« 今どきの若いヤツ | トップページ | 追加工してほしい »

トイデジタルカメラ

------------引用
使い切りタイプも登場 「低価格デジカメ」静かなブーム  7月27日18時47分配信 産経新聞
機能を絞り込んだ低価格のデジタルカメラが静かなブームになっている。デジカメは顔認識や手ぶれ補正機能などを搭載した高機能モデルや、一眼レフが市場を牽引しているが、低価格デジカメは子供用など新たな需要を掘り起こしつつある。
 日本ポラロイドが4月に発売した「i535BB」は実勢価格が9800円前後。大手家電量販店のビックカメラとベスト電器と共同で「1万円以下」をコンセプトに開発した。手ぶれ補正機能もなく、撮影環境に応じた細かな設定もできないが、画素数は500万で光学3倍ズームを搭載し、L判の写真印刷ができる水準を確保した。
 すでに用意した数千台は完売し、日本ポラロイドが「こんなに売れるとは思わなかった」と驚くほど。8月の再出荷に向けて生産を急いでいる。
 おもちゃ感覚で撮影でき、雑貨店や書店などで販売されているトイカメラも人気だ。約3000円からという価格だけでなく、単純な構造による“低品質”も「個性的で味のある写真が撮れる」と評価されており、プロカメラマンのファンもいるという。
 使い切りタイプのデジカメも8月に登場する。写真ショップ「55ステーション」を展開するプラザクリエイトは、廃棄された携帯電話の部品を再利用した「エコデジモード」を全国1200店で売り出す。価格は27枚撮り1280円から。
 画像データは取り出せず、カメラをショップに持ち込み、1枚37円で現像を依頼する。大きなブームとなった使い切りカメラだが、デジカメでも新たな市場をつくるかもしれない。(西村利也)
-------------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ

高校の時は、白黒での現像処理に凝る余り、高校の写真部の客員(現像技術を教えてもらい写真部の暗室や薬品を使わせてもらう代わり、鉄道写真撮影の名所を教えていたorz。)部員であった。今は、無残にもカメラのハードユーザーで無い私だが、今般、会議の資料を作る・主宰する・引率する、取材することも多くなると銀塩でなく、デジカメが必要になってきた。とはいえさすがに今浦島になっており困っていた。書類のまとめはインターネットで行う以上、銀塩というわけにはいかないなあ・・・と悩んでいたところである。ケータイはカメラ機能を使う気もない(というか、うっかり出せない顧客があるため)。そこで、最近の流れに詳しい人に教わって、改めてカメラを買って一安心である。(これをカメラ甲とする)これはミドルクラスで触れ防止(「○○はブレない」・・とか)が入っていたり、オプションで充電器で充電したものを装着するようになっている。
ところが、ここで子供が1996年式のコダック製(旧法人時代の開発)のカメラなどを私に渡してくれた。重いし、使いにくいということであるが、じつは自分のPCにはメモリースロットがある。サイズとしては昔のハーフカメラ相当であるので、精緻な写真を期待することは出来ないが、予備機で使う分にはよかろうというわけである。固定焦点距離だからね。(カメラ乙とする)ところが、これはこれで便利。まず旧式な大きなコンパクトフラッシュを出し入れして使うのだが、いまは安価で大容量のものがでている。そのため、手持ちの256Mメモリーを入れると「撮影枚数900枚」と出た。更に乾電池式で、電池切れを起こしても入手が容易。(512Mでは999枚とでる)
というわけで、甲乙2台のカメラを持って出かけてみた。デイリーの取材にはカメラ乙が容量を神経質にならずパシャパシャとれるし、掲示板や記念碑を撮れば取材には丁度いい。(しかも取材後、白黒で使うこともある)とはいえ、記念写真などの表で使うものには画素数も多いほうが好適、拡大して使うような用途や美的センスが求められるものだとやはりカメラ甲でなければ非常に厳しいものが残る。
というわけで、普段使いには私はカメラ乙を使い、撮影してみなさんに配布するなどの用途にはカメラ甲を使うということにした。リスク回避策としてもいいかもしれないですね。
--------------
勿論、ちゃんとしたデジカメはあってこそ、普段使いの低価格デジカメがあるという使い方をしている。これは以前のカメラでも同じことだろうと思う。プロや詳しい知識のある人はまあカメラやレンズを複数使うのは当然だともいえようが、それらの知見、経験があるから、トイカメラの面白さが判るのだろうと思う。子供達も、家族で一応標準的レベル以上のカメラを持っているひとがいて、そのカメラを知っているからこそいわゆるトイカメラが楽しく使えるのではないだろうかと、思いっきり私は考えている。
まあ、その意味では日本ポラロイドのカメラは目的意識がしっかりしているのだが、プラザクリエイトの場合はどーかなーと思うところがある。確かに従来の「写るんです」タイプの発想を美味く使い、廃品回収を良い意味で展開したのは認める。但し、最近の人はほとんど携帯電話を持っているわけで、そのカメラを廃品活用するというのは、撮影性能にはその程度・携帯と大差ないということ。だから、差別化が難しいという側面もあろうかと思う。あと、写真ショップのビジネスモデルにこだわりすぎていることが、良く展開できるか出来ないのかが少し気になるところである。

|

« 今どきの若いヤツ | トップページ | 追加工してほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/41991141

この記事へのトラックバック一覧です: トイデジタルカメラ:

« 今どきの若いヤツ | トップページ | 追加工してほしい »