« 技術者倫理の勉強をしたい | トップページ | バランスのいい開発生活 »

お師匠さん

メンター(英:Mentor)とは、良き助言者、指導者、顧問という意味。
ギリシア神話に登場する賢者「メントール」が語源。オデュッセウス王の友人で助言者、王の息子テレマコスの師も務めた人物である。賢明な人、信頼のおける助言者、師匠など指し、一般には「成熟した年長者」をさす言葉として使われている。先輩社員や上司を指導者として、業務上の問題点のみならず、職業人としてのマナーなどについても学ぶ。指導者をメンター、指導を受ける人をメンティーとかプロテジェと呼ぶ。経験豊富なメンターに、継続的な支援を受けることを「メンタリング」という。
人生でという長い旅路で、優れたメンターとの出会いは、財産になるという。というのは・・・・進路指導・転職紹介といういみで、日本ではこの概念が使われていることがあるらしい。
ブログランキング・にほんブログ村へ

・自分のキャリアパスの参考になる

  ・仕事やキャリアで迷ったとき相談に乗る

  ・成功のイメージを具体的に見せる

  ・キーパーソンを紹介

  ・自分を他人に売り込む

  ・有益な情報を与える

  ・仕事のチャンスを与える

  ・周囲からの攻撃から守る

  ・自分によい影響を与える

  ・仕事に対する姿勢や考え方を教える

  ・仕事の楽しさを教える

  ・人としての生き方を教える

  
また、これもそう。
# 社会運動としてのメンタリング

 ・非行、学業不振、暴力、薬物中毒、怠業、不登校などの青少年の健全育成

 ・ヒューマン・サービス(教育・医療)に関わる専門家養成

# 組織における人的資源開発、およびメンタル・ヘルス活動としてのメンタリング

 ・新入社員、女性社員、コア人材などの支援・育成

 ・組織開発、職場風土の変革の手段

 ・メンタル・ヘルスの一環

         
こうなるとメンターは誰でもよいわけはなく、上記の役割を果たせるだけの「人間的魅力」があり「知識・経験豊富」な人で、お互い不足するところを足し、信頼関係を築ける存在であることが重要だ。そーいるものではない。また有償コンサルタントにあう以前に、コンサルタントに相談する前の意思決定の支援となることで分化を図っている。メンターとなる人の多くは職場の上司や先輩だが、ここ数年、職場の「タテの人間関係」が弱まった結果、いい先輩や上司とじっくり話す機会が少なくなり、またそれを忌避する傾向も有る。メンタリングの基盤はお互いの信頼関係だが、そこまで踏み込んだ人間関係を築くのは、難しい状況になっているようだ。

また、社長もメンターが必要だ。アメリカのベンチャー企業の経営者は“タイガーセッション”と呼ばれる「メンタリング」を受ける。なぜ“タイガー”かというと、先輩経営者や経営のプロがメンターとなり、その経営者を血みどろになるまで“噛み付く”から。アメリカの場合キリスト教の喜捨の概念から由来するものか、有力な企業の創業者がポンと多額の寄付をしたり、無報酬で手助けに参加する事も多いらしく、それが社会に対する彼らの還元という概念でもあるようだ。日本ではそういうのは「一人勝ちは許しませんで」ということもあるから、そんな勝ち方の人は足を引っ張られることも多い。普段、周囲に厳しいことを言ってくれる人がいない孤独な経営者、また、困りごとがあっても迂闊なことを言えば経営自体に不安定要因を招く起業者。だからこそメンターを必要とする。

また欧米ではあまりない仲人さん(特に結婚紹介所でない、篤志のかた)という習慣も「メンター」という形で説明されるようだ

日本では有償で商売をしている例(http://www.mentor-bank-tokyo.com/)もあるが、本当は無償活動が望ましいそうである。
----------------------------
と言う話を聞いてきた。起業フォーラムでの話題である。

ところで、この話をしていた人は、航空機がめっちゃ詳しいようで、こんな話をしていた。

T-34 メンター(英:T-34 Mentor):第二次世界大戦後にビーチエアクラフト社が開発し、米軍に採用された練習機。原型機は1948年12月に初飛行した。日本では1952年に現防衛省が初等練習機を50機導入する際、富士重工業が生産ライセンスを取得した。東南アジアには戦時賠償目的にも供給した。後に一般的になったスタイルを採用したこともあり、現在でも練習用として通用する。後にエンジン出力を強化したT-34B、レシプロエンジンからターボプロップエンジンに転換したT-34Cターボメンターといった派生型を展開した。
アメリカでは、メンターと言うとこの練習用という意味から来た名前を思い出すことが多いらしい。

---------------------------

さて、「メンタリングの基盤はお互いの信頼関係だが、そこまで踏み込んだ人間関係を築くのは、難しい状況になっているようだ。」というと確かに機能の伝承などで、従来型の師匠・匠タイプの形で人間関係を濃密に作ることでの育成があまりにもなりにくいということらしい。指導を受ける側に、そのような不合理だとも言える指導を受けることを忌避することもあるし、それ以上に師匠方も技術・技能は一流だが指導が三流という人のほうが普通であるからだ。反対に技術三流・指導一流というのもじつは結構ある。こういうことからこのところ漫才では師匠につくより養成学校出身の漫才・コント・放送作家が非常に増え、さらにそれが結果最近の漫才隆盛に繋がっているという説もある。まあ、それだけでもないのだろうが。

まあ、師匠と言うのもあるし、反対に経営上のパートナーというのがありますな。本田技研・SONYなんかそう。これなんか、お互いがお互いのメンター・メンティーだったという考え方もあるらしい。ふーんである。

|

« 技術者倫理の勉強をしたい | トップページ | バランスのいい開発生活 »

コメント

私も1行目を見て真っ先にT-34メンターを連想しました(笑)。ちなみに現在の自衛隊の初等練習機T-5とT-7も、このT-34の基本設計を受け継いで富士重工が開発したものです。

投稿: TX650 | 2008年9月19日 (金曜日) 19時23分

>真っ先にT-34メンターを連想
お待ちしていました(笑)
アメリカではこの由来余り知られてなく、普通の人は飛行機由来と考えてるらしいです。とは言えT-34「師匠号」というと噴飯ものですし。
-----------------
さて、こういうような先達に出会うことはなにかと難しいですねえ。その意味で飛行機に「メンター」とギリシャ神話由来の名前をつけたのはいいセンスだなと思います。

投稿: デハボ1000 | 2008年9月19日 (金曜日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/42331686

この記事へのトラックバック一覧です: お師匠さん:

« 技術者倫理の勉強をしたい | トップページ | バランスのいい開発生活 »