« 懐かしいといえば | トップページ | 森田療法と赤塚不二夫 »

奈良市には海はな・い・わ

奈良公園 国天然記念物、シカの肩にヤス刺さる  8月8日19時12分配信 毎日新聞
 奈良市の奈良公園で8日、鉄製の漁具・ヤスが右肩に刺さった雄ジカが見つかった。深さ約2センチの傷3カ所で、計6針縫うけが。奈良公園のシカは国天然記念物で、県警は文化財保護法違反容疑で捜査している。
 公園内のシカを保護する「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、8日午前8時45分ごろ、奈良市雑司町の若草山のふもとで近くの土産店主(58)が見つけた。愛護会職員が保護して獣医が傷を縫い、全治1週間ほど。
 ヤスは鉄製の先端が三つに分かれ、長さ約130センチ。愛護会によると、03年7月に雄ジカの肩にボーガンの矢が刺さっていたことがあるが、ヤスによる被害は初めて。【石田奈津子】
------------------------
宮島でモリの刺さったシカが見つかる /広島  毎日新聞 2008年8月4日 地方版
 (広島県)廿日市市の宮島で2日、尻に漁などで使うモリが刺さったシカが見つかり、廿日市署員や同市観光課職員らが駆け付けた。同署によると、シカは山へ逃げ、モリは自然に抜け落ちていたという。宮島は瀬戸内海国立公園の特別地域に指定されており、同署は自然公園法違反の可能性もあるとみて調べている。
------------------------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ
奈良公園内の大部分は芝生に覆われ、ここに約1200頭に上る鹿がいる。観光客に愛嬌を振りまき、首を縦に振って鹿せんべいをねだる姿がおなじみだ。鹿は春日大社の神の使いとされ、かつて春日大社創建の際、茨城県にある鹿島神宮の祭神・武甕槌命が神鹿に乗ってやってきたと伝えられる。まあ鹿は日本ではいろんなところで神格化されている。今の本邦ではシカの主な名所として
* 奈良公園
* 宮島 
* 牡鹿半島& 金華山

が有名です。

鹿は古くから手厚く保護されており、不慮の事故も含め殺すと厳しい刑罰を受けた。落語にも奈良町の人々が競ってはやおきをするのは、行き倒れの鹿が家の前にいたりすると死罪になるからという噺(鹿政談)があるが、どうも嘘ではなく、誤って文鎮で鹿を殺してしまった子供が鹿の死骸とともに生き埋めとなり、「三作の墓」というの奈良公園周辺に残っているとか。もちろん、鹿もいつも機嫌が良いわけでない。産後のメス鹿には要注意で、看板が立っていたりする。(ちなみにこの地域に路線網をもつ奈良交通バスは米グレイハウンド社のバスにヒントを得たのか飛んで走る鹿を描いている。)
まあ、そういういみで鹿が楽しく遊んでいたり、親子仲むずかしく、時に小鹿にちょっかいを与えると親鹿が応戦するという姿は私も良く見ている。鹿は野生繁殖で、江戸時代までは手厚い保護の下で数を増やした。しかし、明治維新からは反発もあり、しかも戦中から戦後しばらく食糧確保のため狩られ、頭数が100匹以下まで激減した。(同じ奈良県でも吉野地方では、鹿の刺身(勿論食用飼育のもの)を売りにしているところもある。)そこで、奈良市が「財団法人 奈良の鹿愛護会」を作り、失対事業を絡め精力的に保護に努めた。
鹿のえさである鹿煎餅はここが専売で、土産物屋さんのもここのみで赤い帯封がついてある。ちなみに米ぬかを主原料とした南部煎餅で、栄養には富む上一応火が入ってるが人間にはつらい。この売り上げは鹿の保護費用に使われている。最近「奈良の鹿愛護会」の財源不足が深刻らしい。
鹿は天然記念物で、人間が悪さをした場合によっては文化財保護法違反の罪で罰せられる。もちろん、奈良公園の芝は鹿の大事な食料でもあり、奈良の鹿愛護会は公園内の芝の管理も一部行っている。(若草山を除く)
奈良公園は古くからの市街地が隣接し、開発の制限が守られているがゆえに道を広くする事もできない。そのため頻繁にバスが通るところ、県庁・裁判所・美術館等の公的設備、古い町並み、大学、寺などが混在してる。この要因からここ30年ぐらい乗用車・観光バス・路線バスと鹿の衝突、接触事故が多発している。(鹿の死因のトップ)「鹿飛び出し注意」という交通標識がよくあることから事態が判るだろう。しかも親鹿が子鹿をつれていることもあるため、時として急停車をすることで自動車同志の追突もある。なお鹿はある意味人間よりタフなところもあり、20キロぐらいで走っているバスに、道路に飛び出した鹿がぶつかってきたが、鹿はすぐ逃げて去ってしまい、バンパーや前照灯をこわして立ち往生というのも何回か見た。勿論、付近の家や敷地に入り込むのはよくあるし、鹿が道路を横断して交通を妨げたり、付近の家や敷地に入り込む光景がある。(時に生ごみを食べることもあるので市もこの対策は神経を使っている)奈良県庁の手入れされた庭には当然鹿がねてますし、近鉄奈良駅までやってくる事は当然なのだが、過去には神社から3キロある踏切で鹿が電車にはねられたこともあるようだ。
ちなみに、逆に鹿が人間に危害をあたえることは、よっぽどのことが無い限り無いのだが、出会いがしらに原付・自転車との衝突というのは見たことがある。(当然自転車が損壊)
--------------------------
広島県の宮島でも厳島神社という名刹があり、ここも600頭の鹿がいる。同じく神格化されていことは論を待たないが、これとて地元の人が大切に鹿を守っているのは有名である。(ここのシカは厳島神社の神使とされている。しかし、戦後米軍が宮島で鹿をハンティングで絶滅させたため現在の鹿は奈良からの移入であるorz。)但し、モリがそこらに有ること自体は別に不思議ではない。当地は漁業で生計を立ててる人がいるからである。但し、地元民で無い人が悪意の為に使うのは、残念ながらつらいものであろうが観光地が抱える現実でもあろう。
ところが♪真昼の性格うらやましい~♪奈良市には海はないわ・ナイワ。SUGERの楽曲そのものだな。え・SUGERって古い?(http://www.amazon.co.jp/SUGAR/dp/B00005G5BI%3FSubscriptionId%3D1QA4DX5K7DN5J9PNJC82%26tag%3Dmusic-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00005G5BI

ということは、意識してモリの一種である鉄製の漁具・ヤスをもってきたのですな。いやだなあ、直前の報道をみた愉快犯ということなのか。(勿論洋弓で打った例はたまーにあるが。)そこまでして、模倣したがるのがわからん。私の理解を超えてるのがつらい。

|

« 懐かしいといえば | トップページ | 森田療法と赤塚不二夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/42109835

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良市には海はな・い・わ:

« 懐かしいといえば | トップページ | 森田療法と赤塚不二夫 »