« 嗚呼・世にマニアの種は尽きまじ | トップページ | あっちこっち餃子 »

去り行くものは全て美しい

---------引用
年末年始のJR利用6%増 廃止の「銀河」が人気 1/7 16:15 配信 産経新聞
 JR旅客6社は7日、年末年始期間(12月28日~1月6日)の新幹線、在来線(特急・急行)の利用状況を発表した。12月29、30日に日本海側を中心に大雪と強風の影響で一部の特急が運休したものの、全体で前年比6%増の1136万2000人が利用した。
 2~6日までに上り列車を利用した乗客が同12%増となっており、JRは「曜日配列の関係で8日まで休みが続いた前年に比べ、Uターンのピークが早まったのではないか」としている。
 今年3月に廃止する寝台急行「銀河」の乗客は期間全体で同32%増の3,700人、乗車率は前年の64%から82%に伸びた。東海道新幹線は同7%増の307万5000人が利用し、下りのピークは30日で22万6600人、上りは3日で23万900人だった。(後略)
---------
寝台急行「銀河」廃止へ ブルトレ7本だけに 2007/12/20 20;51 配信 産経新聞
JRグループ各社は20日、来年3月15日のダイヤ改正を発表した。ブルートレイン(ブルトレ)の愛称で親しまれた「銀河」(東京-大阪)「なは」(京都-熊本)「あかつき」(京都-長崎)の寝台列車3本が廃止となり、「日本海」(大阪-青森)と「北斗星」(上野-札幌)は1日2往復から1往復にする。
 「需要減少」が廃止の主な理由で、利用が比較的多い「銀河」でも昨年の平均乗車率は40%強。航空運賃の値下げ、料金の安い夜行高速バスの増加が背景にあるとみられる。(後略)
--------------------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ
というわけですが、やっぱり用事があるなら乗りたいとなるでしょうな。、料金の安い夜行高速バスの増加が背景にあるとみられるという表現は、その裏側を注意したほうがいい表現ですけどね。

--------------------------------
A:某紙サイトで、2008年3月改正で『なは・あかつき』『銀河』が廃止と出てたが、これって信憑性高いか? 近日佐賀で用事があり、『なは』を使ってみようかと。
B:JR西リリース:http://www.westjr.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2007/12/20/daikai.pdf
JR東リリース:http://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071213.pdf
JR九州リリース:http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/f4226549f2ca5d6d492573b70057fa8d?OpenDocument
に記載。
A:公式に出たのか・・。まだ『マニヤ』が群がったりはしてない、と思いたい。
B:いや、ぼちぼち葬式鉄が出だしてる(泣)。 (注:直後から『銀河』目当ての写真撮影者を、駅で見かけるようになった)
A:インターネットサイトで調べたらきわどかったので、駅に買いにすっ飛んでって、指定券確保に成功した。
--------------------------------
2CHでよくつかう用語にあたると・・やれやれ。
葬式鉄【そうしきてつ】:普段は全く関心が無い、或いは長期間足が遠ざかっていたのに、いざ路線が廃止決定されたり、車両の引退が決まったりするとこれらの記録や記憶に留めようと何処からとも無く集まってくる鉄道好きの者の事。 葬式鉄のおかげで廃止直前の路線や引退寸前の車両の走る路線はお祭り騒ぎになり、廃止決定路線の鉄道員等に「もっとこんなに乗ってくれたら」と嘆かれたりもする。
--------------------------------
去り行くものは美しくなるものというのは分かる。けど有終の美という考え方もあろうが、本当は生きてるうちにひっそりと訪問するのがいいんではあろう。とはいえ、上述の彼のように、日ごろ多忙で気が付かなかったということもあろうし、ひっそりといってもそういうわけに行かない真理はあろう。
鉄道趣味の形態が多少異なるという見方もあるが、海外でこういう事例はあるんだろうか。

|

« 嗚呼・世にマニアの種は尽きまじ | トップページ | あっちこっち餃子 »

コメント

「銀河」は10年以上前に1回だけ出張に使ったことがあります。客車列車ですから乗り心地は良いのですが、駅を発着するたびの「カックン」となる感覚が私はどうもだめでした。そのたびに目が覚めてしまい、あまり眠れたものではなく、これだったら朝一番の新幹線で行ったほうがよかったな、というのが正直な感想です。
でも、ブルートレインが姿を消すというのはやはり寂しいですね。

投稿: kunihiko_ouchi | 2008年2月 6日 (水曜日) 00時53分

>駅を発着するたびの「カックン」となる感覚が私はどうもだめでした。
皆無にはしにくいようですが、機関士の腕によって格好かわるものです。客車列車でも運転手や機関車によって結構変わっていたような。
では高速バスはどうかというと、シートをフルフラットにしにくいところもあって、甲乙付けにくいです。
新幹線はそれなりにいいんですが、朝一番の東海道新幹線には乗ることが出来ず、東北新幹線もむり(以前朝一に乗るために東京駅近くに泊った事もあり)とまるとまだ夜行のほうがいいんですよ。

投稿: デハボ1000 | 2008年2月 6日 (水曜日) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17612098

この記事へのトラックバック一覧です: 去り行くものは全て美しい:

« 嗚呼・世にマニアの種は尽きまじ | トップページ | あっちこっち餃子 »