« 翼をくださいな | トップページ | 続:トンデモ科学はけしからん »

神をも祈る気持ち

(1)
-----------------引用
<個人情報>担任が占師に児童の障害相談 秋田の小学校 8月24日18時39分配信 毎日新聞
 秋田県男鹿市の小学校に勤務していた男性教諭(40)が、特別支援学級の男子児童について、保護者に無断で名前や障害の程度などを占師に告げ、治療方法を相談していたことが分かった。教諭は「子供の障害が良くなればと考え、相談した」と市教委に説明している。
 市教委学校教育課によると、教諭は2007年初旬、神奈川県内の占師を訪問。児童の名前や生年月日、障害の内容などの個人情報を伝え、「どうしたら良くなるか」と占いを申し込んだ。インターネットの「病気が治った」という書き込みを見て、この占師を知ったという。
 教諭が同4月、「占いで、岡山の治療師のところに行けば治る可能性があると言われた」と保護者に話したため、不審に思った保護者が学校に相談して発覚した。市教委と教諭は保護者に謝罪し、占師に連絡して個人情報を削除してもらったという。
 教諭は2006年4月から同校の特別支援学級を担任しており、今春に県内の他の学校に異動した。同課は「保護者に無断で個人情報を漏らし、占師に頼ったことは不適切だった」と話している。【百武信幸】
-----------------終了
科学的でないというのは確かに思うところですね。個人情報という意味では確かに問題行動ですし、その段階で当人の意思とはともかく(この場合は意思確認の先は親御さんになるんですが)確認しなかったのは不如意ということが言われても仕方が無いと思います。他のBLOGを見ていると名前を出したから個人情報に関わることになったという考えもできるのですが、これはそもそも占い師に頼むこと自体が「科学的でない」ということから論旨を持ってきている人もいます。但し法律的にはともかく占い師も職業倫理的には守秘義務は有るという解釈は出来るのです。(違反することについての罰則はない)もし、彼が臨床心理療法士とか医師に相談した場合は法令的にも、一応守秘義務があると解せられますから、このような問題にはならなかったでしょう。(医師には明確な罰則規定があるし、資格が必要な心理療法士も同業者間に明確な協会規定が存在する。)
ブログランキング・にほんブログ村へ

但し、実はこの先生の場合、本当に教育方法に関して当事者にとって逃れないような問題意識を持っていて、科学的指導・指導技術に限界を感じていたのかということではないか。悩みきっていたということに関しては、実はまじめな先生(くそまじめで融通がきかないのかも・・・)であったのではないのかという同情を禁じえないのです。これは類推ですが、すでに医師などに相談していた可能性もないとは言えない。
医師・弁護士・弁理士・技術士などは秘匿義務が法的に規定されているもので、罰則が与えられたり懲罰規定が存在します。これは当然人権などの問題点で公開する事により、公共の福祉の上で人権や社会通念、経済活動などに深刻な波及を及ぼすということもあるから定められるものですが、反対に同業の中でも、秘匿によって正常な判断が出来なくなる恐れがある場合には、秘匿義務を遵守する前提で最小限の(公開をしない事情をお互い理解したうえでの)相談が同業者の間で出来るという、便法も少しはあるともいえます。
男鹿市から横浜までは高速バスを使ってもJRバスで往復16,200円+1500円ぐらいですかね。(新幹線だと男鹿-横浜は片道17000円ぐらい)他の用事もあったのかもしれませんが、これは最低限の費用ですから鑑定料金を含め相当額の持ち出しをしたと言うことです。さらに善意に考えると、かなりの遠隔地にて相談したことで、個人情報というところに神経を使わなくていいと信じ込んでしまったのかもしれない。医師には相談できず、学校にも相談できず、県の専門部署にも相談できず、誰にも相談できないという悩みから、ナントカして治癒の方向性を見つけたいという熱意は、あるいみ熱意だけはすばらしい気もします。問題はなんでそっちにベクトルがいくのかよ・・・という突っ込みになるんですが。
勿論公務員という職責では、本件自体は問題だなと思います。またメディアリテラシーという認識についても浅いなあということは、冷静な目で考えて見ても免れないと思います。
そこを知ってなお、こういう行動をするまでおもい、信じ込んだら一直線に進んだということ。あまりにもまじめな余り、余裕が無く、回りも見えず、(また、小学校の併設のようですから)相談する人もいなかったのではないか、追い詰められていたのではないかと考えると、確かに転勤と言うところで処分がすんだのは、ある意味不幸中の幸いの気もします。
-----------------
判断能力が薄れるほど悩んでいたという理由ですが、まずこの子供は「病気」なのか「個性」と考えるかという判断も本当はあるのかもしれません。この議論では社会構成などの概念が入り、ここでは本末転倒になるので触れません。もう一つは神奈川県の占い師が「岡山の治療師のところに行けば治る可能性がある」ということ自体が実はどの意味合いででたのかが気になります。というのは、さらに詳しい人を紹介したのか、責任転嫁をはかったのかというと不明ですが、私はどうも後者の感じがするんです。だからその段階で、「こら頼れんな」という見切りがあってもいいのに、それがもうできなかたっともいえるのですね。勿論オカルト大好きの人かもしれませんが、それなら、転勤配置だけで済むものでもない処置になってると思います。

