスタッフと会津大学の学生が務める。講習テキストはITサポートあいづが自前で作成する。総事業費は県からの補助金も含め約17万円。
 「おもちゃみたいなものかもしれないが、中高生がパソコンに親しむきっかけになれば」と同町の村山氏は語る。そのほか、町としてもパソコンの廃棄コストが節約できるメリットがある。
-----------------------終了
うーむ、会津大学というのは公立(県立)大学としてコンピュータ関係の講義に定評のある大学である。
ブログランキング・にほんブログ村へ

もともと会津は教育の盛んな地域であったが、高等教育機関が乏しかったため、近年コンピュータに関する大学として設置され半数が外国人教員である。すべての学位論文に英語での執筆が義務付けられている。このこともあってかカリキュラム・設備が充実していることもあるからSEになりたい人には地方にあることを考えても人気が高い。ただ、比較的留年が多い(東京理科大ともにてるかも)。だからこの地域のITスキルがかなり高く、地域特性としてコンピュータプログラム事業を進めているという。会津若松市もこの点では面白い取り組みをしている。
---------------------------
実は今日、有名なSEとしてC++などの著書も多くある人と話をしていた。あるプロジェクトで一緒に活動しているのだが、この人アルファブロガーとしても著名で、自分の仕事のほかに種々の分野で寄稿をしているのをみている。

デ:このノート軽く動くんですね。(富士通製)Firefoxだからですかね。
S:いや、これLinuxにしてるんですよ。Firefoxだからだけではないです。モバイルもソフトもあるし結構使えますよ。とにかく軽いんですからね。
デ:Firefoxは私も使ってますがいいですよね。Mozilla Thunderbirdも悪くないといいますし。そうそう。このところうちのPCを生かせようとしてるんですよ。1台が一度へしゃげまして修理したんですが、その内ねえ。
S:だったらぜひとも1台はLINUXにされたらどうです。ロースペックのが遊んでいたらそれをお使いになるとか。中国などでは国策もありPCの半分はWINDOWSであるが、残りはLINUXにするようにするし、今後システム制御系のPCをLINUXにするということになってますよ。
デ:そうですか。今後システム組でも中国仕向けはあるでしょうな。
S:銀行の勘定系にも使い出されてますし、なによりもマイクロソフトへのライセンスに掛かるコストが結構馬鹿にならなくなってきてますし。
デ:スキルがいるでしょう?
S:いや、たしかに日本国内では安定性にかけるという評価で人気がないですが、アプリケーションプログラムの数が出てきたので、日常使いのPCにオープンオフィスをつかうということならお勧めですよ。逆に日本以外ではそこそこ人気がありますし。まあ、私も仕事柄色々書いてますから、導入されるならお教えしますよ。

もっとも、日本国内ではエプソンダイレクトとデルでLINUXを乗せた新品を出しているのだが、どうやら既存PCにパッケージ管理システムを入手して(買うなりフリーソフトを手に入れるなり)載せかえる手法が普通のようである。上記の人はその手法らしい。
http://shop.epson.jp/lx7900/
上の会津坂下町の例ではないが、「枯れているハードで生まれ変わったように動作する」ということなら是非ということになる。
デルは超低価格ノート・パソコンの「Inspiron mini 9」を発売している。 受注生産方式でユーザーがプリインストールのOSに「Windows XP」またはLinuxディストリビューションの「Ubuntu」から選択できる。(http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/laptop-inspiron-9?c=jp&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs)超低価格ノート・パソコン市場は急速に拡大している。海外ではLinux搭載モデルが用意されているものの,これまで国内で発売された超低価格ノート・パソコンはすべてWindows XP搭載モデルで,デルが国内で初めてLinux搭載モデルの販売に踏み切った。なお,Ubuntuは8.04をベースに独自のカスタマイズを加えたものを採用しているらしい。
そーいえば上記のSさんも、Linuxディストリビューションの「Ubuntu」をつかっており、入手も容易のようである。
-------------------------
確かにUNIXの運用に係ったときは管理に難渋したことがあった。システム的に不安定ということではなく、汎用的CAD/CAEプログラムが開発中止になり、その割りにシステム管理費が高いという問題であった。その当時マニア名人がいて、自宅にUNIX機を数台常に運転している(しかも一人暮らし・・・・)という人がいたが、こういうのもある意味では必要な投資かもしれない・・・・・。
さて、一般にはLINUXとWINDOWSをビジネスユーズにするためには使えないという声が多い。しかし、Windowsと100%同じ環境と操作性のクローンを求め、そうでないとビジネスユースにならないという出ない限りはOKのようである。インターネット、メール、ワード、エクセル、パワーポイントの限った使用なら問題なさそうだ。また上記のSさんの話では「Windowsで今まで築いた資産をLinuxもほとんどは使える」し「膨大な移行作業が発生」もしないようだ。
DTPなどや高度な印刷処理が必要な業務は私はしないのであまり問題はなさそうだ。
1. ActiveXを使用したプログラム、ファイルが動作しない。
(これは私は使わない)
2. エクセルのVBAや複雑なマクロ、ワード、パワーポイントの高機能性は再現できない。
(うーむここは考えるなあ)
3. WindowsのOSに依存したセキュリティ認証を使用した業務は移行できない。
(となるとWINDOW機をもってが前提のマシンですかね)
4. Linux版を出していないソフト(例:Adobe Photoshp、Illustrator等)が使用できない。
(Adobe Photoshopはたしかに使うかもしれないなあ)
5. プリンタのLinux対応ドライバがない場合、印刷が難しい。
(あっ)

つまり、サブマシンに使うならちょうどいいのかもしれない。正直言うと、国内で日本語のOSに実績があるのはLinuxディストリビューションの「Ubuntu」ということなのだが、最近は使い勝手を考えても、超低価格ノート・パソコン用のLinuxディストリビューション「Puppy Linux」が比較的洗練されていいという声もある。今入れる予定のマシンは1.0GHz 256MBのタワーと少しスペックが低い。
----------------------
とはいえ、本当は先にしなければならないのはメモリー増設のほうではないだろうか。

|

« 足のながーい「ネ申」 | トップページ | その才能があったのかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/44169551

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxも考えようか:

« 足のながーい「ネ申」 | トップページ | その才能があったのかも »