« 「合コン」と人脈形成 | トップページ | 技術者倫理の勉強をしたい »

採用試験臨時バス

確かに、地方に行くと大きな自動車会社の期間工募集会を頻繁に行っていることは良く知られます。民間での募集はわかるんです。けど官庁でもこういうこともやってるんですね。わたしは、鉱山跡に取材でいきたいなあとWEBで探し物をしていて(目的バレバレ・・・)偶然こういうのを見つけてしまいました。
--------------引用
http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/pdf/shoubou.pdf

東京消防庁採用試験臨時バス時刻表
盛岡駅前~アピオ(産業文化センター)(片道)450円 (往復割引乗車券)800円
往復割引乗車券をお求めの方はバス案内所(⑦のりば前)でお求めください。(車内では販売しません)バスカードも使用できます。
------------------------
9月17日(水)運行
盛岡駅前→アピオ(産業文化センター)
    盛岡駅前③番のりば発 ⇒ 産業文化センター(アピオ)着
臨時     8:00        →  8:30
  (この間、満席になり次第出発)
臨時     8:30       →   9:00
  アピオ(産業文化センター)→盛岡駅前
臨時    16:30       →   17:00
この後 17:08 17:58発定期バスがあります。
-----------------------
お問い合わせ:岩手県北バス 019-652-5151

----------------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ

アピオ(産業文化センター)は、岩手県岩手郡滝沢村にある。この村は盛岡市に隣接し人口が5万人いる村だ。盛岡⇔沼宮内の便が建物まで入るのですがそう多くありません。 17:08発・ 17:58発定期バスは沼宮内からの便です。(5分ぐらい歩いた県立大学前からは倍ぐらいの便が運転。しかも別のバス会社の便もそこからは頻繁にあるから、帰りの臨時便がすくないのはそれだからでしょうね。往復切符はお客の囲い込みもあるのかも。)おやおや・・・こういう場合でも、各地で採用活動をおこなっているんですね。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-jinjika/saiyo20.htmを見ると「平成20年度東京消防庁消防官採用案内」という形で、
1類 1回目   第一次試験 東京・京都・福岡   第二次試験 東京
1類 2回目   第一次試験 東京          第二次試験 東京
2類       第一次試験 東京          第二次試験 東京
3類       第一次試験 東京・札幌・秋田・岩手・京都・福岡・鹿児島
         第二次試験 東京・札幌・秋田・岩手・京都・福岡・鹿児島
となっている。採用試験は、Ⅰ類(大学卒業程度),Ⅱ類(短大卒業程度),Ⅲ類(高校卒業程度),専門系(法律・建築・電気・電子・通信・化学・物理・土木・機械)などの試験区分ごとに行なう。近年の東京都の場合、合格率はⅡ類で3%、Ⅰ類で3.9%   狭い間口です。(このほかに事務職員の採用も有る)
消防官試験は各市町村ごとに実施されるのが普通。但し東京都は東京消防庁が採用試験を行う(その際東久留米市、稲城市、島しょ地域は例外となる)。このため、消防法などの研究機関としての東京消防庁は非常に規模が大きく、他県とは別格扱いである。
周辺市町村との「消防組合」等で採用試験を行う場合もある(町ごとに消防署を持つとは限らないため、事業組合のようなものもある)。普通は何種類か分けるが大卒程度、高卒程度の区別なく一括で採用する自治体もある。
市町村・消防組合の試験は毎年一定人数の採用が行われているとは限らない。つまり東京消防庁が都内の大方の自治体の一部事務組合一部事業組合に近い存在になってるというのが一番判り易かろう。
--------------
私がおやあと思ったのは、「札幌・秋田・岩手・京都・福岡・鹿児島」というのが現下で有効求人倍率が低い地域みたいだからです。ただし京都???と思われるようですが・・・・。そこで厚生労働省の資料(H20/7は速報値)を見て、どちらかが0.70以下の有効求人倍率のものを太字、どちらかが1.30以上の有効求人倍率のものを下線にしてまとめてみました。


