« 冷凍食品の周辺技術(2/2) | トップページ | 啓蒙なのか実践なのか(1/2) »

逃げ場のない破壊行為

一度見たいと思っている映画がある。
------------
馬鹿が戦車でやって来る(1964) - goo 映画
DVD)


解説
團伊玖磨の小説『日向村物語』を原案とし、「いいかげん馬鹿」の山田洋次が脚色・監督した“馬鹿シリーズ"第三作目。撮影もコンビの高羽哲夫。1964年に、松竹制作・公開。中国の思想傾向映画のパロディにも見える内容のため評価が分かれるが人気は高い。團伊玖磨は音楽も担当している。本シリーズのキャラクターが直接「男はつらいよ」に引き継がれる。登場した旧陸軍の戦車(タンク)は、新潟県にあった雪上車を300万円で改造したもの。(地上波放送ではあちこちで音声が消される事態になるらしい。以下の内容は表現上の問題がある上差別的な見方も解釈に入るが、作成時の事情を勘案されたい)
あらすじ
海釣りに来た中年の男と若い男は、船頭(東野英治郎)から海辺にある“タンク根"のいわれを聞かされた。
その昔、村は変った人間ばかりが住んでいた。村はずれに貧しい一家が住んでいた。家族は、少年戦車兵あがりで農器具の修理をしているサブ(ハナ肇)と、オシで自分が鳥と信じている自閉的傾向のある知的障害の弟・兵六(犬塚弘)、それに耳の遠い母親とみ(飯田蝶子)の三人暮し。この“汚れの一家々"といわれているサブたちは村中からのけものにされていた。村には、業つくばりの長者仁右衛門(花沢徳衛)をはじめ、村会議員の市之進、セックスに明けくれる赤八・たねの夫婦。それに最近村に赴任したばかりの百田巡査(穂積隆信)など。戦後農地解放で小作人のサブに分けてやった農地を、欲のつっぱった仁右衛門が取返そうとして、仁右衛門とサブは、寄るとさわると喧嘩ばかりしていた。だが仁右衛門の娘紀子(岩下志麻)だけはサブ一家の味方だった。紀子は長い間病床にあったが、秋祭りが近づくころには、若い医者新吾(高橋幸治)の看病で起きあがれるようになり、秋祭りに紀子は二年ぶりで村を歩いた。そんな紀子の姿を何よりも喜んだサブは、紀子に誘われて全快祝いにかけつけたが、仁右衛門はにべなくサブを追い出した。腹のおさまらないサブは村中を暴れまわり、警察送りとなった。その弱みにつけこんだ市之進は、親切めかしにとみに金を貸しつけ盲判でサブの土地を抵当としてまきあげてしまった。それから数日、サブの家から突然旧陸軍のタンクがとび出し、仁右衛門、市之進をはじめとして村中を踏みつぶしていった。が、その時兵六が火の見櫓で鳥の真似をして、櫓から落ちて死んだ。暴れまわったサブは、兵六の死体をタンクに乗せ、いずこともなく去っていった。
--船頭の話はここで終った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
-----------
ということだが、過日ちょっとした調べ物をしていたら・・・たぶん上記の映画の存在は知らないと思うが。

キルドーザー事件

2000年に米国コロラド州の小都市で自動車修理業を経営していた犯人は、役所に対し「隣接地にコンクリート工場が建設されると、工場の看板が道路から隠れる」と計画に反対した。「町の景観を守ろう」という犯人の建設反対運動に賛成する市民も現れ、2001年には訴訟を起こしたが、敗訴した。それでも反対運動を続けたが、2年後の2003年に地元紙が市民達の非難記事を掲載した為、反対運動に関わっていた市民達は次第に運動から離脱し、婚約し同居していた犯人の恋人も、彼の元を去った。その上、市が犯人の店を立入検査し、設備不備を理由に罰金と業務改善命令を出し、従わなかったため、市は彼の店に対し業務停止命令・営業停止処分とした。コンクリート工場は建設され、更に翌年の2004年3月には犯人の父が死去し、犯人は孤立し追い詰められた。

