« タイムスケジュールの創出方法(2/2) | トップページ | プロのでぶ(1/2) »

ル・グレンのご挨拶

愛の挨拶(Salut d'amour):イギリスの作曲家エルガーの作品。邦人演奏家レパートリーとして人気の高い小品のひとつ。
ピアノ独奏用、ピアノとヴァイオリン用などがある。演奏は平易であるがゆえに発表時から人気が高い。弦楽器をはじめ、小編成の管弦楽など各種の編曲がなされ、エルガーの作品の中では有名なものに入る。
ブログランキング・にほんブログ村へ

http://www.cybele.co.jp/ 【会社名】株式会社シベール (CYBELE Co.,Ltd)

【本社所在地】山形市蔵王松ケ丘二丁目 ジャスダック証券取引所上場

【営業所】店舗:山形10店、仙台9店、東京2店、大阪1店、名古屋1店、富山1店 工場:山形2ケ所、仙台1ケ所

【業務内容】ラスクその他焼菓子等の通信販売及び洋菓子・パンの製造販売、レストラン、カフェ

昭和41年: 山形市に洋菓子の店「シベール」個人創業

  45年:山形市に有限会社シベールを設立

  52年:パンを始める

  56年:レストランを始める・有限会社シベールを株式会社に改組

  57年:仙台市(太白区)八木山南に洋菓子店「ル・グレン八木山店」開設

平成 5年:山形市清住町に洋菓子店「シベール西店」開設

   6年:単品無店舗型販売開始


どうも、ル・グレン八木山店のお菓子が最近人気らしく、お取り寄せの番組に良く出ている。開店当初この店に一度喫茶に行った事がある。で、最近仙台では市内に何店かあって有名になっているという話を、いろんな人からかねがね聞いていたのだが、この店の出来た当時はおいしいという評価は高かったものの、町外れの新開地に出来た洋菓子屋さんという位置付けだった。いまはこの場所は近所に公共施設なども来ており、繁華になってるようである。そのうち近所に地下鉄の駅もできそうだ
今日もTVで、リア・ディゾン優香がかぼちゃケーキを喜んで食べている。(しかも東京の番組)どういうことなのかと思って調べてみると、実はラスク(山形の工場で製造)を全国展開し、いまやジャスダック上場になっているのだが、洋菓子ケーキ類は宮城で製造し、地域外には特定のものしか流通させていないということが判明した訳である。ここではかぼちゃケーキはインターネット取り寄せともいかないようだ。うーむ。東京の店舗でも手に入る(青山通り・日本橋)というわけではないのね。
---------------
クラッシック大好きの教授が大声で歌っている。隣の教官室から実験室までソプラノ!!が聞こえている。
デ「今日もご機嫌だな」
知1「まったく。実験が取り込んでるときに、気分転換かね」
助手「朝から機嫌いいみたいですね。」
知2「それにしても、あれ良く聞くけど何の歌だろう・・・」
・・・・・・・
全員「・・・ああ、ル・グレンだわ」
助手「・・・全員がそろうかね・・・」
当時の平日AM11:30からの某民放定時ニュースの単独スポンサーが「洋菓子のル・グレン八木山店」だったのだが、それにしてもなぜ全員(助手まで)しってるんかい。しかも、誰も「愛の挨拶」という曲の名前をしらないorz。

|

« タイムスケジュールの創出方法(2/2) | トップページ | プロのでぶ(1/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/41719474

この記事へのトラックバック一覧です: ル・グレンのご挨拶:

« タイムスケジュールの創出方法(2/2) | トップページ | プロのでぶ(1/2) »