« 吸収石油(泣) | トップページ | 言い訳をしない »

ずんだスイーツ参上

---------引用
ずんだスイーツ
知り合いにいただいた「ずんだ茶寮」のずんだ生クリーム大福
やわらか餅系お菓子&生クリーム好きにはたまりません
和菓子なのか洋菓子なのか・・・とにかく絶妙な味わいです
----------終了
ブログランキング・にほんブログ村へ

いやあ、青まめの香りのする「ずんだもち」は結構好きでして、以前は良く買っていました。駅の売店でこういうのばっかし売ってるところがありまして、良くかってました。当地では菓子屋でたまーに見るぐらいですがが、こういうものが通信販売で売られてるんですね。


ずんだ茶寮」ですが、東京駅大丸とか横浜・さいたまで棚売りをしてるようです。仙台空港でもうってるから、宮城県由来というのは分かるのですが、「こういう新興のお店かいな」と思っていました。ところが、・・・仙台に銘菓あり―萩の月の総販売元 宮城県柴田郡大河原町菓匠三全が新店舗展開をしてるんですね。
以前は「伊達絵巻」が有名な会社でしたが、「萩の月」が非常に評価がよく、いまや全国に名が通り、はては類似品があちこちで出回る銘菓となったわけです。更に、こんどはこれに進出したというわけで、ずんだ茶寮と言う名前で関東地区展開に乗り出したというわけ。(ちなみに、菓匠三全は「萩の月」を仙台銘菓としているが、時々この文言にひっかかる人がいるのは、柴田郡大河原町と仙台市とは電車で30分程度掛かるためです。)
工場の写真を見ると船岡山からの眺めとして、一目千本桜の横にある工場が見えます。この住所から見ると、船岡駅と大河原駅(町の境界線付近)の中間の風光明媚なところにあるようです。
もちろん、昔からのお菓子屋さん・お餅やさんのお店も健在です。(例えばhttp://www.zundamochi.com/サッカー大好き店長からの大サービス! ・・・ベガルタ仙台とモンテディオ山形が勝った当日と翌日のご注文に限り、クール便送料を全国一律700円でご奉仕! ・・だって)

ずんだ
大豆(枝豆)をすりつぶして作る緑色の餡。宮城県・山形県が主産地。旧仙台藩での呼称が有名になり、主におみやげ物などでは「ずんだ」が使用される。語源は諸説あるが、「豆を打つ」ことから「豆打」が「豆ん打」に転訛したものと思われる。
ずんだの元となる青ばた豆は夏に収穫されるため、ずんだ餅は季節料理、特にお盆のお供えとして認識されている。近年冷凍技術の発達から、冷凍食品の枝豆を用いて年中家庭で作ることが出来るようになった。さらに、「ずんだは餅と絡めて食するもの」との固定観念が変わり、近年あずき餡の代わりにずんだを用いる贈答用の菓子が開発されている。
ずんだを用いた新たな菓子
ずんだ大福・ずんだ羊羹・ずんだクレープ
ずんだクリーム(ずんだとクリームを混ぜたもの)を用いるもの
ずんだクリームあんみつ・ずんだクリームロールケーキ・ずんだモンブラン・ずんだ生クリーム大福・ずんだ生どら焼き

ううむ。当方にとってはたしかにありがたいんですが、ありがたみがなくなるのも一寸残念です。庶民の味が、なんとなく高級らしきものに「化けてしまった」ようで。一寸さびしい。
だったら、よし、こっちにするかね。http://www.sanshokumonaka.jp/index.html

|

« 吸収石油(泣) | トップページ | 言い訳をしない »

コメント

こんにちは。品川駅で売っているのを見て、よく通りがかりますが、買っている人を見たことがありません。本場物は青葉城址でその昔、食べました。

投稿: KADOTA | 2008年3月21日 (金曜日) 07時53分

>品川駅で売っているのを見て
えっこれは・・・・みて見ます。

投稿: デハボ1000 | 2008年3月21日 (金曜日) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40197834

この記事へのトラックバック一覧です: ずんだスイーツ参上:

« 吸収石油(泣) | トップページ | 言い訳をしない »