« 寄席ではまず出ない怖さ | トップページ | スタートアップ段階の企業 »

儲かるタネブタ

「明るい農村」といって焼酎を思い出す向きもあろうが
(参考:http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/holder/2008/01/post_272b.html
私にとっては、テレビ体操が終わると(天気予報をはさんで)始まるのがこの番組であった。そしてNHKラジオ第一放送ではラジオ体操が直後にこの歌とともに始まる。勤め人の家では遠いところならぼちぼち駅に行く時間(そういうえば高校のときと社会人のころは、これぐらいの時間に家を出ていた)だし、,一方農家や漁業従事者には、自分達の仕事と直接関係し、時代背景・市況を考慮しながら、近代農業に必要なテーマを全国各地から取材していた。そのため、きちんと観られていたかと思う。月曜から金曜までは明るい農村で、土曜日だけ『明るい漁村』であった。当時は、農家でなくとも、放送開始から朝のテレビ小説とその後のニュース終了(8:35)まで、ずっとNHKを映していたという家も相当数あったようだ。
で私、最初に大島智子(現:大島さと子)を見たのがこれだという気もする。いまやレディス4(テレビ東京)の司会でサロントーク調という有る意味重厚な話し方であるが、芸能ニュースがない分昨今の騒々しい時期は落ち着いてみることができる。
------------------- 
ラジオの農業番組では朝早くに「畦道を行く」というのがあった。東京の文化放送(JOQR)が制作し、全国放送していた(時間は放送局によって異なる 私の聞いていたのはは5時20分からの10分間だったか)。正式には『三井農業アワー 畦道を行く』である。
ブログランキング・にほんブログ村へ
冒頭いきなり女性の声で『畦道を行く~~農家の皆さん。おはようございま~す。三井物産がお送りする三井農業アワー畦道を行く~』という後に、農業の「あるある」や市況、農事情報を含んだ話を、農家の縁側でお茶を飲んでいる2人のオッサンの役者の小芝居で伝えるものである。

三井物産の提供で、肥料や飼料の関係のCM(しかも生CM風のもの)が流れていた。まあ総合商社だからともいえる。考えれば三井物産は食料などへの輸出入や投資を行なう会社であるし、子会社(三井農林・・要するに日東紅茶の製造元である)が山林の経営等などをしている。その昔「三井合名会社」の農林課が、台湾・朝鮮・北海道で茶園、植林、牧畜、開墾事業を経営していた経緯から紅茶の中間加工と販売と外地の農園経営をしており、戦時中は南方諸島の熱帯地域の殖産事業もやっていたようで、そのあたりのノウハウはグループで持っているわけだ。
農家向けの話題なのだが、畜産のようなタイプの市場を考えていたようで、豚の飼料の生CM(みたいなもの)が番組の最後に流れていたらしい。というのは、私はこの番組のCMには、一度聞くとグッっとくるCMが流れていたのでその記憶しかないのである。後述するがこの地域だけ差し替えていた可能性がある。

(女性の声で)
儲かる種豚(たねぶた)ハイポー。子数(こかず)が多く、肉質に優れたハイポー種豚(しゅとん)。ハイポー種豚のお問い合わせはお近くの農協か、当社まで。
 
確かに食べるものですし、農家の皆さんにとってはいい種豚は必要だが、いきなり「儲かる種豚」と高らかに言われるとええっとおもってしまう。
ハイポーというのは、ハイブリッド豚(ハイブリッド-ポーク)ということだそうな。元々オランダの会社が開発したものらしい。(まあ半分いやみを覚悟で言うと、その昔この意味でのハイブリッドは混血という意味で「あいのこ」という表現をしたものである。本邦では差別的意図が強い事例が多かったため今は放送禁止となり日ごろ避けるべき言葉となり、過去の専門的な用語まで言い換え対象になるのもしかたなかろう。しかし過去の文献でこの用語を使うことを紹介する書面自体もなくなるというのはいかがなものか・・・・・)要するにいろんな豚を掛け合わせたものだ。雑種にすることにより強勢効果(元気さ)を最大限に利用して様々な形質を改良した豚だとか。それで、HP(http://www.hypor.co.jp/でも
ハイポーのPS(種豚)AB♂とCD♀は経済効果が高く、多くの特徴を備えています。生産者の方々はAB♂とCD♀を購入することにより安定した肉豚の生産が可能です。また、CD♀はGP(原種豚)-D♀を購入することで自家生産も可能です。
となっている。「儲かる種豚」というのは露骨なのか、「経済効果が高く」となっているわけでこれはまあこなれた表現なんだろう。
今この会社はは、プライフーズ株式会社という三井物産系列の食肉加工を主に行なう業者の、ハイポーカンパニーという事業部になっている。そしてここの最初の日本にある農場が近所にあったのである。なるほどそうなら、飼料会社にもかかわるわけではあるが。
-------------------------
この番組は昭和60年ごろになくなっていた。仙台付近では後継でローカル番組を外部番組販売の形で地元の契約アナウンサーやっていた。お年寄り向けの番組で話し方もゆっくりした構成であったが、そのときのパーソナリティがいまや議員さんになってるんですな。

|

« 寄席ではまず出ない怖さ | トップページ | スタートアップ段階の企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/46138342

この記事へのトラックバック一覧です: 儲かるタネブタ:

« 寄席ではまず出ない怖さ | トップページ | スタートアップ段階の企業 »