« Get on a colored-carp. | トップページ | もぐらたたきと類推性解釈(1/4) »

フリコマナイデ オネガイダカラ

今、捨てた牌があたり牌だったとすると、、貴殿は「ロンあがり」をしたことになる。この場合は、相手のあたり牌を捨ててしまうことを、「振り込む/放銃(ほうじゅう)」と一般にいう。この場合は「振り込んだ人」が全額を支払わなければいけない。つまり、満貫だと、私はあなたにがに「8000点」を支払わなければならない。もちろん、振込み先の相手が「親」の場合は、親の点数表から適用する。

こらー・・・・マージャンの振込みですか。
金銭決済については、最近は銀行などで処理することが一般的である。給料が銀行振り込みになって威厳が損なわれたと言う人もいるが、最近は手渡しの給与支給は、経理上好ましくないという税務署の指導も出ているようだ。
私が社会人の最初のころは、勤務先は当時でも珍しかった手渡しだった(100円以下端数は切り捨てで共済会費になっていた)。給与袋が「自立」することを期待していたのだが、今やそれはかなわぬ夢になってしまった。
このように社会インフラとしての振込みが、まさか詐欺と言うプラットホームにのっかるとは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

振り込め詐欺、被害7割減 今年上半期、警察庁まとめ  2009年7月23日21時56分  asahi.com
 今年上半期(1~6月)の振り込め詐欺の被害額が、前年同期比で7割減の約50億4千万円だったことが、警察庁のまとめで分かった。統計がある04年以降で最低のペース。振り込め詐欺用の口座を金融機関の協力で凍結したり、詐欺グループの携帯電話に警察官が電話をして犯行を中止させたりといった抑止策が奏功したという。
 まとめによると、警察が被害を認知した件数は4110件(前年比65%減)でやはり過去最低。一方、逮捕などで摘発した容疑者は549人(同2.6倍)で過去最多。検挙率も前年比約6倍の73%に達した。
 被害額は、オレオレ詐欺が社会問題化した04年は年間284億円で過去最悪だった。その後、警察の捜査が本格化して減少したが、07年下期から再び上昇に転じて08年は276億円だった。
 警察庁は全国の被害情報を一元化して被害防止に当たる対策室を設置。今年に入ってからは金融機関の協力を得て、詐欺グループが指定した振り込み先の口座を実害が生じる前に凍結してもらえることになった。
 詐欺グループの携帯電話の番号についても多数の情報が寄せられ、警察官が電話をして「あんたがやっているのは犯罪だ。すぐに中止しろ」と警告した。機械を使ってグループの携帯電話に電話をかけ続け、電話を使えないようにもした。こうした対策を今年3月から本格化させ、6月までの3カ月間に全国で約1万回線に約17万回の警告電話をかけた。
 一方、現金の送金手段に口座を使わず、郵便小包や宅配便を指定するケースが前年比で約2倍に増えており、今後は手口を周知するとともに、あて先になっている私書箱を使えなくするなどの対策を進める。
----------------------
周りにも、特に老齢の人に振り込め詐欺にあったひとが必ずいる状態。憂うべきであるなあ。
なんて考えながら厚木で、好きなホルモン相手にホッピーを飲みながら有線を聞いていたのだが・・・・・

今回は、Wink やW(辻希美・加護亜依)のベースになったものを触ってみましょうか 。ではご一緒に(苦笑)

Yeah Yeah Yeah Yeah
振りこまないで お願いだから
今ね 天和 みたいなのよ
あなたの好きな 数え役満

振りこまないで お願いだから
今ね 単騎で 待ってるのよ
あなたの好きな 平和七対子
これから 仲良く そろうのよ 
800点待つ ロマンスを

振りこまないで お願いだから
今ね 内緒の 儲け話なの
どうか うそつかないで頂戴
これから 銀行 端末へ
電話をしながら キーを打つ

振りこまないで お願いだから
手がないなどと あきらめないで
きっとね 詐欺犯つかまえて
Yeah Yeah Yeah Yeah


あーあ。
(PS)
なお、ふりむかないでと言う歌は「ハニー・ナイツ」が歌ったエメロンシャンプーのCMソングも有名である。

|

« Get on a colored-carp. | トップページ | もぐらたたきと類推性解釈(1/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/45740476

この記事へのトラックバック一覧です: フリコマナイデ オネガイダカラ:

« Get on a colored-carp. | トップページ | もぐらたたきと類推性解釈(1/4) »