そこで、手始めに、オークションに出ていた小松製ブルドーザーを購入。厚さ10mm以上の鉄板とコンクリートを用い装甲を強化し溶接。ビデオカメラとモニターを6台搭載し、密閉された内部からでも外部の様子が分かるようにした。厚さ1cm以上の鉄板とコンクリートで外装を補強した。(事件後に調べたら、内部からも溶接され、外に出られないようになっていた。)

2004年6月4日、犯人はブルドーザーで隣接するコンクリート工場を破壊し始め、通報で来たパトカーや停めてあった車を踏み潰しながらコンクリート工場を全壊させ、更に市街地に向かって進んだ。このブルドーザーの装甲の前では拳銃も手りゅう弾も歯が立たなかった。対処不能と判断した警察は、特殊部隊の派遣を要請した。警官達の中にいた警察署長がブルドーザーに飛び乗ったが、既に溶接されていたため出入り口が見つからず、脱出した。町に到着したブルドーザーは、市役所を全壊、地元紙の社屋を破壊、市長の自宅を粉砕、再び市街地に取って返し、工具店に突入したが倉庫内でラジエターの故障で身動きがとれなくなり、停止した。特殊部隊が周囲を取り囲もうと接近したところで、犯人は所持していた拳銃を使い自殺した。これ程の被害にも関わらず、死傷者は最終的に自殺した犯人を除き、1人も出なかった。


-----------
勿論、この憤りの質は全く違うような気がする。単に怒りのもっていき方を間違えたがため、閉塞感を感じてしまったのだといえよう。但し、このように外的発散が犯罪になってしまうのは、倫理感と言うところで説得を貫くことに無力感を感じる。というのは、従前の倫理感というものに絶望感を持っている以上、心に愛があっても、どんなに美しい言葉も相手の胸にひびかない。(聖パウロの言葉より・・・)

これも、どうも近いものがあるようだ。(どちらかといえば隣人トラブルですがね)


2007/10/08(月) :隣人に一方的に腹を立てた北海道某市の72歳の女が除雪用に所有していたショベルカーを運転し隣の2階建て民家の木造外壁を一部破壊したとして、7日までに建造物損壊の現行犯で道警が逮捕。容疑者はビジネスホテルを経営しているが、10年以上前から隣家の屋根からホテル敷地内に雪が落ちてくることに苦情を言っていたほか、 隣家で現在行われている改装工事の関係者が敷地内に入ってくることに腹を立てていたという。

別にこのような破壊行為というのは、物理的破壊行為という事だけではない。例えばこのところ憂慮すべきことに、塩素系の洗剤と酸性タイプ洗剤を混ぜた際に発生する塩素ガスを吸って中毒死する自殺や、洗剤と入浴剤を混ぜた際に発生する硫化水素を吸って中毒死する自殺が多発しているが、これもよく似た側面を持つ。確かに「ダメといえばダメ」ということは必要だが、その教条主義がすでに他律的に効果を持たないと認識している人々にどういえばいいのだろう。これらの人の中には、死ぬことが最終目的であるわけで、なかには行きがけの駄賃に自己満足・・・と言うのもあるが、一部には義憤を感じたり、絶望感にさいなまれるが、これらに対しどう対処していくのか全く判らないというのが非常に多いのではなかろうか。無力感を感じるが、それを私が説得出来るかというと、はたととまどってしまう。

(PS)http://www5a.biglobe.ne.jp/~dabomb/english_kusatsuonsenhap.htm

【草津温泉ハップ】(医薬品外品)
昭和20年代に販売開始のの入浴剤。草津温泉に訪れると売っている原液は赤紫色。湯に溶かし混ぜると、乳白色に変わり、硫黄の香りも漂う。 白骨温泉の入浴剤騒動で一躍有名にになった反面、あおりで販売を自粛していた様だが、最近になって草津温泉の一部の土産物屋(+貸間)では細々と対面で購入する亊が出来る。

|

« 冷凍食品の周辺技術(2/2) | トップページ | 啓蒙なのか実践なのか(1/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/41027317

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ場のない破壊行為:

« 冷凍食品の周辺技術(2/2) | トップページ | 啓蒙なのか実践なのか(1/2) »