« 人生に疲れた | トップページ | 企業には性善説を、労働者には自己責任を »

認知症もあると思います

-----------------引用
猫の認知症 あると思います [朝日新聞掲載]2008年11月15日 ASAHI.COM関西版
 このコーナーを読んでくださる皆さんから、励ましのメールや手紙をたくさん頂き、本当にありがたい。その中に「高齢(15歳以上)の猫が夜に鳴いて困ってます。飼い主は睡眠不足です」という相談が複数あった。
 動物病院に連れていっても、血液検査の結果、異常もなく、食欲もあるから治療法はない、と言われた、という方もいた。「とにかく平安な夜が欲しい」と飼い主たちは望んでいる。
 10年ほど前まで、いやもっと前になるだろうか、ペットの猫といえば、半分は外、半分は室内で生活していたものだった。散歩中に他の猫とけんかをして感染症を患い、命を落とす、なんていうことが普通にあった。
 室内飼いが主流になった今は、亡くなるときには飼い主の前から姿を消すという言い伝えは、通用しない。亡くなるまで家の中で、ずっと飼い主の傍らにいる。だから、飼い主は老いやみとりの問題と直面する。
 20年以上も生きる長寿猫もパラパラといる時代だ。老猫が壊れたおもちゃのように鳴く理由は、どこか痛い、しんどい、というものかもしれない。それ以外にも、加齢に伴って脳の機能が衰えてくる影響もありえる。
 私の病院「まねき猫ホスピタル」には、名前の通りに猫が数多く来院するので、「認知症かも」という猫も来る。「猫の認知症」はまだ一般的とはいえないが、臨床獣医師の立場からいえば、人間同様、猫にも認知症があると感じる。 私はそういう時には、精神を安定させる薬を処方する。すると、よく寝て、おとなしくなり、夜鳴きが収まることが多い。
 教科書に載っている病気だけが病気ではない。これからも、飼い主が持っている個々の疑問や悩みに紙面で答えていきたい。(獣医師・石井万寿美)
---------------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ
このタイトルは関西方面では明らかに受け狙いです(苦笑)。

我が家の猫も10歳を迎えた。元気でいるがいずれは終末医療も考えなければならないようである。
猫では普段から寝ている時間が多いために症状が出ているかどうかがわかりにくい。そのため、「猫はボケない」と言われていたが、最近猫の寿命は長くなり、結果猫にも認知症があるということが顕在化した。15歳以上の猫に現れやすいらしく、英国の研究機関は、11~14歳の飼い猫の28%、15歳を超えると50%以上が、加齢による行動障害を、少なくとも1つは発症してると発表したらしい。また猫の神経系が傷つく過程は、人のアルツハイマー病とよく似ているという。

・動きが鈍くなる
・寝てばかりいる
・突然大きな声で鳴く
・人や物によくぶつかる
・狭いところに入りこんで、出られなくなって鳴く。前進ばかりで後退できない。
・食べ物の嗜好が変わった
・食べ物を異常に欲しがる
・同じ場所をグルグル円を描くように旋回する。
・飼い主の顔や自分の名前がわからなくなり、何事にも無反応。
・昼夜が逆転し、昼間は寝ていて夜中に起き出す。
・夜中に単調な大声で鳴き、飼い主が何をしても鳴き止まない。
・トイレの失敗が多くなる。
・たくさん食べるのに、下痢もせずやせてくる。
 
獣医学の進歩や、食事・予防などの飼育環境の改善などによって、猫の寿命は長くなり、ほかにもいろいろな加齢による疾患(甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能亢進症、糖尿病などの代謝性疾患や、泌尿器系疾患、成人病や腫瘍など)も増えているという。もちろんペットにかける手間や医療が発展したという側面もあるんでは。
そのなかで一番顕著にわかるのが、トイレの失敗をあまりしない猫が粗相をする事例。ただし甲状腺機能亢進症とか認知症と間違えやすい症状もあるというので、詳細は鑑別判断で獣医師に確認しておく必要がある。

とはいえ、上記のように猫の場合も全ての高齢猫で痴呆症状が見られるわけではない。人間だってそうですしね。予防も可能というのが現代医療での見地である。ただ人間でもそうだが、問題を早期確認・早期対処で、症状の進行を遅らせることができる可能性はあるという。認知症の予防対策も本質は同じで、楽しみや刺激の少ない単調な生活だと老化が早い。そこで、薬剤や食べ物で、ある程度進行を遅らせることもある。(もちろん携帯に便利な新キャベ2がいいということはなかろうが)人とのコミュニケーションの機会が少なく、脳に対する刺激が少ないと発症しやすいと言う見解もある。そこで、食事、遊び、飼い主とのスキンシップという、一緒に遊ぶ・声をかける・やさしく撫でるというコミュニケーションで、適度な刺激を与えてあげるのが予防策だということらしい。

参考:花王ペットサイトhttp://www.kao.co.jp/pet/cat/
------------------------
とここまで書いて、自分(もちろん人間)がどうかというと・・・・自分にこのような症状がないかと、近場の人に聞いてみた。

・動きが鈍くなる
・寝てばかりいる
突然大きな声で鳴く
・人や物によくぶつかる
・狭いところに入りこんで、出られなくなって鳴く。前進ばかりで後退できない。
・食べ物の嗜好が変わった
・食べ物を異常に欲しがる
同じ場所をグルグル円を描くように旋回する。
飼い主の顔や自分の名前がわからなくなり、何事にも無反応。
・昼夜が逆転し、昼間は寝ていて夜中に起き出す。
夜中に単調な大声で鳴き、飼い主が何をしても鳴き止まない。
・トイレの失敗が多くなる。
・たくさん食べるのに、下痢もせずやせてくる。

なんだ、今の私もいくつかは同じことがあるんか。・・・ってこれはまずいなあ。下手すると私とて先々認知症もあると思います!

|

« 人生に疲れた | トップページ | 企業には性善説を、労働者には自己責任を »

コメント

こんばんは。
この文章をひもとくと、デハボ1000さんのまわりに「一緒に遊ぶ・声をかける・やさしく撫でるというコミュニケーション」をとってくれる人がいない、ということになってしまいます。したがってデハボ1000さんはまだまだ大丈夫(かな)。
一方、飼い主を持たないという点から、ヤバイとも考えられますね…。

投稿: niwatadumi | 2008年12月18日 (木曜日) 19時59分

>この文章をひもとくと、デハボ1000さんのまわりに「一緒に遊ぶ・声をかける・やさしく撫でるというコミュニケーション」をとってくれる人がいない、ということになってしまいます。したがってデハボ1000さんはまだまだ大丈夫(かな)。
おーい。奥さん(以下自粛)
ただし、
>自分にこのような症状がないかと、近場の人に聞いてみた。
ということから聞ける人がいないわけでもない(以下自粛)
>一方、飼い主を持たないという点から、ヤバイとも考えられますね…。
それはなにを持って飼い主というんでしょうか(笑)。

投稿: デハボ1000 | 2008年12月18日 (木曜日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/43407082

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症もあると思います:

« 人生に疲れた | トップページ | 企業には性善説を、労働者には自己責任を »