« ずんだスイーツ参上 | トップページ | なんでもメーカー »

言い訳をしない

----------引用
http://haruhappyharuru.laff.jp/blog/2008/03/post-8db4.html
2008年3月 9日 (日) 心に刻む日々。
いいお話を聞きました。「プロとアマチュアの違いは何?」という質問に。
千代の富士もゴルフの青木選手も野球のバース選手も。偶然にも、みんな同じ答えをしたそうです。
『言い訳をしないこと』―――。
心に刻み付けたい一言です。
-----------終了
いまや中年の希望の星となってる(・・・というのは、今年になって高齢の演芸志願者が増えてるようで、エド・はるみ効果といわれてるとか・・・)芸人さんの記載です。元マナー講師らしい発言ですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

私は、以前ある所でこんなことをいいまして、・・・・


質:「プロとアマチュアの違いは何?」
デ:「プロとそうでないのもお金を貰って仕事をすれば、同じような仕事に見える。但し最後に顧客から承認を勝ち取れるのがプロ。端的にいうとお客さんから○をもらえるのがプロマルがもらえないのならフロに過ぎない」(苦笑)

但し非常に難しいのは、言葉を操って仕事をする場合、言い訳ではなくレトリックで言葉を出すということがあるんですよね。ダイレクトに示しても、理解出来ないという人が居ることは少なくともあることです。このように指標が流動的。
スポーツ系の場合はある意味実績でしめすというかなり明確な指標が確立できるからいいのですが、指標が顕在化しにくいものの場合、「ほめるものけなすもの合い半ば」というものもあるわけです。最近の政治家さんはその意味期待することが多すぎるからか、何をやっても悪くしか取られない場合もあるかもしれないし、そのため徒に萎縮する人もいるようですね。芸人さんはある意味その中間にいるような気がします。
従って、言い訳でなくても言い訳に聞こえる場面があるということは正直あるし、あえて言い訳に聞こえるように仕向けることで顧客にきが付くようにする芸も必要とする場面もあるんです、その側面はあるにせよ、大筋はかわらないことだろうと思うのですが、私はこの事情を鑑みこう読み替えたいと思うのです。
「プロとアマチュアの違いは何?」という質問に。
誠意を尽くすことで、言い訳を必要としない状況を導くこと』―――。
もっともあんまり誠意・誠意というとかつて某氏に対してあった『誠意大将軍』になるんですからねえ・・え、この文章自体が言い訳だって・・ううむそう来たか(泣)・・・orz。

|

« ずんだスイーツ参上 | トップページ | なんでもメーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40472530

この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳をしない:

« ずんだスイーツ参上 | トップページ | なんでもメーカー »