« 有料自習室 | トップページ | ふさわしくないもの »

未来永劫繰り返し

煽るだけ煽っちまうんだから、もう。後は野となれ山となれってとこでしょうか。
----------------------
新×旧[鉄オタ]の仁義なき戦い SPA 2008/2/19号
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_3622.php
「鉄道アイドルなんて消えろ!」「オマエらどうせ童貞だろ!」……
空前の鉄道ブームの中、新参と古参の間でヒエラルキー闘争が勃発中!
 鉄道オタクといえば、「気持ち悪い」、「暗い」を意味するオタク界の中でも極めて立場が悪い人たちだった。だが、昨今の鉄道ブームがそのイメージを変えているという。その立役者は、“鉄子”といわれる鉄道好きな女性たちの存在だった。
 ところが、「鉄道オタク界は、開かれた社会になった!」と思いきや、事は単純ではなかった。国鉄時代を知る昔からの鉄道オタクたちは、“鉄子”を始めとした新流入層の「オタクぶり」に不満を感じ、憤っていた……。
 そこで、本誌は昔気質の鉄道オタクを「旧鉄オタ」、新流入層を「新鉄オタ」と定義し、“新旧鉄オタ”誌面バトルを敢行! 果たして勝利したのはどっち? また、鉄道ブームが起きた要因は“鉄子”だけでなかった。そのメカニズムにも踏み込む。
--------------------
あははは。
ブログランキング・にほんブログ村へ
まあ、件の鉄道アイドルの代表格にいたっては、もう開き直ってますし

--------------------
http://kimurayuko.blog95.fc2.com/blog-entry-320.html
仁義なき戦い
昨日京浜東北に乗っている時に
『鉄道アイドルなんて消えろ!』
という車内広告を発見し、満員電車の中で1人笑いを堪えるのに必死でした(≧▽≦)
これだけたくさんの人が乗っている車内なのに私だけへ向けられたその言葉はナイスグッジョブです(o^∀')b
(後略)
--------------------
いずれにせよ、世代の変化と共にその意識が変わっていくということは、別に不思議でも何でもありません。政治の世界は言うに及ばずヒエラルキーの議論は、いつの世の中にもあるものだといえますが、会社の中で、業界のなかでということはよく話に上がります。
注: ヒエラルヒー [(ドイツ) Hierarchie]
上下に、ピラミッド形に序列化された位階制の秩序ないし組織。本来はローマ-カトリック教会の教義において天上の天使群の序列を意味したが、転じて教会組織の階層秩序をさすようになり、さらに中世封建制の身分秩序を意味するようになった。現在では軍隊や大組織の官僚制的秩序をさす。階層制。階統制。教階制。ヒエラルキー。
(大辞林 第二版より)

私はこれを拡張して、趣味の団体のように一般的に利害関係の希薄なようにみえるものの中でも、必ずといっていいほど起こるものだと思っています。それは価値観の多様化で、まとめて全部見ようとしても見ることが出来なくなったという場面が増えたからなのではないでしょうか。
鉄道趣味と言う場合でも、端的な例を示すとして、蒸気機関車の追っかけをしていた人と、それ以降の高速電車に注目点を見出す人には聊かの着眼点の違いが見出せますし、それ以降のトレンドの創出に対し頑なな人と、フレキシブルな人がいます。
ええ、・・あくまで蒸気が私の原点です・・・と言う人は当然いていいし、そういう人がいるからこそ深堀した趣味は成り立ちます。そういう人を尊敬することは私にとっては当然です。ただそれが他の人の趣味がわからんと言うことならいいとしても、他の人の趣味を抹消していくような志向になると、それは第三者にとってヒエラルキーと見なされるモノになるんでしょう。
蒸気の時代・・電車の時代・・公共交通全体の時代と枝状態(ネズミ算状態のほうがいいですかね)に趣味の世界は分岐していきます。鉄道模型と言うものも段々変わっていきますし、また変わらないものも存在するのですよね。要するにお互いの立ち居地を理解して考えない限り・・・ないしはお互いの立ち居地が理解できる広すぎる視点を持たない限り、なんだそれはという視点に収斂するものでないかと考えるのです。
-------------------
いずれにせよ、「果たして勝利したのはどっち?」という2面化のモデル構築が、単純化・わかり易さというメリットもある代わり、あらぬ概念の固定化を招く。別に趣味だけでなく今の世界の、全ての中身にあてはまるような気がしますね。わかり易くすることが、分かり難くさせてる事象。よくある現代の1切片だと思います。しかも苦しい経験もしたからこそいえることですが、これは表向きはともかくどんな団体でも結構ある事だと思いますよ。ええ。

|

« 有料自習室 | トップページ | ふさわしくないもの »

コメント

どの世界でも新旧の対立はありますよね。特に「鉄」界では、差異化が細かく、ヲタ度が高いですからね。熾烈でしょう。

投稿: mac | 2008年2月22日 (金曜日) 22時03分

>差異化が細かく、ヲタ度が高いですからね。熾烈でしょう。
確かに、差異化が細かい分野にとどまってしまうと、他の人の意見を読み取るのは難しいようです。こういうBLOGという場所に居ると、そのような知見の「相互乗り入れ」が顕著に見えてくる気もします。

投稿: デハボ1000 | 2008年2月23日 (土曜日) 04時06分

こんばんは。
鉄オタもいろいろいますからねぇ。
小生的にはあまりこだわらないほうで…。
別にアイドルが出現しても不思議はないでしょう。
人様のことは云々としてとにかく社会常識だけはきちんと持って欲しい。
見てて「アブナイ人たち」が増えてるようで。
そのような人たちのせいで列車運行が阻害されたら自分たちが損しますから。
世の中にも言えますが「ジコチュー」にならないように気をつけたいものです。

投稿: nakappi | 2008年3月 4日 (火曜日) 01時59分

従来、直接的利害関係にある人達のところでよく起こる行為だったのが、最近もっと偏狭な視野で通すことを自分の存在として喧伝する姿勢が目に付きますねえ。
アイドルが出てること自体にヒエラルキーの議論が出てくること事態はあってもいいのですが、そこでぶつかり合いを起こして全てを台無しにする行動が散見されるのは憂慮することと思っています。

投稿: デハボ1000 | 2008年3月 4日 (火曜日) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/40130408

この記事へのトラックバック一覧です: 未来永劫繰り返し:

« 有料自習室 | トップページ | ふさわしくないもの »