« 逃げる逃げるお客が逃げる | トップページ | 多能工化 »

この症状がでたら一人前なのだろうが、けど・・・・

仕事上、身についてしまった妙なクセや習慣は、ある意味、一人前の証とも言える“職業病”の症例かもしれない。あなたにもありますか。色々ネットにあるものを集めてみました。
ブログランキング・にほんブログ村へ

-------------------------
「ファストフード店でオーダーを告げられると、『了解』って意味で『サンキュー』と言う。私生活でも『そこの醤油取って』とか頼まれると『サンキュー』と答えてしまう」(27歳・男)
「機内では乗客のニーズに即座に応えられるよう目配りしてる。電車の中で見ず知らずの人と目が合っても微笑んでしまう」(29歳・女・客室乗務員)
「飲食店に行ったら無意識におしぼりを三角にしちゃう。あと飲み物のグラスに水滴が付いてると、ほかの人のグラスでも気になって拭いてしまう」(26歳・キャバクラ勤務)
「プライベートでエレベーターに乗るときも、操作盤の前に立つ。慌てて乗り込んで来る人がいると、『何階ですか?』と聞かないと気がすまず、降りるときはできるだけ“開く”ボタンを押す役になって、一番最後に降りると気持ちが楽になる」(35歳・男・ホテルマン)
「買い物するときは、住宅ローンで換算してしまう。」(30歳・男・不動産)
「よくできたサイトに遭遇すると、真っ先にソースをチェックしてしまう。」(34歳・男・ウェブ制作)
「エレベーターを待っていると、どんなプログラムで制御しているのか気になってしまう。異様に待たされたりすると『このプログラムを書いたヤツはバカか!』と心の中で罵倒」(SE)?
「何気なく書いたメモが、気づくとフローチャート式に。『○○で手土産△△を購入→目的地に直行→(売ってなかった場合)手土産を××に変更→必要に応じて飲み物◇◇も追加購入……』など」(29歳・男・SE)
「主目的の用事Aで外出した際、同時にBやCという急ぎではない用事も済ませることができると、自分の行動を“最適化”した気分で嬉しい」(30歳・男・SE)
「書店で書籍検索システムの端末を見かけると、システムの入力テストをしてしまう」(33歳・男・SE)
「半角英数指定の入力欄に漢字を入れてみたり、ワンクリックで済むボタンを連打。どんなエラー処理をしてくるのか、同業者の“お手並み拝見”気分」(34歳・男・SE)
「『デフォルト』や『リブート』なんて言葉が日常会話に出てしまう。」(33歳・女・ウェブ制作)
「ほかの薬局に客として行き、そのお店の薬剤師の声につられ『お大事にー』と言った」(24歳・女・薬剤師)、
「つい親にまで『お大事に』と言ってしまう」(33歳・男・美容外科医)、
「夜勤明けで家で呼び鈴が。インターホンで『どうなさいましたか~?』。」(36歳・女・看護師)。
「半袖の季節には無意識に人の腕を見て、注射しやすそうな“いい血管”を探す」(32歳・女)
「血管が浮き出てる人を見つけると『おぉ、ラインが取りやすそう』と感心する。誰かの手に触れると、無意識に手首から肘をさすり、血管の場所を確認してる。」(36歳・女)
「人が突然手を伸ばすと、居合抜きのようにサッとかわし、逆に相手の手首をつかむ。」(36歳・女・助産師) 
「サイズを測るとき、つい指を使ってしまう。子宮口がどれくらい開いてるかを測るのに指を使う。私の場合、人差し指1本で1・5cm、人差し指と中指を目いっぱい広げて8cm、縦に広げて12cm。家具を買うときは便利」(36歳・女・助産師)
「気づくと月を見上げる。新月と満月のときは出産が多い。」(36歳・女・助産師)。
「日常の小さな買い物でも最安値で買えないと悔しい」(39歳・男・メーカーの購買担当)
「賃貸マンションなのに電気部品を好きなように換えすぎ、退去時に元に戻すのが大変」(28歳・男・電気工事業)
「マンションや一戸建てを見ると、ここから空き巣に入られそう……と考える。」(33歳・男・セキュリティ機器販売)
玄関のマットを裏返してみる (清掃用具レンタル)
病とか症、痛なんか書きまくると、庭とか廊や虚を書き間違える。カタカナ語が薬の名前に思える。(医療系)
会議で資料を配布後、説明の前に「では鉛筆持って、名前を書いて」と言う。 (元・小学校教師)
フィットネスジムのお風呂などで他のひとのおっぱいのかたちを分類する。骨盤も気になる。(助産師)
ゲーム作ってるのでテクスチャに適した岩や壁を見ると写真を取ってしまう。普通は撮らないものまで撮る(プログラマ)
ドラマや映画に出てくる花に目が行き、変なものにはツッコミを入れる。ドラマの背景の花に「この季節に外で○○はないやろ」。など(舞台美術)
外食しても、家で食べても、食べ終わった皿を見るとつい、「一枚、二枚…」と数える。(回転寿司)
