« スパイス効果 | トップページ | 爆笑するネットワーク »

セルフ式ガソリンスタンド窃盗

セルフ式ガソリンスタンド窃盗、首都圏で急増…バールで精算機壊す 2008年4月16日14時43分配信 読売新聞
 全国で急増しているセルフ式ガソリンスタンド(GS)を狙って、店員の目の前で精算機から強引に現金を盗む事件が2006年9月以降、首都圏で約120件発生し、少なくとも数千万円の被害が出ていることがわかった。
 いずれも未明から早朝の店員が少ない時間帯に複数の男が乗用車で乗り付け、バールなどで精算機を壊す強盗まがいの手口。警視庁では、約120件の大半は、同一グループによる犯行の可能性が高いとみて、関係県警と情報交換しながら捜査している。
 同庁関係者らによると、06年9月3日午前4時ごろ、埼玉県川島町の国道254号沿いのセルフ式GSに4人組の男が乗用車で乗り付け、1人が店員に話し掛けているうちに、残る3人がバールのようなもので自動精算機4台を次々にこじ開け、現金計103万円を奪って逃走した。
 同様の被害は、国道16号など幹線道路沿いに広がり、昨年1月以降は都内や神奈川、千葉県内でも相次いだ。東京と神奈川の都県境付近に被害が集中しており、神奈川県内の被害は約80件に上った。
 一連の事件の犯人グループは2~4人組で、目出し帽やマスクなどで顔を隠し、盗難ナンバーを付けた白っぽいセダンを使用。1人が車内で待機し、残りのメンバーがバールなどを振り回して店員を追い払った後、精算機をこじ開ける。犯行時間は2~3分と手際の良さが目立つという。
-------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ
セルフ式ガソリンスタンド自体の問題として、元々危険物の扱いを顧客に任せていいのかという問題は前から付きまとっていました。

日本国内でトラックターミナルに軽油を運転手がセルフ給油する(これは扱い上、一時的にスタンドの職員として扱い、一般のフルサービスの価格を受け取り、それの一部をキックバックする形。きわどい方法で、当時の法解釈としては問題だと思われる。)のが1990年初めに香川県にいくつかありました。これらは、セルフスタンド黎明期にセルフスタンドへと全部移行したようです。これはトラック業者の場合、事務所で給油所を持っていて(自家用給油所。略してジカキュウとかいいます)その給油は、運転者自身がすることが多いですから、操作に慣れているんですな。但しこの実績というようなものも、「軽油」ですと、引火点も高く、危険性が極めて高いわけでないんで、ガソリンとはまた違うようです。
また香川県だけになぜ、これがあったというのは???なのですが、セルフ式のうどん店が県内に標準的にあったという特殊な環境を指摘した人も多いです。(これも、食品衛生法では疑問を呈する事例となっていたらしい。しかし、香川県では法律設定以前からある商売形態で、製麺業者が店で打つうどん玉を買ってその場で食べることは問題がないし、あくまで自分で湯がくという形であったから。器や箸・場合によっては醤油を持ち込むところもあるのはその名残とかいいます。これではもんじゃ焼きとか、一銭洋食(=お好み焼き)のように具材を買って、ソースをお客が塗って食べてるのと違いがない・・・ということですね。)
また一時的に職員として扱い、作業終了後一部をキックバックする形は、出版や映像・芸能業界で時々あることなんですって。
---------
この論議をするに当って、セルフガソリンスタンドが世界の大勢という解釈をされていますが、世界には安全上の問題からセルフスタンドを認めないというところ、また「引火の危険や有毒な溶剤・・・ガソリン・・・を扱う以上専門家でなければならない」という考え方、さらには国によっては人件費が安いから、無人にするより人を雇ったほうが経費が低いという国もあります。これは案外知られていないことですがアメリカでも2つの州(New Jersey ・ Oregon)では、今でもセルフスタンド業態は認められていません。
もう一つ、アメリカには完全無人のセルフスタンドがあるそうです。自動販売機が成り立たない治安の国で、しかも引火物でそれが成り立つのが不思議ともいえますが、これはむしろ、
「人が居たらかえって危ない。火でも放たれたら、職員の労災のほうが問題」と言う考え方もあるとか聞きます。うーむ。自己責任の国。そういう考え方もあるんか。
セルフスタンドを導入した直後には、如何にして代金の取りこぼしを防ぐという議論はありました。プリペイド方式という、先にお金を払ってから、プリペイドカードで処理すればお金が回収でき、つり銭もないという考え方もあります。(一般の製品と少し違うのは、満タン処理のように、「1000円分ください」という形ではなく出来高で支払う販売形態が多い事です)この方法は、つり銭管理も問題にならず、お金を管理し易い(勿論警備上を含む)し、万が一の時も、破損行為などの考慮は、セルフスタンドに常に装備されている監視装置や火災報知機+自動消火器を設置することです。最悪安全には考慮されており、破壊行為やギャングはもうどうしようもない(犯人の特定は出来る)という形になったと記憶しています。
---------
今回のはかなり熟練度の高い窃盗団のようですが、よく考えると国道16号は深夜でも交通が激しく、スタンドが深夜でもニーズの有る地域。そうなると地域性がある犯罪かもしれないですね。

|

« スパイス効果 | トップページ | 爆笑するネットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40897106

この記事へのトラックバック一覧です: セルフ式ガソリンスタンド窃盗:

« スパイス効果 | トップページ | 爆笑するネットワーク »