« スタートアップ段階の企業 | トップページ | 廃止でなく鉄道代行だろう »

デジパチ

私はパチンコはめったにしない。乗換えで時間があったときに昔はしたものだが、最近は最初からそういう交通の不便なところに行くにはタクシーを使うことにしている。
とはいえ、気まぐれはある。最近は神田駅前でパチンコをしたことはあるが、この店はよく広報用の宣伝ガールが来たり、パチンコの関係の芸能人がきたりするのが有名である。
最近は、CR機が一般の人にも有名である。CR機はプリペイドカードに対応したパチンコ遊技機のこと。CRとはCard Readerの略。ただ、最近ではプリペイドカードよりICカードが主流となっている。玉貸しに関する区分なので、デジパチ(セブン機、フィーバー機、旧称・第一種超特別電動役物機)をCR機と言うのは間違いである。(ただしこの意味も最近はあいまいになりつつある)
さて、CRフィーバー倖田來未(機種名『KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL』)は、2007年7月に三共が開発、発売したデジパチタイプのパチンコ。歌手、倖田來未とのタイアップ機。2007年7月導入開始。このところあちこちのパチンコ屋さんの店頭にポスターが踊っている。
『CRフィーバー倖田來未 SF-T』
『CRフィーバー倖田來未 MF-T』
『CRフィーバー倖田來未 YF-T』
があるらしい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ある暑い盛り、どの店頭にも「新台入荷 KODA KUMI  Ⅱ」というポスターが踊っていた。

メーカーの三共は「フィーバー大ヤマト2」以降暫くヒット作を連発したが、競合相手の京楽がヒット作を連発するようになってから演出面で遅れをとり、2007年夏頃まで低迷した。しかしCRフィーバー倖田來未のヒットで盛り返し、続くCRフィーバー創聖のアクエリオンではホールデビュー前から大量のテレビCMを放映、こちらも大ヒットとなった。したがって、盛衰激しいパチンコ業界ではこれは一つの救命主となったとまで言われている。この世界って相当競争が激しいと聞いては居ますが・・・・・

------------------
さあて、一部のマニアにとって、「しーあーるフィーバーこうだくみ」とダイレクトに機種がいえない場合、便法として『CR江沢民』(しーあーるこうたくみん)というひとがいるらしい(爆笑)とあって、これを聞いたとき5秒後に何のことかわかって、その後壊れるくらい笑いました。
神田 來未子・美苑の姉妹の実家が私の実家の近くにあるんです。最寄り駅もおなじ。歌がうまいのはともかく、姉妹そろってああいう基礎知識のないのは・・・と親戚が余計なことを言っています。けどあれだけ歌をうまく歌うことに特化しているというのを評価できるのではないかとは思う。 個人的には恋人にするには「ウザい」かもしれないが、お友達として付き合うなら、元気がもらえそうな神田美苑さんのほうが好み。heart02
------------------
さあて、もし、『CRフィーバー江沢民』というデジパチがあったらこういうものになるかな。

賞金支払い計算が『元』。(¥という場合もある。人民元も日本円もともに¥である)
画面のなかでこのようなのは画像に出てくるのではないか。
●人民服姿ので演説building
●台湾海峡にミサイルを撃ち込むairplane
●歴史問題で靖国神社を壊したりimpact
●恫喝外交dash
●列車事故にあうtrain

まあこれは冗談である。こんなのを作るとしたら、思い切り国の恥であるな。けどこの様に大衆的なところでお互いの意図がすれ違いをしている段階では、こういう冗談をいうこと自体が問題になる。日・中の意図するところの齟齬はこんなところにあるのかもしれない。

|

« スタートアップ段階の企業 | トップページ | 廃止でなく鉄道代行だろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/45628459

この記事へのトラックバック一覧です: デジパチ:

« スタートアップ段階の企業 | トップページ | 廃止でなく鉄道代行だろう »