手術の際に使用する鉗子やガーゼは、術前後に『いちま~い、にま~い…』と一緒に数える。コンビニのレジでおつりをもらう時、店員さんが声出して数える前で、ついつい唱和してしてしまいます。(看護師)
原価が分かり、外食や弁当でも「おいしい・おいしくない」ではなく、値段に対して「損か得か」の感情しか生まれない。(食品関係)
相手が電話を切るのを待って、受話器を置く。(電話受付)
左右対称な作業をする場合、右側を作ってから左に反転コピーをするが、お風呂で仕事のことを考えながら頭を洗っていたら、右側だけしか洗っていなかった。(CG制作)
撮影に行ったら、ゲストに俳優&歌手の松崎しげ●さんがいて、「マゼンダ50%、イエロー70%、スミ30%」と、つい肌の色指定をした。(出版)
携帯、及びパソコンの変換が仕事の関係で通常とは異なる変換になる。(医療)
人の電話番号を聞くと思わず「いい番号だねえ」などと言う。(通信)
旅行でビデオをまわす時、本筋とは関係ないけどあると分かりやすいものを撮ったり、どこから撮るとよりホテルなどの部屋が綺麗に広く見えるか、などに集中し、旅行が楽しめない。ビデオを持っていかなければいいが、持って行かない時に何かハプニング映像があったらと思い、携行してしまう。(番組制作)
会社の入口が,社員証をタッチするとゲートが開くsuica型なので駅の改札を社員証で通ろうとしてしまう。
カバンの中には常にメジャーと方位磁石、方眼紙を入れ、人の家に伺うと何でも測る。 (住宅会社)
道を聞かれ、道が分からないときでさえも答えたあとについ「ありがとうございます」と言う。(デパート)
仕事でイラストレータやフォトショップを使っている為、現実のペン書時に失敗すると 脳がCtrl+Zの操作をさせようとする。(デザイナー)
TVでにこやかに笑っている芸能人なんか見ると、歯を見る。(歯科衛生士)
仕事でドラムをやってるので、足が鍛えられ、貧乏ゆすりがかっこ悪い。
小型電気製品設計では、大きさ2mm未満がぞろぞろ…。実験しながら「米粒って巨大だ」と考える。(メーカー)
日頃、いかに自分の会社の保険が合理的かお客様に力説するので、他社保険案内をチェックし、自社にはない保険の良さを発見し、他社で契約してしまう。(保険)
読み聞かせのボランティアで、自分の子供が書店や図書館で絵本を選ぶとき、「ママ読んで~」と言われると、ついつい本気モードに入るらしく、気づくと数人の知らない子がわが子に交じって私の本読みを聞いている。
雑誌の企画で俳句調のコピーを出し、以来出てくる言葉が俳句調になる。メールだと・・・『こんばんわ 夕飯いらない 今晩は』最近下の句で返ってくる。(編集)
かごがあると、つい集めて重ねる。(スーパー)
自宅でボーッとテレビからナレーションで流れてきた言葉にあわせて勝手に手が動く。(データ入力)
デカンテーションは上澄みだけを静かに注ぐことだが、ドレッシングを使うたびにし、油ばかり出す。(研究職)
----------------------------------
本当は、これぐらい浸りこむのが習熟するのにはいいのかもしれません。いわゆるパブロフのイヌ状態ですよね。
但し、このようなヒートアップ状態が常時続くときに問題があります。こういうときに特異例がとかく、一般の人にも通じるという頭の中の思考回路のショートカット化をおこします。それが本当はまずいのでしょう。

|

« 逃げる逃げるお客が逃げる | トップページ | 多能工化 »

コメント

こんばんは。
ちょっといくらなんでもそれは(笑)という症状が多いですね。

これで思い出したのがタイの健康食品のCMです。
http://jp.youtube.com/watch?v=2Z33g0zLjY0

日本にもこんな男が・・・いるわけないか。

投稿: kunihiko_ouchi | 2008年9月 6日 (土曜日) 01時28分

これはこれでしゃれてますね。但しこんな男友達がいたらいやだ(笑)。とはいえ、(逆の人もいましたが)圧縮機の設計をしてる人に「ロリコンてのはロータリーコンプレッサーのことですか」というのもいましたからありえなくも無いorz。
「書店で・・・システムの入力テストをしてしまう」と言う人は身の回りにもいました。モンキーテストという特殊な出荷試験を一緒に行った図書館でやってもーた剛の者もいます。

投稿: デハボ1000 | 2008年9月 6日 (土曜日) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/41268783

この記事へのトラックバック一覧です: この症状がでたら一人前なのだろうが、けど・・・・:

« 逃げる逃げるお客が逃げる | トップページ | 多能工化 »