« 虎は死して皮を残す(2/2) | トップページ | 目的地に行くには »

営業行為のコンセプト

私、もともとクレジットカードを作る気がないんです。もっとも会社員時代に作ったのですが、そもそも使う資質がないということで、ミスを機に解約しました。(そののちカード会社が合併でなくなるとかあって、同じカードは作れない)。
当初自営をするとカードが作れんから、会社勤務時に作ったほうがいいと言う話もあちこちから有り、また「海外のスーパーバイザー業務をするならカードを持ってないときつい」というアドバイスもあったのですが、色々な意図も有り作ってません。但し、仕事の決済の関係である銀行のカードを作った段階で「海外のATMで日本の銀行の預金を引き出せる(一時的にカード会社が立て替える)」という特約が全部に付いていたため、結果的にはあんまり心配しなくてよくなりました。最近トラベラーズチェックというのもあんまり一般的でないようですが、どうなんでしょ。
----------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ
夢はデッカク!

http://kimurayuko.blog95.fc2.com/blog-entry-331.html
http://yuyu385.blog.drecom.jp/archive/345
最近クレジットカードを作ったのですが今日、本人確認で電話がかかって来ました。
その一部始終をディレクターズカット版でお送りいたします!
カード会社「現在のご職業についてお伺いしたいのですが」
ゆゆ(注:木村裕子)「なんたらかんたら」
カード会社「会社はどちらですか?電話番号は?」
ゆゆ「現在自営で場所は自宅です。あーだこーだ。」(注:なんとこの人アイドル系タレントにしては珍しく、個人事務所と言う形でもなく、自営=個人事業主。自分で確定申告する人なんです。(国鉄バスの自動車営業所→自営ではないぞっ))
カード会社「それでは現在、屋号(商業にて、暖簾や看板として商人の信用の基礎となる。屋号を商号としている会社・個人事業主は多い。)がお決まりでしたらお伺いしたいのですが」
ゆゆ「え”・・・・!?( ̄□ ̄;)そんなの書く欄ありましたっけ・・・(゚д゚;) そうですね。。う~ん。。どうしよう。。もっと知名度を上げれるよう努力したいと思います」←かなり照れる
カード会社「・・・・・・???あぁ。野望じゃなくて屋号です。」
自分のバカさ加減にお腹が痛くなる程笑った。
---------------------
けどねえ、良くも悪くも野望(欲望ではない)がなければ、自営ってなりたたないところってあるんですよね。いや、野望ってのはいい言葉に聞こえませんよね。もっとなじみ易くすれば「独自の事業コンセプト(POINT OF VIEW)」というのが分かりいいかもしれないです。
この木村裕子さんは芸能人です。ですから、「もっと知名度を上げれるよう努力したいと思います」というのは事業コンセプトの一つだといえば分かるでしょうか。
------------------------
さてコンセプトというとべつな見方です。秋葉原に本社の在るヒーターメーカーさん。ここに本社ビルと店を持ってますが、全国に営業所、千葉に研究所や工場を持ってたり、海外メーカとの技術提携・技術導入にも熱心。研究開発用ヒーターとしては結構フレキシブルな体制を持つ営業と製造の2極を持つ会社です。私も試作機・試験装置にはお世話になった会社です。
ところがこの会社、この前ある先端技術の展示会に当然出展していたのですが、
「女性の営業員が全員メイド服」virgo
なんですよう。この時も、たしかに店頭でみたことのある若い女性(普通の人)でしたから、営業部員でしょうね。これはつらいなあ。
この会社が開発能力が高いのは私はよく知ってますから、私は
「当社event本店で製品を見てeyeglassください。場所は、trainあ・き・は・ば・らheart
ということと見たのですが、予備知識によるでしょうなあ。ずっこけるかと言うのは見る人の視点によることもあるんですが、私には上滑りの感じがしてしまいました。むずかしいのう。

|

« 虎は死して皮を残す(2/2) | トップページ | 目的地に行くには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40319885

この記事へのトラックバック一覧です: 営業行為のコンセプト:

» 埼玉日帰り温泉 [日帰り温泉サイト]
埼玉の日帰り温泉や立ち寄り湯情報を検索!全国の温泉情報らくらく検索! [続きを読む]

受信: 2008年3月 4日 (火曜日) 14時12分

« 虎は死して皮を残す(2/2) | トップページ | 目的地に行くには »