« モラルが高い人ほど理性を簡単に失う件(2/2) | トップページ | ガント・・gantt,gaunt,or gant »

2000系2208-2258

-----------------------
和歌山・南海の新観光列車 「天空」29日からプレ運行  (2009年4月7日 読売新聞)
 南海電鉄高野線の橋本(和歌山県橋本市)―極楽橋(高野町)間で運行する新型観光列車「天空」(2両)の運行開始日が7月3日に決まり、4月29日から6月20日までの間で7日間、有料のプレ運行が行われる。
 天空には、柵越しに外気に触れられる「展望デッキ」や、広い窓が設けられた「ワンビュー座席」、家族などで楽しめる箱形の「4人掛けコンパートメント」、先頭車両の「先頭展望席」などがあり、紀の川や不動谷川、高野山の眺望が楽しめる。全76席。
 プレ運行は、4月29日、5月6日、6月6、7、13、14、20日で、1日2往復し、指定席は一律500円。乗客には記念乗車証がプレゼントされる。予約が必要で、乗車日の10日前から前日まで天空予約センターで受け付ける。問い合わせは南海テレホンセンターへ。
------------------------
以前、http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/holder/2008/09/post-447c.htmlで述べた電車が出来ました。併結前提で試運転をしているようですね。それと山側・海側で改造内容が異なるようです。
ブログランキング・にほんブログ村へ



(海側をかなり切り、展望用に改造したようですね)座席は、線路の北側・西側に拡がる紀の川・不動谷川や険しい山間の風景を見渡すことができる「ワンビュー座席」や、4人掛けの「コンパートメント座席」などを設けるということですから。高野山に向かって右側(大阪湾に向かって海側)を腰板までかなり切り、展望用に改造したようですね。(となるとステンレスの車では改造しにくいともいえる)車の番号は2208-2258(旧2203-2253)。1960年代初期の車をちゃんと整備したんですな。
-------------------
高野山は観光地として知られていますが、意外とバスで行く事は少ないのです。もちろん観光バスで行く事もあるんですが、冬季の凍結などのことをあってか、自動車で行くのは二の足を踏む人が多いようです。紀の川沿いの国道24号方面からは、かつらぎ町から国道480号(高野山周辺の区間では離合も困難な道が続く)、または九度山町から国道370号で花坂経由国道480号(橋本市向副~橋本市彦谷を経て、高野山に至る道などでは、対向出来ない道がある)。大阪府からは、国道371号・国道370号九度山経由で以降上記。この3つとも初心者には進められないですね。
じつは路線バスとしては、大十バス(海南-奥の院)1往復とか、有田鉄道のバスで入る(藤並-金屋口-二川-清水-花園(のりかえ)花園 - 高野山(南海りんかんバス千手院橋) - 一の橋)手法もないわけではないのですが、事実上ないに等しい(後者はマイクロバスでもある)。このほかには田辺から入るルート(龍神自動車・南海りんかんバス 冬期運休2往復)があったぐらいで不便ともいえる。今回、これに合わせて、南海グループの熊野交通が、紀伊勝浦と高野山を所要時間約4時間30分、1日2往復する計画もあり、これは、観光列車「天空」の運行をに合わせたものという。
不便ともいえるが、だからこそ高野山の立地があったともいえる。高野山は、八葉の峰に囲まれた盆地状の平地を指し、仏教の聖地としては大変良い場所とされている。つまり逆にいえばこの土地の存在価値は隔離されているわけで、それは認識しないといけないのだろう。
しばらくいってないなあ・・・・・

|

« モラルが高い人ほど理性を簡単に失う件(2/2) | トップページ | ガント・・gantt,gaunt,or gant »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/44645928

この記事へのトラックバック一覧です: 2000系2208-2258:

« モラルが高い人ほど理性を簡単に失う件(2/2) | トップページ | ガント・・gantt,gaunt,or gant »