(2)
----------------引用
<静岡県教委>生徒に30万円借金…33歳教諭を減給処分 8月25日19時46分配信 毎日新聞
 静岡県教育委員会は25日、勤務先の県立高校の女子生徒から計30万円を借りたとして、男性教諭(33)を減給10分の1、1カ月の懲戒処分にした。教諭は「家庭の事情で金策に困っていた。甘えてしまった」と話しているという。
 県教委によると、教諭は生徒と2007年8月ごろ校内の委員会活動で知り合い、携帯メールなどで学校生活などについて相談に応じたりマイカーで月1、2回自宅に送っていた。08年4月上旬、車中で教諭から「生活費に困っている」と聞いた女子生徒が「返してくれるなら貸しましょうか」と4万円を貸し、5月にも13万円ずつ2回貸した。女子生徒はコンビニエンスストアの現金自動受払機(ATM)で自分の口座から現金を引き出して渡していた。
 教諭は8月に全額返済する約束をしていたが、7月中旬に生徒が両親と雑談した中で発覚。両親から直接返済を求められ、教諭は謝罪して全額を返済したという。
----------------終了
こういうのは道義的問題はないとはいえませんが、そこまで問題点が複雑かというと、「ヒヤリハット」でとどまったと言う気もします。温情を掛けてるのは、見境無い状態になってしまった当事者の特異な問題という気もしますね。セクハラの要因はなさそうですが。
但し、これ自体は問題の萌芽にならないと一律にはいえないところが隠れています。そこは注意するべきです。
高校生が30万円をよく用立て出来たもんだなあ・・・・・・

|

« 翼をくださいな | トップページ | 続:トンデモ科学はけしからん »

コメント

(1)の話題ですが
医者に相談するのが まずスジなのではないか
でも誰がみるのかで 違う結果になる可能性はありますが。。。
発達障害などは 難しいので 本当の専門家でないと 判断できないかも。

投稿: suyasuya | 2008年8月30日 (土曜日) 12時30分

>(1)の話題ですが医者に相談するのが まずスジなのではないか
私もそうおもいます。親御さんは継続的に治療を受けさせていたようです。たた、正規のルートでは教師が子供さんをつれていってとはいかなかったとは思います。だからこそ思い悩んでしまったのかあと感じました。

投稿: デハボ1000 | 2008年8月30日 (土曜日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/42259426

この記事へのトラックバック一覧です: 神をも祈る気持ち:

« 翼をくださいな | トップページ | 続:トンデモ科学はけしからん »