« 債権(2/2) | トップページ | 「ブログ」は毎日書き読むものか(1/2) »

押し殺して演ずる

映画評論家である、故淀川 長治氏は有名な方であるが、独自の感性をもたれた方とも思う。氏は「名作映画は、人類にとって最高の総合芸術である」の言葉を残している。 どの映画にも見所はあるというのが持論で、どんなB級映画でも決して悪口を言わず、「このセリフ回しが素晴らしい」、「女性の脚の組み方がいい」など、一般人は見過ごしそうな箇所を見つけてはなにかしら褒めていた。これは、TVで興味を持ったTVの前の人が興味を持って映画を愛してもらうのが第一義で、そこで悪いことをあけつらうことはしない。映画館で自分のジャッジをして欲しいという有る意味健康的な志向をされていたらしい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
但し、『日曜洋画劇場』での物腰が柔らかい姿とはあまりにも対照的に、こと評論においては舌鋒鋭く映画に踏み込んだ。そのため彼のイベントに行って舌鋒きりまくるのに驚いた人も多いとか。まあ、そうでなくては映画の買い付け、映画評論が出来るはずもないとはいえよう。
例えば、蓮實重彦、山田宏一との鼎談にて、ジャン・リュック・ゴダールとロベルト・ロッセリーニを「映画を破壊した大犯罪人」と評した。これは「彼らが素人でも映画が撮れると勘違いさせるような映画を撮ってきた」ことにより、プロ意識が欠乏した追従者が多く誕生したことを指摘したもの。もちろん監督としての評価は別で、キネマ旬報の毎年のベスト10には、2人の作品を入れている年もある。
どこかに明治男の意地があるのだが、それを見かけた人はすくなかろう。
-----------------
当然、私たちのお仕事をすると、後でどうしてもというところがある。こんなこといっちまったならまだいい。曲解されたとかある。どうしても神経のバランスが取りにくくなる。しかも価値判断に差異がある所には、一歩引いてというところもあるから(勿論それがタスク遂行者の責務であろう)結構ストレスがたまる。
-----------------
http://ameblo.jp/nakada-aki/entry-10089748671.html
くらえ!32問ロケット砲 テーマ:回答
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(中略)

goup16stillalive さん
(問)あの、いつもというか最近酷いニュースとか悲しいニュースとかのとき、 (中田)有紀さんは、どうやってそういうニュースに対応しますか? 観ているとすごくクールに報道しているので、すごいと思うのですが、 やはり、暗いニュースばかりだとキャスターを辞めようとか思った時はありましたか?
(答)事件・事故のニュースはなるべく感情を込めずに読むようにしています。意見や感想は個々人で違うと思うので、私の感情が入ることで偏った伝わり方にならないように判断は受け手側に委ねているつもりです。
家で一人の時、または職場で誰かと一緒にニュースを見ている時、つまり、私も受け手の立場になる時は個人的な意見や感想をどんどん言います。そうやって吐き出すことがストレス解消になっているのかもしれません。
辞めようと思ったことはないですね。これが私の仕事ですから。

元々局アナの実績もあり、そのころからTV・ラジオのニュース番組を長く担当してる事もある(本来は報道畑)からですが、この人は少なくとも報道の場においての姿勢と、バラエティーの場とでは使い分けを「綺麗に」されてるようですね。基本とはいえ、感情を押し殺すことを確実にする(冷酷ともいえるほど感情を押し殺したアナウンス技術で、Sだとか言う人もいる)ところは「プロだなあ」とおもいます。
---------
どれだけ「演じられるか」という男女2例をみて、生き方の「意地」に感心した所存である。

|

« 債権(2/2) | トップページ | 「ブログ」は毎日書き読むものか(1/2) »

コメント

こんばんは。
淀川長治さんの文章は、「サイナラ、サイナラ」のおじいさんが書いたものとはとても思えない、硬派なものですよね。学生時代にたまたま彼の映画評論を読んだことがあって驚いたことがあります。
中田有紀さんもすごい方ですね。忙しいのにこんなにマジメに大量のコメントに回答するとは。。。

投稿: kunihiko_ouchi | 2008年5月10日 (土曜日) 00時07分

>学生時代にたまたま彼の映画評論を読んだことがあって驚いたことがあります。
私もそれについては驚いたことがあります。

>中田有紀さんもすごい方ですね。忙しいのにこんなにマジメに大量のコメントに回答するとは。。。
彼女は最近はこのBLOGの事もあるようですが、寄稿・連載が多くなっています。元々文章を書くことが好きな人のようです。

投稿: デハボ1000 | 2008年5月13日 (火曜日) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40985727

この記事へのトラックバック一覧です: 押し殺して演ずる:

« 債権(2/2) | トップページ | 「ブログ」は毎日書き読むものか(1/2) »