« 賢いケチ | トップページ | 燃焼効率UPは根拠なし »

エアライナー

エアライナーは、大分交通が運行する大分空港への連絡バス。
運行系統・路線
●大分駅 - 別府北浜 - 観光港 - 亀川(古市) - 日出 - 杵築インター - 大分空港
●別府駅 - 別府北浜 - 観光港 - 亀川駅前 - 亀川(古市) - 日出 - 杵築インター - 大分空港
●大分新川 - 大分駅 - 竹町 - 昭和通り - 全日空オアシスホテル - 杵築インター - 大分空港
-------------
というのがバスファンの感覚です。もっとも大分空港のアクセスとなると、大分交通の関連会社である大分ホーバーフェリーが有名です。昔は大阪・天保山桟橋⇔徳島のホバークラフト航路があったり(見たことがあります。もっとも、水中翼船のほうが有名でした。いずれにせよ揺れるので船酔いで苦労するのも有名でしたが)、佐渡航路とかあったのですが、いまや日本唯一となりました。
ホバークラフトというのは、簡単な掃除機の改造(工業用ブロアでも出来そうですが)で出来るそうで、過日、タモリ倶楽部でもやっていましたが、一種の流体機械の要素構成になるものです。エネルギー効率がいいかというとなんともいえないところがありますが水陸両用という絶対的強みがあります。
------------
ここでは空気を使うものの、違うエアライナーをご紹介します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

迅速流体継手(カプラ)の製造・省力化機械工具(空気圧工具・電動工具)製造・販売・リニア駆動ポンプ(小型気泡発生器)応用製品の製造を作っている大手、日東工器が、プレハブ工法の工場空気配管システムを最近販売しています。
プレハブ式の水道水・温水・冷水配管システムは既に、色々な手法があり、例えばマンションの配管としては鞘管システム(例えばこれとかこれなんぞよく分かりますよね。)がありますが、工場などでは恒久設備ということであまり用いられてきなかったようです。このネジ式の組立はその組み付けにねじ込みのノウハウが必要で、位置決めが難しいところがありました。
-------------
エアライナーとは・・・・・
通常のエア配管部材に広く使用されている「SGP管」(配管用炭素鋼鋼管)は、
(1)非常に重いために施工が容易でない。
(2)ねじ加工やねじシール材が必要であるなど面倒な準備作業が付帯している
(3)腐食による赤錆の発生などいくつかの問題点がある
しかし関わらず長い間エア配管の主流として採用されてきました。
「エアライナー」は、アルミパイプと樹脂製継手の組み合わせによって軽量化・抜群の耐食性・簡単施工を実現させた画期的なエア配管システムです。
エアライナーの特長
(1)施工後の美観が良く、近代工場にマッチした配管の構築。(パイプへの塗装が不要。)
(2)アルミパイプと樹脂製継手(φ63はアルミ製継手)を採用し耐食性が良くSGP管と違い、錆の心配が不要。(特にオイルフリーコンプレッサーに最適。)
(3)パイプのねじ加工不要・シール材不要・施工後のペンキ塗装不要。施工が容易でレイアウト変更可能。(ラインに合わせたエア配管[省エネ配管]の構築。)
(4)軽量のため、場合によっては天井補強工事が不要。(ケーブルラックなどへの支持が可能で工期が短縮できます。)
(5)部材費と工事費のトータルコストは場合によってはSGP管に比べ安値。
------------
施工が出来る技術者が、当面の間多少限られることは問題ですが、トータルのコスト(配管のための建物補強の構造)とか、配管の取替えの容易さ、錆びコブによる流量抵抗増大を防止ということを考えると、省エネ配管として使いいいと思います。但し配管のフレキシブル性維持のために配管施工時の勾配設定がしにくいと思われますので、空気圧縮機は少なくともドライヤー搭載機器型にしたほうがよさそうです。
-----------
さて、
>別府北浜
となると、温泉行きたいのう。(笑)

|

« 賢いケチ | トップページ | 燃焼効率UPは根拠なし »

コメント

航空ファンの感覚では、旅客機一般を(軍用機に対して)指す言葉ですね>エアライナー。

投稿: TX650 | 2008年3月 7日 (金曜日) 22時48分

>旅客機一般を指す言葉ですね>エアライナー。
そのようですね。(確固たるところが分からなかったので、アバウトにしました)多分大分のエアポートリムジンサービスもそこから来てるんでしょうね。さて、この空圧鞘管構造はどこから来てるのか。聞いてみたいものです。

投稿: デハボ1000 | 2008年3月 7日 (金曜日) 23時28分

> 多分大分のエアポートリムジンサービスもそこから来てるんでしょうね。
そこまで考えてなくてただ単に「エア」と「ライナー」をくっつけただけという気もしますが。

投稿: TX650 | 2008年3月 9日 (日曜日) 00時31分

>単に「エア」と「ライナー」をくっつけただけ
いや、わかりませんよ。好きな人もいるかも。というのは、大分ホーバーフェリーは大分交通の子会社ですから。(もっとも飛行場移動の経緯から自然なことですが)まあ詮索することでもないですが。

投稿: デハボ1000 | 2008年3月 9日 (日曜日) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40235012

この記事へのトラックバック一覧です: エアライナー:

« 賢いケチ | トップページ | 燃焼効率UPは根拠なし »