« 船舶 | トップページ | プレゼンテクとリテラシー(1/2) »

「はやぶさ」&「富士」

-------------------引用
<ブルートレイン>東京発が来年3月全廃 夢乗せ半世紀 (毎日新聞 - 10月03日 15:11)
 JR東京駅からブルトレが消える--。戦後の復興期から約50年間にわたって首都圏と九州方面を結び続けた唯一のブルートレイン(寝台特急)「はやぶさ」(東京-熊本間)「富士」(東京-大分間)が来年3月のダイヤ改正で姿を消す。東海道・山陽本線を併結運転してきた最古参のブルトレは新幹線や航空機との競争に敗れ、廃止に追い込まれた。東京駅を起点としたブルトレは全廃となり、58年10月の運行開始以来、半世紀の幕を下ろす。
 ブルトレは客車がブルーの寝台特急。東海道・山陽新幹線の速度向上や航空各社の割引、低料金の長距離高速バスの参入で苦戦を強いられてきた。JRグループは列車の統廃合を進めたもののブルトレ発祥の東京駅始発着にこだわった。一方で、鉄道ファンの要望を受け、九州方面唯一のブルトレを存続してきた。
 しかし、運賃・料金の割高感や車両の老朽化、車内サービスの低下もあって敬遠され、07年度の乗車率は87年度のJR発足当初と比べて5分の1以下の10%台に落ち込んだ。季節によっては「空気を運んでいる状態」だった。このため11年春の九州新幹線鹿児島ルート全線開業を控え「ブルトレの社会的使命は終わった」と判断した。(中略)
 来年春以降も引き続き運行されるブルトレは「北斗星」(上野-札幌間)▽「あけぼの」(同-青森間)▽「北陸」(同-金沢間)▽「日本海」(大阪-青森間)の4本となる。【斎藤正利】
--------------------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ
まあ、引き時かなと思います。但し、「新幹線や航空機との競争に敗れ」という定型的指標に持ってくるのは聊か短絡的だと思うこともありますがね。

問題点 ○新幹線や航空機など高速交通網の整備 ○高速道路網の整備と高速バス路線網の拡大・バリエーション増大対応 ○機関車の使用と客車の新造への躊躇: 民営化後に登場したのはJR東日本の24系「夢空間」(3両)およびE26系(1編成)のみ。 高速走行対応の動力分散方式が実現したのはブルートレイン「出雲」「瀬戸」→「サンライズ出雲・瀬戸」のみ。 ○車内設備の陳腐化 ○運賃制度の硬直化:定価によらない割引運賃設定は会社間をまたぐと難しい ○鉄道会社側の事情:駅員の宿直勤務の人件費が収益を圧迫。発着駅付近でラッシュ時にぶつかることが多く運用を乱す。
考え方ですが、新幹線にシフトできるのなら、それは別に問題無いと思いますし鉄道と言うところは押さえられるのですから。ニッチでそれなりの定評がでれば商売が出来ればいいのですからね。とはいえ、現実は飛行機などの普及発達と共に便利性が高まっている事もあるし、場所によっては新幹線への移行はどうしてもある。大分にしても鉄道で新幹線(まあ夜行で大分に着くというのはともかく)や高速バスという選択肢が出来ましたしね。私は今でも夜寝ている間につくというのは、朝起きが苦手なこともあって好んで使っていますが、寝台と言うことではコスト面もあわせ難しいかもしれません。 けど、出雲市-東京 高松-東京の寝台特急電車(サンライズ)は実は結構込んでいます。(このところ、きっぷとろうとするのですが取れないことが多いです)要するに固定客を取り込んでいるかの問題ではないでしょうか。無くなること自体を憂うのも仕方がないですが、これはハードの特性から考えると仕方がないかもしれません。すべて有終の美をかざってほしいと思います。 確かに、大阪市内から東京区内まで行く夜行高速バスは東京都内経由を含めるとJR 近鉄+東北急行 阪急+京王Gr etcと何経路もあるわけです。京都発着・神戸発着・横浜発着まで含めると相当数になりますね。これに会員制バスを加えるとざっくり列車2本分ぐらいの需要がありますし、それなりのニーズもありますからねえ。。

|

« 船舶 | トップページ | プレゼンテクとリテラシー(1/2) »

コメント

こんばんわ、
スピードが全てなんでしょうか・・
>運賃・料金の割高感や車両の老朽化、車内サービスの低下
正直、その原因はJRの企業努力の不足でないでしょうか。
確かに飛行機・新幹線は、早い、高速バスも割安感があり快適性が向上した。ビジネスには、早い・安いが必要ですが、
視点を変えて、旅・・旅行というのはスピードが全てでしょうか?
採算が採れないから、サービスの削減では、乗客は増えません。
淋しいですね。

投稿: 職業訓練指導員 | 2008年10月28日 (火曜日) 20時45分

>正直、その原因はJRの企業努力の不足でないでしょうか。
ええそうです。
最近の企業では夜行を使うことを極力避けてくれといわれます。高速バスもそうです。(拘束時間として扱われるから、労務上避けてくれとも言われてます)だから、夜行の特急もビジネス客はほんとにいません。高速バスの顧客は北九州・仙台付近以外は通勤以外の価格対応型ニーズがある、一般顧客が自動車や鉄道から動いたという形がおおいようで、純増ではないのが面白いです。
旅・・旅行というのはスピードが全てでないのはマニアの私にとっても良くわかりますし、飛行機は嫌いでないもののあの座席よりは列車やバスのほうがいい私は好んで使っています。但し、実は輸送需要自体が(自家用車も含め)減少気味なところもあり、顧客の取り合いになっているということもあります。
サンライズは車内内装を変革し、(また、人件費を落としながらサービスは上げた)夜行列車としては好調ですが、それでもゆっくりと乗客数は落ちています。これは地域間輸送量自体が減少している側面もあるらしいです。
けど、最近の子供に「車窓って眺めてると面白いぜ」といっても、大概「そんなのより」とケータイやゲームボーイに目を落とすのには複雑な気持ちがしますね。

投稿: デハボ1000 | 2008年10月29日 (水曜日) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/42686947

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」&「富士」:

« 船舶 | トップページ | プレゼンテクとリテラシー(1/2) »