« レーザーポインタ | トップページ | ラジオ体操(1/2) »

独自の世界観を持つスーパー

------------------引用
http://portal.nifty.com/2008/08/22/c/
スーパーというと細かい差異はあれど、基本的には似たようなイメージがあるのではないだろうか。しかし、関西には東京や他地域では思いもよらない、激安かつ独自の世界観を持つスーパーが存在する。それこそスーパーを語るだけで一時間は話がもつような。いわゆる「ネタになる」てやつだ。内容が内容だけに店名はあえて伏せますが、庶民派を越えた超・庶民派な関西スーパー事情について、識者ふたりに語っていただいた。
*おことわり:関西では無邪気な子に「吉本へ行け!」と言うのが定番なように、「愛される対象であるからこそネタにする」という文化がございます。多少の厳しめフレーズは「ご愛敬」「愛情ゆえ」としてご覧ください。いやホントに。(大坪ケムタ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ある意味、買い物+ゲーム性を楽しめるスーパー
関西には凄いスーパーがある!という話を最初に聞いたのは、友人のイベントで「某スーパーの弁当を食わせるという罰ゲーム」があるという話を聞いたからだ。当時、なんでそれが罰ゲームとして成立するのか、と聞いて返された答えは「そこの弁当がとにかく安く、とにかく腹一杯になり、とにかく油っぽい。そして胃もたれする」とかだった気がする。それから何度か来阪してはその手のスーパーで食事をし「なるほど‥」と思わされたもの。(中略)
さぁ、この辺が超庶民派の「超」たるあたり。多少「え?」という話は出ているが、実際の客層は年金もらってそうなお婆ちゃんから、深夜営業やってるだけにおミズ系の綺麗な人までと幅広く地元に根付いてる様子。やはり学生も多いらしいが、親が自分の子供が買い物してると聞いて「そんなん食うくらいなら仕送りしたるから」と言ったとか言わないとか‥。(中略)

--まーいろいろ言ってますけど、皆さん行ってるんですよね?その辺のスーパー。
ぶ「なんやかんや言うて行ってますよねー。腹壊したとか入院したとか噂は聞いても。男5人くらいで『これヤッベー』とか言いながら買うのが楽しいんですよ。うまく使えば安いんで。でも目利きは必要ですね」
山「総菜は肉じゃがも160円とかなんで、酒飲む人がビール2本くらい買って計1000円くらい出したらものすごい食えるんですよ」
ぶ「個人的には冷凍うどんが3玉100円で安定して食えるのが嬉しいな。普通の麺類やと15円とか20円とか。」
山「普通のお菓子が安いね。レンジでチンの見た事無いやつとか」
ぷ「あと、刺身は意外といけるんですよ。肉も安いし。加熱したり調理したやつはちょっと信用ならんのですけど(笑)。店員のサービス精神も高いしな、レジで『これつけたら×円セールの商品買えますけど?』とかわざわざ言ってくれたり」
--ま、こういうネタにされる程度には愛されてるというのはよく分かりますね。(後略)
------------------終了-
えー、この先の引用は避けさせていただきますが、私、このスーパーチェーン(何十店舗もある大手です)には何回かいっていますね。関東在住ですから本来はいかないのでしょうが、近郊工場地帯にもあるからか、なぜかいっています。そして痛い目にもあっています。
確かに、関東でも目黒通りなど、普通の大通りと同じように道路に面して点々と6軒のスーパーマーケットがあるのだが、この並び順に法則があるという。山手通りと交差する大鳥神社交差点にある「サンデーマート」を起点に産能短大交差点の「紀ノ国屋」までにある6軒のスーパーで、扱う商品の価格帯がだんだん高くなる。つまり、庶民派スーパーからだんだんと高級スーパーになっていくらしい。そういう地域特性があるのだろう。
別の記事ではこういう提言をしているのも見つけた。早見表である。主観一杯ですがね。

廉価帯
東京: サンデーマート
北海道: 丸正
名古屋: ユニー
大阪: ライフ
中堅帯
東京: 東急ストア≦ダイエー
北海道: 札幌フードセンター≦ダイエー
名古屋: イオン≦ダイエー
大阪: ダイエー
高級帯
東京: クイーンズ伊勢丹<ザ・ガーデン自由が丘<紀ノ国屋
北海道: とくになし
名古屋: 成城石井
大阪: いかりスーパー

サンデーマートは一時期よくいったが庶民的価格が魅力(マルエツ系)。東急ストアはそれよりちょっと高い普通のスーパーで、大型店舗のダイエーはさらにもう少し高級な品も取り揃える。クイーンズ伊勢丹はかなり高級度は増し、高級系スーパー中堅のイメージがあるザ・ガーデン自由が丘(西武百貨店系列)。最後にたどり着くのは高いスーパーの代名詞、紀ノ国屋。目黒駅付近から黒02系統とか東98系統等に乗ると順々にこれらがでてきます。(ただ、このあたりはあちこちに東急ストアがある。ルート上の目黒駅前にもある。この法則はたんなる偶然ではとも・・・・)
------------------------
さて、私の活動範囲にも近接して甲乙2つの小規模スーパーがあるのですが、100mしか離れていません。片方が中堅帯の客層であるのにたいして、もう一つは廉価帯の下ぐらいです。私は買うものによって使い分けをしていますし、例えば甲の方は生ものを買うことが多く、乙は加工食品や牛乳のように比較的品質の担保があるものを中心に購入しています。この2店、規模も同程度ですが加工食品では15%ぐらいの価格差が常にあるのです。ところが、生鮮食料品に関しては価格差が露骨に品質に反映していまして、痛んでいないものの片方ではまったく食べることの出来ない干物にあたったことがあります。但し、刺身なんかは価格もそう変わらないが品質は同じのようですね。
確かにこんなに近接しているのも関わらず、どっちも客層の食いあいがないですね。お年寄りが非常に多いところと40歳前の客層が主流の店、これが最近際立ってきてる気がします。
--------------------
この前、廉価で著名な関東の某中堅スーパーに入ったら、別に品物が悪いわけでないし、店も綺麗、ただし個々も品物が安い。例えば弁当298円(当地の平均398円)・・・しかし、ここの場合はトレーを薄いものにしているということで対抗している。(もっとも未払い賃金など労務管理で相当問題を起こしてるということもあるらしい)しかし販売の品質をどうこういうレベルではない。ところが、所得間格差が関東以上に幅広く、しかも混在している地域というのは、関西が顕著化ともいえます。但し、関西らしいのはむしろそういう店のほうが、マニアル化した店員がなく(もともとマニュアル化した接客システムをとっていないともいえる。)「店員のサービス精神も高い」側面があることは、風土と言うことなのでしょうか。

|

« レーザーポインタ | トップページ | ラジオ体操(1/2) »

コメント

こんにちは。
私はスーパーといえばオーケーストアです。いつでも安いですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC
セコムの飯田顧問の兄弟が経営するスーパーであるとは知りませんでした。

投稿: kunihiko_ouchi | 2008年9月29日 (月曜日) 03時41分

>私はスーパーといえばオーケーストアです。いつでも安いですよ。
でました。私が行くのは雑色の本店(ジャンボ・サガン店)・三ツ境店・大和店・一番町店・長町店ですね。とはいえ、関東はスーパー全体に比較的店の質は安定してる気もします。

投稿: デハボ1000 | 2008年9月29日 (月曜日) 04時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/42243073

この記事へのトラックバック一覧です: 独自の世界観を持つスーパー:

« レーザーポインタ | トップページ | ラジオ体操(1/2) »