« 貧民の貧民による貧民の為の食堂 | トップページ | 「混浴を守る会」(2/2) »

「混浴を守る会」(1/2)

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/mainichi-2008042700m058/1.htm
<雑記帳>女性客ジロジロ見ないで…「混浴を守る会」が訴え 2008年4月26日(土)21時48分配信 毎日新聞
 青森県の八甲田山中腹にあり、混浴風呂で有名な酸ケ湯温泉で26日、市民らでつくる「混浴を守る会」が、女性客をジロジロ見て不快感を与えないよう客に求める運動を始めた。
 約320年前からある自然の中の温泉。湯煙が覆う広さ約260平方メートルの大浴場にゆったりつかれるうえ、酸性の湯質が湯治としても効果があり、全国から大勢のファンが訪れている。
 浴場は「男」「女」の看板があるだけ。境界がないため、女性エリアに近づく男性客などが増え、苦情が出ていた。会のメンバーは「貴重な混浴文化がなくなるのはもったいない」。【鈴木久美】
ブログランキング・にほんブログ村へ

------------------------------
http://www1.odn.ne.jp/~sukayu/
酸ヶ湯は、三百年も昔から開かれていた山の温泉宿で、十和田八幡平国立公園の北部、八甲田の主峰大岳の西麓に位置する、標高約900メートルの清涼な高地にある。酸ヶ湯は、八甲田観光の基地でもあり、八甲田大岳・井戸岳・赤倉岳など北八甲田や山腹に発達する毛無岳・田茂萢などの湿原への登山口。冬の八甲田は理想的なスキー場となり、自然の造形樹氷群を縫って山岳スキーの醍醐味を味わうことができる。
 江戸期より湯治客が多く、その頃は春固雪の時期だけ7里の道を登り苫小屋を立て、ねつの湯、冷えの湯、四分六分の湯、鹿の湯と雪の上を渡り歩いて入浴したという。昔は露天風呂で風雪や直射日光で皮膚が荒れるので白い肌着を着て入浴した。
【電車・バス】 東北本線青森駅下車 JRバス(料金 1500~1600円)で70分 酸ヶ湯温泉前下車
湯治部宿泊料金(1人当り)電気・冷蔵庫・暖房・TV・タオル寝具等使用料を含みます。
8畳
1人入室 自炊5950円 湯治2食付9600円
4人入室 自炊3300円 湯治2食付7500円
6畳
1人入室 自炊4350円 湯治2食付8550円
3人入室 自炊2775円 湯治2食付6975円
----------------------------
確かに昔は、公衆浴場となるとカマ風呂やお寺の施湯だったり、大きな湯船といえば天然温泉(野湯)ということ(当時は熱エネルギーは高価なもの)だから、混浴は自然発生的というべきだろう。のちに、温泉地では、共同浴場もできたが、まだ、男湯と女湯の区別はなかったという。江戸時代には、都市で銭湯が普及した。衛生的施設であったはずだが、この銭湯に垢すりや髪すきのサービスを湯女にやらせる湯女風呂などが増加した。いまでいうヘルスセンター、スーパー銭湯、温泉銭湯にちかいものですかね。
いまでもお風呂やさんの中には二階に待合所・休憩所があって将棋盤などが置いてあり社交場となっているところがありますな。落語が行われたこともあるからか、古典落語の題材もある。ただ、灯明の歴史を考えると、このような大きなところを照らす行灯が開発されてるが、それでも暗かったようで、結果として賭博などの場となり、あげく湯屋で湯女などによる売買春が自然発生的に増加した結果、1791年、松平定信が、江戸の銭湯での男女混浴を禁止する男女混浴禁止令を出すなど、風紀取締りの対象にもなった。
明治時代に入り、銭湯などでは男女混浴は風紀を乱す元、前時代的と見られる元として原則禁止となる。この「前時代的と見られる元」は、ヨーロッパでも昔は(アルキメデスの時代なんかがそうですな)公衆浴場で、やはり上述のような問題がおこったことを指摘されたことにあると言われる。西洋は水着を着て運動温熱療法的な使われ方をしたという経緯があるのは、温泉に限れば低温のものがほとんどではあるとはいえるが。
原則禁止となるもののこの指導は銭湯については比較的普及したが、温泉には普及しなかった。それは、浴場といっても旅館によるものは、(旅館業法に依存するため)指導範囲外になっていたこともあるし、温泉場によっては、皮膚病・腰痛などの治療目的でこられる場合は介護を要する事もあったからである。
例えば、公衆浴場や旅館で、家族、友人、カップルなど限られた人達だけで入浴できる、家族風呂という貸切風呂がある。これは折角の家族旅行なのに風呂は男女別々に設置されたり、大風呂ではゆっくり入浴を楽しめないなどの要望が高い。そこで貸切風呂を設置する温泉地や旅館が増えている。また、皮膚病・腰痛などの湯治目的で、他人の目を気にする必要がない家族風呂を設置している場合や、介護をしながら入浴することもある。(男湯や女湯の予備としているところもある)ところが、公衆浴場という扱いだと家族風呂も地方自治体の制定する条例により、混浴が禁止されている場合がある。(例・・東京都:混浴時は水着着用義務 三重県:12歳以上の混浴禁止 兵庫県:6歳以上の混浴禁止)
(続く)

|

« 貧民の貧民による貧民の為の食堂 | トップページ | 「混浴を守る会」(2/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/41005051

この記事へのトラックバック一覧です: 「混浴を守る会」(1/2):

« 貧民の貧民による貧民の為の食堂 | トップページ | 「混浴を守る会」(2/2) »