都道府県・地域別有効求人倍率(季節調整値)
   H19/4 H20/7
全国    1.05 0.89
------------------------
北海道 0.50 0.51
青森県 0.46 0.42
岩手県 0.77 0.59
宮城県 0.98 0.70
秋田県 0.62 0.49
山形県 0.98 0.78
福島県 0.93 0.69
-------------------------
茨城県 1.03 0.91
栃木県 1.56 1.10
群馬県 1.68 1.42
埼玉県 1.00 0.91
千葉県 0.92 0.83
東京都 1.41 1.25
神奈川県   0.94 0.85
山梨県 1.11 0.94
長野県 1.20 1.04
--------------------------
新潟県 1.15 0.88
富山県 1.28 0.92
石川県 1.31 1.15
福井県 1.39 1.12
岐阜県 1.38 1.13
静岡県 1.22 1.09
愛知県 2.01 1.67
-------------------------
三重県 1.38 1.17
滋賀県 1.33 0.97
京都府 0.98 0.87
大阪府 1.27 0.94
兵庫県 0.94 0.78
奈良県 0.84 0.74
和歌山県   0.85 0.85
-------------------------
鳥取県 0.74 0.68
島根県 0.90 0.92
岡山県 1.48 1.23
広島県 1.17 1.07
山口県 1.09 1.09
徳島県 0.92 0.80
香川県 1.31 1.10
愛媛県 0.88 0.86
高知県 0.49 0.50
-------------------------
福岡県 0.91 0.64
佐賀県 0.73 0.64
長崎県 0.63 0.57
熊本県 0.85 0.64
大分県 1.03 0.87
宮崎県 0.67 0.57
鹿児島県  0.63 0.55
沖縄県   0.43 0.39
-------------------------

一応考えておかなければならないのは、広域都市圏いう見方をしなければならない地域もあること。意外と埼玉県・神奈川県が有効求人倍率が低いのは東京に雇用が集中しているといえる。東京の求人企業は東京在住の人を雇うことを条件にしているわけでないので分母と分子の範囲が統計上少し変わる。おなじことは京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県の(関西圏)でもいえるものの、京都府や兵庫県・和歌山県は微妙な地域もある。また中京圏もそういえるが、元々愛知県・岐阜県・三重県は全体に求人倍率が高いレベルにあるため明確にこの事情が反映できるかは疑問である。
この結果を見ると、求職の量まで考えると、全般に地域の経済効果が関西圏は地盤沈下していることから、有効求人倍率が低くなるが、人口全体は多く、求人の絶対数は多いため消防士を募集するとニーズがあろう。(だから京都と考えず関西圏と見るべきですかな)東北・北海道・九州は潜在的ニーズに事欠かないので求人活動をするのはそれなりに利にかなっているみたい。北関東・中部・北陸地域は人材の供給不足でもあり、無理して人を集める行動をとっても難しかろう。九州四国は偏在はあるものの高止まりである。そうなると試験会場の選択・配置はそれなりに利にかなっているようだ。たしかに東北地方や九州地方に求人のためのみの出張所を設けている関東の会社もあるのは知っている。また消防業務の世界ではガリバーである東京消防庁としては、相当大量の人材が必要なのだということなら、人材確保の苦労はわかる。
けど地方自治体が本当に民間の企業の求人と同じ方法で、市場原理にまかせっきりの求人手法でいいのかなあというところも少し悩むところではある。民活の一つの側面であるのだが。

|

« 「合コン」と人脈形成 | トップページ | 技術者倫理の勉強をしたい »

コメント

こんにちは。岩手には一度しか出向いたことがありませんが、それがこのアピオでの高校生ものづくり展でした。なかなか景色のよいところでした。
http://www1.hst.titech.ac.jp/~kadota/kengaku/iwate/morioka.html

投稿: KADOTA | 2008年9月17日 (水曜日) 06時25分

好摩での乗車・降車・乗り換えはあるんですが、ここはバスでも列車でも通過ばっかり(但し回数は多い)です。車窓はいつも爽快で山も見え気持ちいですねえ。
どうしても盛岡は、韓国冷麺・わんこ蕎麦というものにかたよってしまいます。(食べ物ばかりかよ)花巻はそれなりにあるんですが。

投稿: デハボ1000 | 2008年9月17日 (水曜日) 21時10分

こんにちは。そう言えば、このときも無料のシャトルバスがたくさんでていました。(全国規模の大会だったもので)宿泊した盛岡のビジネスホテルの朝食が無料だったのを覚えています。が、その後、鈴鹿のビジネスホテルでもそうでしたので、よくあるのかと。来年の機械学会が岩手なので、もしかしたらですが出向くかもしれません。

投稿: KADOTA | 2008年9月17日 (水曜日) 21時54分

>宿泊した盛岡のビジネスホテルの朝食が無料
そういえば、最近地方の中心都市のビジネスホテルは価格競争の果てなのか、朝食がサービスのところが多いですねえ。
学会の時のホテル手配はお早めに(今、別件でホテルがとれず困ってます)

投稿: デハボ1000 | 2008年9月17日 (水曜日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/42457674

この記事へのトラックバック一覧です: 採用試験臨時バス:

« 「合コン」と人脈形成 | トップページ | 技術者倫理の勉強をしたい »